MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

見たことのないAKB48の姿に、撮影しながら何度も涙した。AKB48ドキュメンタリー

DOCUMENTARY of AKB48多くの後輩たちが憧れたその背中は、一足先に次の未来へ。
AKB48がさらなる一歩を踏み出す。その時が来た―
4月6日(日)、AKB48ドキュメンタリー映画最新作『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』が7月4日(金)に公開されることが、さいたまスーパーアリーナで行った『AKB48リクエストアワーセットリストベスト200 2014』にて発表されました。
この発表は、ステージ上の大型モニターに特報映像が流れ解禁となりました。前作までは例年1年を振り返り、年明け公開されていました。しかし、今年の公開がシリーズ初となる夏公開となることに、ファンを大変驚かせるニュースとなりました。そして、さらに驚かせたのは映像の冒頭に打ち出された、“AKB48 が誰よりも大切にしてきたメンバー”の文字。一体そのメンバーとは誰のことなのか…。


波乱の大組閣、大島優子の卒業、2014年6月に行われる総選挙という3大イベントを軸に描かれる本作。特に2013年だけでなく2014年6月まで、2度にわたる総選挙にカメラは潜入し、テレビでは描かれない舞台裏をスクリーンに映し出します。
監督を務めるのは前作、前々作に続き高橋栄樹。膨大な記録映像のほか、監督自らカメラを回し、独自の視点で彼女たちの姿を浮き彫りにしていく。
●秋元康コメント
AKBは、常に問題を抱えている。みんなで知恵を絞って、問題を解説すると、また、新たな問題が起きる。その繰り返しが、AKBの歴史だ。進化するAKBを目撃してほしい。
●高橋栄樹監督コメント
今作は、いままでのドキュメンタリーシリーズ中、最もリアルなものとなるだろう。
見たことのないAKB48の姿に、撮影しながら何度も涙した。

DOCUMENTARY of AKB48

去りゆく背中に誓った少女の決意とは……?
そして2014 年の総選挙・舞台裏を独占公開! AKB48は、どこへ向かうのか!?
“AKB48の看板”と言われる大島優子が卒業し、大きな岐路に立つAKB48グループ。
圧倒的なパフォーマンスと底抜けのサービス精神でAKB48の第2章を牽引してきた優子が、最後の別れに見せた涙の意味とは――?
そして後輩たちはその背中に何を思い、これからどこへ向かうのか?
ドキュメンタリー映画は前作までを遥かにしのぐリアリティをもって、芸能界のメインストリートを突っ走る少女たちの汗と涙に濡れた日常を、焼き付けるように活写してゆく。さらにシリーズ初の夏公開となった今作では、2014年の「総選挙」も描くとともに、テレビでは映せなかった貴重な舞台裏の映像が、本編で初めて明らかにされる!
この映画には現代社会を生き抜く「成功のヒント」がつまっている
あこがれの企業に入社したからといってその先出世できるとは限らぬように、AKB48もまた、入っただけではスターになれない。そこからライバルでもある仲間たちと、いかに切磋琢磨して、己の才能を伸ばしていけるかにかかっている。250人を超すメンバーをひと声で束ねる、高橋みなみのリーダーシップ。握手会に6000人が殺到しても、最後の一人まで手を抜かない大島優子のプロ意識。
HKT48で年少者らの意識改革に取り組みつつ、自らその宣伝に奔走する指原莉乃の行動力。あえてアイドル力のみでストイックに勝負し続ける渡辺麻友などなど……このグループで高い人気を誇るメンバーには皆、そうなるだけの「理由」がある。カメラはそんな一人ひとりの「成功の物語」を追うとともに、それら無数の個性を内包しつつ加速を止めない巨大組織の深層をも描いてゆく。“現代社会の縮図”とも言えるAKB48――。
この映画にはあなたの未来を変える「成功のヒント」がつまっているかもしれない。

企画:秋元 康
監督:高橋栄樹
出演:AKB48
『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』
2014年7月4日(金) 全国ロードショー
(C)2014「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会
→『DOCUMENTARY of AKB48』の記事を探す