MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

スター・ウォーズ展入場者が15万人突破!ライトショーアップグレード

六本木ヒルズで開催されている『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』が開催1ヵ月で早くも来場者15万人を突破!

展覧会エントランスのライトショーがアップグレード!

スター・ウォーズ展

六本木ヒルズ森タワー52階展望台 東京シティビューで6月28日まで開催中の『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』(特別協力:ウォルト・ディズニー・ジャパン)の来場者が、4月29日開催から1ヵ月で早くも15万人を突破しました。

来場者15万人突破記念として、展覧会エントランスで行われている、夜景と共に楽しめる、等身大ダース・ベイダーとストームトルーパー、デス・スターのオリジナルライトショーが6月1日よりアップグレードされます。

また、六本木ヒルズ内の店舗ではスター・ウォーズ展開催記念オリジナル商品を追加販売、展覧会会場内のスター・ウォーズ展スペシャルショップでは既に発売されている商品の新デザインがお目見えします。

さらに、六本木ヒルズ街内では、5月30日、31日に開催されたレゴ®制作イベント『でっかく作ろう!レゴスター・ウォーズ』で制作された日本初公開の大型ダース・ベイダーとヨーダの展示が6月1日から開始されるほか、ゴールデンウィーク期間中に行われ大好評だった「ライブTシャツ販売」を6月20日、21日に実施されます。

『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』は、ジョージ・ルーカス氏から依頼を受けた世界中のアーティストたちが「スター・ウォーズ」からインスピレーションを得て、彼ら独自の解釈で描いた世界初公開の約60点の「スター・ウォーズ」のアート作品に加え、シリーズ6作品の映画制作で実際に使用されたルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティヴ・アート所蔵のコンセプトアートや衣裳、小道具など約100点を「ビジョン」というテーマで紹介する企画展です。

映画作品という枠に収まらず、ジャンルを超えて幅広い世代を魅了する『スター・ウォーズ』。12月の最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開に先立って、『スター・ウォーズ』に込められた「未来へつづく、創造のビジョン」をお楽しみください。

●東京展 開催概要
会期:2015年4月29日(水・祝)~6月28日(日)※会期中無休
 10時~22時(最終入場:21:30)
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー(六本木ヒルズ 森タワー52階)
主催:森アーツセンター(東京シティビュー)、NHKプロモーション
特別協力:ウォルト・ディズニー・ジャパン
協力:全日本空輸、日本貨物航空
東京展協力:カラーキネティクス・ジャパン
入場料:一般1,800円、高校生・大学生1,200円、4歳~中学生600円、シニア(65歳以上)1,500円
※展望台、森美術館への入場も可
※屋上 スカイデッキは別途500円。スター・ウォーズ展の会期中、フォトロケーションの設置あり(11:00~22:00 ※最終入場21:30、荒天時クローズ)
問合せ:03-6406-6652

公式サイト:http://www.roppongihills.com/tcv/jp/sw-visions/

STAR WARS and related properties are trademarks and/or copyrights, in the United States and other countries, of Lucasfilm Ltd. and/or its affiliates. (C) & TM Lucasfilm Ltd.

●次の記事もオススメ ——————
Try not, Do or do not. There is no try.(やってみるではなくやるのだ)

『スター・ウォーズの日』を検索すると、結果画面がスター・ウォーズ仕様に!

『スター・ウォーズ 反乱者たち』ダース・ベイダー登場の第1話完全版を初放送

『スター・ウォーズ』日本版オフィシャルサイト始動!関連サービス続々登場!

ウィケットやヨーダと一緒に生活してみませんか? 史上初!等身大ぬいぐるみ