MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

敵地にひとり取り残されてしまった新兵……『ベルファスト71』邦題&日本公開決定!

若い英国兵士はベルファストの街中にひとり取り残された。
武器もない、敵か味方かもわからない、絶望的な紛争の最前線で今、決死のサバイバルが始まる――!

『ベルファスト71』邦題&日本公開決定!!

ベルファスト71

IRA、北アイルランド問題を背景に描かれる、敵地に一人取り残されてしまった若き兵士の脱出劇。絶望的な紛争の最前線で決死のサバイバルが繰り広げられる『’71』の邦題が、『ベルファスト71』に決定し、8月1日(土)より、新宿武蔵野館ほかにて全国ロードショーされます。

「血の日曜日事件」(1972年1月30日)発生前夜の1971年、ベルファスト。アイルランド内戦勃発以来、半世紀に及ぶプロテスタント系住民とカトリック系住民との衝突はいよいよ激しさを増し、街はかつてない緊張感の直中にあった。本作は、IRA、北アイルランド問題を背景に、敵地にひとり取り残されてしまった、政治的思想も戦う意義も持ち合わせていない、若き英国軍兵士の悪夢の一夜を描くサバイバル・スリラー。

複雑に絡み合う活動家たちの恐ろしく生々しい思惑。時代を超えた普遍的な人間の感情を美化することなく剥き出しにし、世界最大の批評家サイト「ロッテン・トマト」で満足度98%を記録、世界各国の映画祭を席巻し評論家を唸らせました。主演は『300<スリーハンドレッド>~帝国の進撃~』(2014)でハリウッド映画デビューし、アンジェリーナ・ジョリーの監督第2作『Unbroken』(2014/未)では主役に抜擢されるなど続々と主演作の公開を控える、若手英国俳優の注目株ジャック・オコンネル。

手に汗を握り、息をすることも忘れる緊迫した展開、そして待ち受ける震撼のラスト。ゲイリーの孤独な戦いに、あなたは一時たりと目が離せないでしょう。

●ストーリー
1971年、紛争が激化している北アイルランドのベルファストに、イギリス軍の新兵ゲイリーが着任する。町は、王党派プロテスタントと敵対するカトリックによって分断され、さらに、過激なギャングや秘密のエージェントが、それぞれの側で、主導権を握ろうと暗躍していた。

ゲイリーは、パトロールの最中に、争いに巻き込まれ、その間に、泥棒に武器を盗まれてしまう。彼は、群集の中に逃げ込んだ泥棒を追うが、自分が敵のテリトリーにたったひとりで入り込んでしまっていることに気づく。果たして、ゲイリーは生き残ることができるのか。

●スタッフ・キャスト
監督:ヤン・ドマンジュ
脚本:グレゴリー・バーク
撮影:タト・ラドクリフ
出演:ジャック・オコンネル、ポール・アンダーソン、リチャード・ドーマー、ショーン・ハリス、デヴィッド・ウィルモット
2014年/イギリス/カラー/シネスコ/ドルビー/99分/原題:’71
配給:彩プロ
後援:ブリティッシュ・カウンシル

『ベルファスト71』
8月1日(土)、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!

(C)CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION/BRITISH FILM INSTITUTE/SCREEN YORKSHIRE LIMITED AND RUN 71 LTD 2014