MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ジョン・レノンからの手紙が人生を再び輝かせる『Dearダニー 君へのうた』

アカデミー賞受賞の名優アル・パチーノ主演
~実話から生まれた感動のハートフルドラマ~
『Dearダニー 君へのうた』日本公開&邦題決定

この度、アカデミー賞俳優アル・パチーノがキャリア初のミュージシャン役を演じ、そしてあのジョン・レノンの知られざる実話を基にした映画ということで、アメリカで話題となっている作品『Dearダニー 君へのうた』(原題:Danny Collins)が、9月5日(土)より、角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて、日本公開されることが決定しました。

アカデミー賞受賞の名優アル・パチーノが、キャリア初のチャーミングで軽やかなミュージシャン役に挑戦! 実力派キャストらが奏でるハートフルドラマ。

Dearダニー 君へのうた

数々の伝説に包まれたスーパースター、ジョン・レノンに、知られざる実話がまだあった。ジョンが新人ミュージシャンを励まそうと書いた直筆の手紙が、数十年ぶりに本人に届いたのです。

そんな温かなエピソードを映画化、全米では主要都市の5館で本年3月20日に公開。当初はいわゆるミニシアター公開でしたが、高い評価と成績を受けて4月に入り館数 739館に拡大し、全米ボックスオフィス累計 約238万ドル、公開4週目にして興行ランキングベスト10に入るヒットとなりました。

主人公のダニーには、『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』でアカデミー賞に輝いたアル・パチーノ。欠点だらけなのに愛さずにいられない男を、ユーモアをこめて軽快に演じています。そこにアカデミー賞4度のノミネートを誇るアネット・ベニングと、『人生はビギナーズ』で同賞を獲得したクリストファー・プラマーが、人間ドラマの深みを添えます。

異例の使用許可が出たジョンの魂の歌9曲とストーリーが絶妙に呼応する場面と、「自分の出た映画を観て初めて泣いた」とパチーノが打ち明けるラストシーンが、いつまでも心に残る感動作が誕生しました。

本作は心温まる上質なハートフルドラマであり、この度解禁された画像はハードボイルドのイメージが強いアル・パチーノが、優しく、そして温かい表情で微笑んでいます。写真1枚でここまで絵になり、貫禄のある俳優は、アカデミー賞受賞の名優たちの中でも、そうそうはいないでしょう。そして、本作の邦題である「Dearダニー」は、あのジョン・レノンがアル・パチーノ演じるミュージシャン、“ダニー・コリンズ”へ送った手紙の事を表しています。

また、本作はジョン・レノンの楽曲に異例の許可が下りた事でもアメリカで話題となりました。計9曲の楽曲が使用されています。もちろん“あの”名曲も!

●ストーリー
人生は何度でも輝く。離れた手も、またつなげる―。

スターとしての絶頂期を過ぎ、もう何年も新曲を書いていないダニー。往年のヒット曲さえ歌っていれば、ハデな生活は続けられたが、どこか空しかった。そんなダニーに、ジョン・レノンからの手紙が届く。43年前、駆け出しの頃のダニーに書かれた手紙を、長年彼を支えてきたマネージャーが見つけたのだ。

そこには、富や名声に惑わされず、音楽への愛情を持ち続けることの大切さが優しく綴られていた。もし、あの頃この手紙を読んでいたら。いや、間に合うかもしれない、今なら──ダニーはツアーをキャンセル、顔も見たことのない息子に会いに旅立つ。

滞在先のホテルのマネージャーは機転のきく魅力的な女性で、新曲のアイデアも湧き、新たな人生の幸先は絶好調だった。

予想通り息子には激しく拒絶されるが、気立ての良い妻と可愛い孫娘を味方につけ、懸命に愛情を捧げるダニー。しかし、心を開きかけた息子は深刻な病にかかっていた。2度とこの手を離さないと決めたダニーの思いがけない行動とは──?

●スタッフ・キャスト
出演:アル・パチーノ、アネット・ベニング、ジェニファー・ガーナー、ボビー・キャナベール、クリストファー・プラマー
監督:ダン・フォーゲルマン
原題:Danny Collins/2015年/アメリカ/107分/スコープ/5.1ch /字幕翻訳:藤澤睦実
配給・宣伝:KADOKAWA

『Dearダニー 君へのうた』
9月5日(土)角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー

(C)2015 Danny Collins Productions LLC