MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『名探偵コナン 業火の向日葵』史上最速記録! 7日間で動員100万人突破!

“黒ずくめの組織”が登場!? 来年公開、劇場版20作目『名探偵コナン』の意味深な予告映像も話題?

シリーズ最速記録!
『名探偵コナン 業火の向日葵』公開7日間で動員100万人突破!

名探偵コナン 業火の向日葵

1997年に劇場版第一作が公開されて以来、毎年ゴールデンウィ―ク映画として親しまれている劇場版『名探偵コナン』シリーズ。シリーズ18作目となった劇場版『名探偵コナン 異次元の狙撃手』では、コナン史上最高の興行収入41.1億円を記録し、シリーズ累計興収も遂に500億円を突破しました。

そして4月18日(土)に全国349スクリーンで公開初日を迎えた最新作『名探偵コナン 業火の向日葵』は、なんと4月24日(金)までの7日間で、シリーズ史上最速記録で動員100万人を突破しました!

この勢いで興行が続くと、こちらも劇場版史上初となる「興行収入45億円」の大台達成も確実視されます。

今作は巨匠ゴッホの歴史的名画に導かれ邂逅する江戸川コナンと怪盗キッドのバトルが見所となっており、劇場版にふさわしいスケールでお送りする、劇場版コナンシリーズとしては初の芸術的ミステリー(アート・ミステリー)に仕上がっています。

。昨年10月より読売テレビ・日本テレビ系列にて放送されていた、怪盗キッドが主役となるアニメ「まじっく快斗」の影響もあり、例年に比べキャラクター人気が急上昇。

さらに主題歌として発表されたポルノグラフィティの「オー!リバル」もファンの中では過去最高に映画本編との相性が良いと話題になりました。そしてさらには、公開直前に発表された田辺誠一画伯が書き下ろした映画メインビジュアルの掲出により各方面から注目が集まり、コナンファンだけでなく幅広い層に愛され、劇場へ足を運ぶ人々の勢いが増したと思われます。

肝心の映画館での本編映像も肉厚な内容となっており、『名探偵コナン 業火の向日葵』を劇場でご覧になった方のみしか見ることができない「NO MORE映画泥棒」キャンペーンCMのコラボレーション映像もプレミア感満載となっていますが、本編の最後には記念すべき20作目を迎える劇場版『名探偵コナン』の意味深な予告映像も流れるという、豪華な本編内容に!

アニバーサリー作品らしくコナンの宿敵である“黒ずくめの組織”の登場を匂わせるその予告映像見たさに、何度も劇場へ駆け込むコナンファンも少なくありません。

今後、ゴールデンウィーク興行を迎えるなかで、さらに勢いが増していくと予想されます。

2015年4月18日(土)~4月24日(金) 7日間成績(東宝調べ)

『名探偵コナン 業火の向日葵(ごうかのひまわり)』
全国東宝系にて大ヒット公開中!

(C)2015 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『名探偵コナン 業火の向日葵』ロケットスタート! 初日舞台挨拶レポート

阪神VS巨人戦の始球式に怪盗キッド参上! 大観衆のハートを盗む!

ゴッホも仰天の“かっこいい”名画誕生!田辺誠一画伯奇跡のアートコラボ

劇場版『名探偵コナン』に元KARA知英の応援出演が電撃緊急決定!

ビッチ先生が映画公開前に殺せんせーを暗殺か!?ショートムービー公開