MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

中2病俳優が人生の岐路で気づいたこと『WISH I WAS HERE/僕らのいる場所』予告解禁

WISH I WAS HERE/僕らのいる場所サンダンス熱狂! ほろ苦くも温かい“自分探しの”物語
『WISH I WAS HERE/僕らのいる場所』予告編解禁

自身の初監督・主演作で、ナタリー・ポートマンとも共演した、『終わりで始まりの4日間』が、インディペンデント・スピリット賞新人作品賞をはじめ各賞を受賞し、話題を呼んだ若手監督ザック・ブラフ。

その待望の最新作『WISH I WAS HERE/僕らのいる場所』が6月12日(金)より新宿シネマカリテ他にて全国順次公開されることが決定。このたび予告編が解禁されました。

本作はザック・ブラフが妻子持ちの売れない役者エイダンを演じ、父として、役者として、息子として、兄として様々な立場で悩み、模索しながら成長していくハートウォーミング・ストーリー! ユーモアたっぷりに描きつつも泣けるとサンダンス映画祭でも絶賛された感動作!

予告編では、夢を追いかけることに精一杯で、他のことはすべてあとまわしだった“中2病”俳優が人生の岐路に立たされ本当に大切なことに気づいていきます。ようやく大人の階段を上り始めたエイダンの勇気が、きっとあなたの背中をそっと押してくれるでしょう。

WISH I WAS HERE/僕らのいる場所

主人公を支える妻役には『あの頃ペニー・レインと』や『私だけのハッピー・エンディング』のケイト・ハドソン。美しくもたくましい女性を熱演し、新たな魅力を発揮しています。“第2のクロエ・モレッツ”と呼び声高い今注目の人気子役ジョーイ・キングが娘役として出演。

さらに主人公の引きこもりの弟役を演じるのは『アナと雪の女王』のオラフの声を務め日本でも一躍脚光を浴び、エマ・ワトソン主演『美女と野獣』、アダム・サンドラー主演『ピクセル』など今年公開予定の出演作が多数控える人気急上昇中のジョシュ・ギャット。

コールドプレイとキャット・パワーの異色コラボによるタイトル・トラックをはじめ、ザ・シンズや、ボン・イヴェールなどによる豪華なサントラにも注目!
1人の男の成長を通して、家族の絆を問いかける感動作!
是非劇場でご覧になってください。

●ストーリー
家庭を持ち35歳になった今でも夢見がちな売れない俳優エイダン。献身的な妻が家族の生活費を稼ぎ、父親が子供たちの私立学校の授業料を払っていたが、その父親がガンになったことから事態は一変する。

父親が私立学校の授業料を払えなくなり、子供たちを公立学校に転校させたくないエイダンは、妻の勧めもありホームスクールで自ら子供たちを教育しようと試みることに。

彼なりの方法で子供たちに人生について教えようとするが、それはエイダン自身の自分探しの旅でもあった……。

監督:ザック・ブラフ『終わりで始まりの4日間』
脚本:ザック・ブラフ、アダム・ブラフ
撮影:ローレンス・シャー『ハングオーバー!!!』シリーズ3作
音楽:ロブ・シモンセン『(500)日のサマー』、『幸せの行方・・・』
出演:ザック・ブラフ『オズ はじまりの戦い』、ケイト・ハドソン『あの頃ペニー・レインと』、ジョーイ・キング『ホワイトハウス・ダウン』、ジョシュ・ギャッド『アナと雪の女王』、ピアース・ガニォン『LOOPER/ルーパー』
2014年/アメリカ/英語/シネスコ/106分/原題:WISH I WAS HERE
配給:ミッドシップ

『WISH I WAS HERE/僕らのいる場所』
6月12日(金)より新宿シネマカリテほか全国順次公開

(C)2014, WIWH Productions, LLC and Worldview Entertainment Capital LLC All rights reserved.