MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

原作:東野圭吾×監督:堤幸彦『天空の蜂』タイムリミットは8時間-標的は原発。

天空の蜂史上最悪の原発テロに立ち向かう男たちを描いた、クライシス・サスペンス超大作。
『天空の蜂』9月12日(土)より全国公開!

1995年の原作発表から20年―原発を題材にしたテーマ性やその物語のスケールの大きさから、長年“映像化不可能”と言われた東野圭吾のロングセラー小説「天空の蜂」。遂に、その東野圭吾最大の勝負作を『20世紀少年』シリーズなど様々な作品を手がけてきた堤監督がメガホンをとり、完全映画化!

本作は、最新鋭にして日本最大の超巨大ヘリコプターを乗っ取り、原子力発電所の真上に静止させるという史上最悪の原発テロと、この究極の危機に立ち向かう人々を描いた作品です。

江口洋介が演じる主役は、長年、家族との時間を犠牲にしながらも、自衛隊用の超巨大ヘリ≪ビッグB≫の開発に取り組んできたヘリコプター設計士・湯原。一方、湯原と同期入社で、日本の発展に寄与するエネルギーと信じ、原子力発電所の設計に携わってきた原発設計士・三島を本木雅弘が演じます。

完成したビジュアルには、江口洋介、本木雅弘をはじめ、三島の恋人で事件解決の鍵を握る女性・赤嶺を演じる仲間由紀恵、超巨大ヘリ≪ビッグB≫を奪う謎の男・雑賀に扮する綾野剛の姿。

10階建てのビル相当にあたる約34mの超巨大ヘリ≪ビッグB≫が原子炉へ墜落するまで“タイムリミットは8時間”-“原発テロ”という日本消滅の危機から「守り抜けるのか」との問い掛けに、力強い眼差しを向ける湯原(江口洋介)と三島(本木雅弘)。それぞれの大切なものを守り抜こうとする強い決意が伝わってきます。

また、衝撃的なメッセージである「標的は原発。」の後には、炎と煙が立ち上る超巨大ヘリ≪ビッグB≫。事態の深刻さを物語っています。

果たして、どのような結末を迎えるのか……全スタッフが総力をあげて挑んだ本作に、ぜひご注目ください!

●ストーリー
爆薬を積んだ超巨大ヘリが原発に墜落するまで、タイムリミットは8時間。
大切なものを守り抜くために――命を懸けたカウントダウンが、始まる。

1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ≪ビッグB≫が、突然動き出し、子供を一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した!

遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“全国すべての原発の破棄”を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させると宣言する。

機内の子供の父親であり≪ビッグB≫を開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原子力発電所の設計士・三島(本木雅弘)は、上空に取り残された子供の救出と、日本消滅の危機を止めるべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。燃料が尽きてヘリが墜落するまで、残された時間はたった8時間――姿の見えない敵との緊迫の攻防戦が始まった。

その頃愛知県では、≪ビッグB≫と原発を開発した錦重工業本社に、家宅捜索が入っていた。総務課に勤める三島の恋人・赤嶺(仲間由紀恵)は、周囲に捜査員たちが押し寄せる中、密かに恋人の無事を祈る。一方、事件現場付近で捜査にあたる刑事たちは、≪ビッグB≫を奪った謎の男(綾野剛)の行方を追跡。聞き込みを続けるうちに、ある意外な真相へと辿り着いていく――。

●スタッフ・キャスト
出演:江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、柄本明、國村隼、石橋蓮司、竹中直人、向井理、佐藤二朗、光石研、落合モトキ、やべきょうすけ、松島花 ほか
監督:堤幸彦
原作:東野圭吾「天空の蜂」(講談社文庫)
脚本:楠野一郎
音楽:リチャード・プリン
配給:松竹

『天空の蜂』
9月12日(土) 全国ロードショー

(C)2015「天空の蜂」製作委員会