MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ビル・マーレイがやってくれた!『ヴィンセントが教えてくれたこと』

ヴィンセントが教えてくれたこと全米がこの嫌われオヤジに拍手喝采!
『ヴィンセントが教えてくれたこと』
ビル・マーレイ メリッサ・マッカーシー ナオミ・ワッツ

アブないジジイと優等生の小学生が、最高の相棒になる―!?
新たな年の差バディ・ムービーの誕生!

アルコールとギャンブルをこよなく愛するちょい悪オヤジのヴィンセントは、街で評判の気難し屋だ。ある日隣に引っ越してきた12歳のオリバーの放課後の面倒を見ることに。いい年をして物わかりのいい大人になれないヴィンセントと、両親の離婚で早く大人になってしまったオリバー。初めは反発しあっていた2人だったが、オリバーがヴィンセントの本当の優しさに気付いてから、意気投合して行く……。

これは、人生に空しさを感じ始めていた男が、年のかけ離れた少年との友情を通して、もう一度“生きる力”を取り戻していく物語。

『ヴィンセントが教えてくれたこと』(原題「ST.VINCENT」」は、2014年北米でたった4館からスタートし、4週間後には2500館に拡大、最終的には4400万ドルを突破する驚異の快進撃を果たし、全米を笑いと涙で包んだハートウォーミングな感動作。

昨年トロント国際映画祭でワールド・プレミアが行われると、たちまちビル・マーレイへの高い評価が飛び交いました。「オスカー候補入り間違いなし」、「彼のキャリアで最高の演技」と言われ、残念ながらオスカーノミネーションはかなわなかったものの、2015年のゴールデン・グローブの主演男優賞にノミネートされたほか、多くの批評家から絶賛を浴びました。

監督と脚本を手掛けたセオドア・メルフィはこれが初長編作ながら、同作品賞にノミネートされ、各地の映画祭でも話題をかっさらいました。ほかメリッサ・マッカーシーが悩めるシングルマザーを、ナオミ・ワッツが妊婦のストリッパーを演じ、それぞれ型破りな役柄で観る者に新鮮な驚きを与えています。

また、オリバー役でビル・マーレイ相手に堂々と渡り合ったジェイデン・リーベラーは、ラスベガス映画批評家協会賞始め数々のベスト子役賞を受賞しました。

ヴィンセントが教えてくれたこと

●ストーリー
ヴィンセントはアルコールとギャンブルをこよなく愛する、気難し屋のちょい悪オヤジだ。ある日、お隣にシングルマザーのマギーと12歳の息子オリバーが引っ越してくる。

仕事で遅くなるマギーから頼まれ、オリバーの放課後の面倒を渋々見ることになったヴィンセントは、行きつけのバーや競馬場にオリバーを連れ歩き、オッズの計算方法、バーでの注文方法、いじめっ子の鼻のへし折り方など、一見ろくでもないことを教え込んでいく。

はじめは反発しあっていた2人だったが、ヴィンセントの嫌われ者の顔の裏側に、本当の優しさや心の傷を感じ取ったオリバーは、その思いを何とか周囲に伝えようとする……。

監督・脚本・製作:セオドア・メルフィ
出演:ビル・マーレイ メリッサ・マッカーシー ナオミ・ワッツ クリス・オダウド テレンス・ハワード ジェイデン・リーベラー
2014/アメリカ/英語/102分/ビスタ/5.1ch/原題:ST.VINCENT/日本語字幕:石田泰子
宣伝協力:アニープラネット
配給:キノフィルムズ

『ヴィンセントが教えてくれたこと』
2015年秋、全国ロードショー!

(C)2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.