MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ポケモン・ザ・ムービーXY 2014』主題歌はSCANDALに決定

ポケモン・ザ・ムービーXY「破壊の繭とディアンシー」4人組ガールズバンド・SCANDAL
映画『ポケモン・ザ・ムービーXY「破壊の繭とディアンシー」』(7月19日(土)公開)主題歌担当に決定!
SCANDALが2014年7月19日(土)全国東宝系にてロードショーの映画『ポケモン・ザ・ムービーXY「破壊の繭とディアンシー」』の主題歌を担当することが決定しました。昨年はいきものがかりが主題歌を担当し話題となった、大人気アニメ映画の新シリーズ主題歌を今年はSCANDALが担当。
海外人気も高い「ポケモン」、同じく海外人気の高い「SCANDAL」とのコラボレーションに国内外で話題となる事必至です。


SCANDALのメンバー全員が「ポケモン」の大ファン。RINA(Dr.&Vo.)は人生初めて買ってもらったゲームが「ポケットモンスター」、人生初めて劇場に観に行った映画が「劇場版ポケットモンスター」(MAMIも同じく)、ということでその主題歌担当は非常に感慨深いとのこと。
楽曲のタイトルは「夜明けの流星群」。TOMOMI(Ba&Vo.)&田中秀典 作詞、田中秀典 作曲、亀田誠治サウンドプロデュースの作品になります。シングルリリースは7月16日(水)に予定しています。
この国民的アニメ映画の主題歌作品を、今年の代表曲そして映画同様の国民的楽曲にすべくSCANDALメンバーも気合いの入った1曲となっています。

ポケモン・ザ・ムービーXY「破壊の繭とディアンシー」

●SCANDAL起用に関するコメント エグゼクティブプロデューサー 浅井認氏
ポケモン映画の主題歌は、何よりもポケモンの世界を愛してくれる方に担当してもらうのが一番です。
そこへいくと、ポケモン映画で好きな主題歌(「風といっしょに」「小さきもの」など)が、次々と出てくる程、子ども時代夢中になってくれていた彼女達が、大人になり、ミュージシャンとして主題歌を歌い演奏する時が来るというのは、偶然ではなく必然だと感じています。
新シリーズになり、メガシンカした映画と同じく、前向きな歌詞と切ないメロディで、メガシンカしたSCANDALのバンドサウンドは、今年の夏休み、映画館を訪れる子ども達の一生の思い出になってくれると思います。
●SCANDALメンバーからのコメント
HARUNA(Vo.&Gt.):今回主題歌を担当させていただけると聞いたときは、飛び上がるぐらい嬉しかったです。ポケモン第一世代と呼ばれる私達ですが、夏休みのポケモン映画第一弾「ミュウツーの逆襲」が上映される時に友達みんなでワクワク待ち遠しくしていたのをつい最近のことのように覚えています。そんな長年に渡ってキッズ達に愛されてきた夏休みのポケモン映画、私達の記憶にずっと残っているようにこれからの未来を担う子供たちの記憶に焼きつくよう私たちの楽曲で更に盛り上げていければなと思います!
TOMOMI(Ba.&Vo.):小学生の頃、休み時間の話題はいつだってポケモン。まさに私たちの青春そのものでした。今回の『ポケモン・ザ・ムービーXY「破壊の繭とディアンシー」』が初めて観る映画になる子供たちも沢山いると思います。あの頃の私たちが抱いた興奮と感動と同じくらい、いやそれを越えるものを持って帰って頂けるように、精一杯心を込めて作りました。ラストまで楽しんで頂けたら嬉しいです。
MAMI(Gt.&Vo.):生まれて初めて視た映画はポケモン。今にもポケモンたちが画面から飛び出してくるんじゃないかと思うくらいの迫力と子どもながらに映画の世界に入り込んでボロボロ泣いたのを覚えています。ポケモンのゲームも大好きで、『ポケットモンスター赤・緑』『ポケットモンスター青』の頃から最新作『ポケットモンスターX・Y』までプレイしているので、そんな自分の人生には欠かせないポケモンに携われて、とても嬉しいです!ポケモンたちの活躍を私たちの曲で応援できたらなと思います!
RINA(Dr.&Vo.):今回、映画『ポケモン・ザ・ムービーXY「破壊の繭とディアンシー」』の主題歌を担当させていただくことになりました! ポケモン世代ド真ん中の私たちにとっても、とても嬉しいことです。誕生日プレゼントで初めてもらったゲームもポケモンで、思い返せばポケモンがそばにある幼少期でした。今回が初めて観る映画になる子供たちが、初めて覚えた歌が「夜明けの流星群」になって、それが大人になった時に子供の頃を振り返ると頭の中で自然に再生されたら嬉しいです。ライブでやるのも楽しみです!
『ポケモン・ザ・ムービーXY「破壊の繭とディアンシー」』、同時上映『ピカチュウ、これなんのカギ?』
7月19日(土)、日本全国で一斉ロードショー!
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
(C)Pokemon (C)2014 ピカチュウプロジェクト
→『ポケモン』の記事を探す
→アニメニュースはこちら