MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『サンブンノイチ』 藤原竜也、田中聖、品川ヒロシ監督ほか初日舞台挨拶!

ようやく全員揃いました!
『サンブンノイチ』
藤原竜也、小杉竜一、田中聖、中島美嘉、窪塚洋介、池畑慎之介、品川ヒロシ監督他登壇初日舞台挨拶!!
KADOKAWA、吉本興業配給にて4月1日(火)より公開された品川ヒロシ監督最新作映画『サンブンノイチ』。
初日舞台挨拶に品川ヒロシ監督、藤原竜也さん、小杉竜一さん(ブラックマヨネーズ)、田中聖さん、中島美嘉さん、窪塚洋介さん、池畑慎之介☆、赤羽健一(ジューシーズ)、木下半太(原作者)、そして主題歌を担当した→Pia-no-jaC←の総勢11名が集結!

サンブンノイチ


●『サンブンノイチ』初日舞台挨拶
日時:4月1日(火)
会場:角川シネマ新宿 スクリーン1 ※上映後舞台挨拶
登壇者:品川ヒロシ監督、藤原竜也、小杉竜一(ブラックマヨネーズ)、田中聖、中島美嘉、窪塚洋介、池畑慎之介☆、赤羽健一(ジューシーズ)、木下半太、→Pia-no-jaC←(HAYATO、HIRO)
初日を迎えて総勢11名の豪華キャスト・スタッフが勢ぞろい。
エイプリルフールにちなみ、小杉さんに赤羽さんが成りきって登場するというちょっとしたウソも織り交ぜながら、終始和気あいあいとした現場の雰囲気、チームワーク良さが伝わる大盛り上がりの舞台挨拶となりました。
MC:公開初日に、やっと!!! やっと!!!! やっと!!!!
『サンブンノイチ』メインキャスト・原作者・監督が全員揃いました!
早速ご登場頂きましょう。 大きな拍手でお迎えください!
それでは皆様から一言ずつご挨拶いただきましょう。
主演、キャバクラ「ハニーバニー」店長で金運ナシ“シュウ”こと清原修造役の藤原竜也さんお願いします。
藤原竜也さん:本日は初日にお集まりいただき、ありがとうございます。
嬉しい限りです。これから皆さんの力でどんどん広めていただき、一人でも多くの方にご覧いただきたいと思います。ありがとうございます。
MC:続きまして、借金まみれのキャバクラ「ハニーバニー」ボーイ、ヤンキー上がりでキレるとヤバイ!“コジ”こと小島一徳役田中聖さんお願いします。
田中聖さん:ありがとうございます! 撮影が終わったのがちょうど一年くらい前でやっとこの日を迎えられました。
とても楽しくやらせていただきましたので、明日、明後日と何度でも観てください!
MC:続きまして、浪速の商人!「ハニーバニー」常連客、ハゲでスケベな“健さん”こと金森健役、ブラックマヨネーズ小杉竜一さんお願いします。
※ここで小杉さんとして登壇していたジューシーズの赤羽健一さんが答えようとすると劇場上手入口より小杉さん登場。
赤羽健一さん:えーと、小杉…
小杉竜一さん:ちょっと、おかしいでしょー! 健さん役は俺、俺、俺!
品川ヒロシ監督:この演出要ります??
小杉さん:俺の代わりに赤羽っておかしいでしょ!
あとこの流れ知ってたんやからもうちょっと共演者の皆笑ってくれよ。
※共演者笑わず。
小杉さん:どうですこの仲の良さ!
本当に初日を迎えられて感無量です。
出し切ったのでちょっと休憩です。
MC:ということで、本物の“健さん”役、ブラックマヨネーズ小杉竜一さんとキャバクラ「ハニーバニー」ボーイ役のジューシーズ赤羽健一さんでした。
さあ、それでは再びご紹介とご挨拶に戻りましょう。
続いては、ヒロイン「ハニーバニー」ナンバー1キャバ嬢まりあ役の中島美嘉さんお願いします。
中島美嘉さん:今日は初日にお集まりいただきありがとうございます。
今の流れを見ていても仲の良いことがわかっていただけたと思いますが、楽しい現場でしたし出来上がった作品を観て私自身も楽しめたので、皆さんも楽しんでいただけていたら周りに薦めてみてください。

サンブンノイチ

MC:続いて、川崎の街を牛耳る、凶暴な闇の帝王、「ハニーバニー」オーナー、破魔翔役の窪塚洋介さんお願いします。
窪塚洋介さん:こんにちはー、ラブ&ピース窪塚洋介です。
初日に集まっていただきましてありがとうございます。ヒーハー!!
小杉さん:なんで俺の言うねん!
MC:続いて伝説的金貸し、川崎の魔女渋柿多美子役、池畑慎之介☆さんお願いします。
池畑慎之介☆さん:え~池畑しん……
品川監督:自分の名前噛みます?
池畑さん:池畑慎之介☆です。ピーターー!!(ヒーハー風に)
小杉さん:ちょっと!!!
池畑さん:45年前に初めて出た映画(『薔薇の葬列』)がここ(当時は新宿文化)で封切られたので、ちょっとうるっとしてしまいました。
品川監督から面白い役をいただけて、楽しい現場に参加できて良かったです。
作品を観た田村淳さんから、ピーターさん普段もこんな感じなんですかって連絡がありましたよ(笑)。
MC:続いて、本作の原作者木下半太さんお願いします。
木下半太さん:本日はたくさんの方にお集まりいただきありがとうございます。
もともとこの作品は3人芝居を基にしていて、芝居をやった時は10人くらいしかお客さんが来ませんでした。
素晴らしいスタッフ・キャストに恵まれ、こんな大勢の方に観ていただけるなんて、本当に人生逆転しました!
MC:ありがとうございます。それでは本作の主題歌をつとめていただきました→Pia-no-jaC←のお二人HAYATOさんとHIROさんです。
HAYATOさん:初めて映画に参加させていただいたのがこんなカッコいい映画で、声をかけていただいた品川監督に感謝です、ありがとうございますそして、初日おめでとうございます。
MC:それでは本作監督をつとめた品川ヒロシさんからご挨拶いただきましょう。
品川監督:たくさん集まっていただき、ありがとうございます。
原作と出会って2年、撮影を終えて1年近くたっていますが、今日の公開が本当に待ち遠しかったです。
ヒー!
小杉さん:ハー!ってなんで半分俺が言わなあかんねん!!
MC:本日、キャスト・スタッフの皆さんが勢ぞろいということですが、いかがですか?
品川監督:やっと全員そろったんですよ。
今までは三分の一位誰かが欠けたりしていました。
空港で迷子になる奴がいたり(笑)、いろいろありましたけど今幸せです。
小杉さん:藤原くんのおかげで俺の沖縄映画祭での活動全くピックアップされんかったで!
MC:久々に全員揃われたということで、撮影時の思い出など伺えればと思います。
藤原さん:劇中で僕と、田中さん、小杉さんは大体一緒にいる設定なので撮影中も一緒でした。
そういえば小杉さん初日に舞台挨拶の回数が多いなぁってグチってました。
小杉さん:ちょっとなんでそんなこと言うん!記者の人書いてるやん!! ヤメテ!!
田中さん:すごく楽しい現場だったので、行けるのが嬉しかったです。
貴重な体験をさせていただいたなと思っています。キャラの濃い皆さんの中で埋もれないようにしながら、小杉さんとは仕方なく仲良いようにしていました。
小杉さん:なんでやねん! ホンマに仲ええやろ!! 3人で一緒にメールしたやんか!!
品川監督:聖くんはアクションシーンも全て吹き替えなしだし、アクションのプロでも使うマットを無しで撮影したりとがんばってくれました。
また竜也くんは現場で台本は読まないし、NGだってほとんど出さない、素晴らしい座長として頑張ってくれました。
小杉さん:なんで、俺にはないねん!
品川監督:この前、竜也くん、聖くん、小杉さんの4人で飲みに行ったんですよ。
僕が眠くなっちゃったら、小杉さんが先輩なのに膝で寝てええでって言ってくれて寝ながら三人の楽しそうな声を聴いていたら、このまま死んでも幸せかな~って思いましたよ。
中島さん:現場で3人は本当に仲良くて、キャッキャッしていて藤原さんが私に小杉さんにあれを言えとかけしかけてくるんですよ。その役目とかをしていました。
品川監督:でも中島さん、小杉さんを慕ってるんですよね?
中島さん:……。
小杉さん:なんでそんな考えるん! 慕ってるでええやん!!
あと窪塚くん、マイクポケットに入れてるで!
どういうこと、舞台挨拶でマイクしまうって!! ヤンキーやん!
品川監督:小杉さんずいぶん窪塚さんに慣れてきましたね。この前ビビってましたもんね。
窪塚さん:いや、3人の仲良さに僕が入っていけなかったんですよ。
この前の舞台挨拶の時初めてメールアドレス教えてもらって、小杉さんに新喜劇のチケットをとってもらっていいですかってメールしています。
小杉さん:急に生々しいわ!
窪塚さん:アクションシーンがあるんですけど体が硬いのでもうちょっと柔軟してからやれば良かったなって思っています。聖くんのアクションがすごいのでちょっとジェラってます。

サンブンノイチ

池畑さん:普段はMなのですが、藤原くんをいたぶる役をやっているうちに、ワクワクしてきちゃいました!
品川監督:映画で何目覚めてるんですか!!
池畑さん:藤原さん芝居がリアルだからやられ慣れている感じがしました(笑)。
撮影が冬だったので、寒かったけれどとても楽しい現場でした。
赤羽さん:あの、池畑さんの後僕で大丈夫ですかね?
皆仲良さそうだったので、僕も輪に入りたいと思い、楽屋で藤原さんと二人っきりになった時に電話番号教えてって言ったらいいよって教えてくれたんです。
その場でかけなおしたら、全然藤原さんの携帯が鳴っていなくて、誰の番号なんですか?
って聞いたら宇梶剛士さんの番号だってきいて、びっくりしましたよ!
若手芸人が宇梶さんにワン切りって折り返しきたら藤原さんのせいにするしかないです。
品川監督:小杉さんがいると竜也くんがいじるけど、小杉さんいなくなると僕にもやるんですよ。
テレビの収録で本番に食べるタコを、今食べちゃってくださいとかリハーサルの時に言ってきたりして。
田中さん:藤原さんはもっとクールなのかなって思っていたけれど、バカ話とかにも付き合ってくれて打ち解けられました。
小杉さん、品川監督:いやいや二人がそろうとたちが悪いですよ!!
小杉さん:三人宛先のメールしてるのにずっと無視したり、撮影前のおしゃべりを全部俺のせいにして、現場で相当怒られたんやから!
品川監督:聖くんはヤンキーの二番手にいるたちの悪いやつみたいな感じでしたね。
でも聖くんの出番がないクランクアップの時に、隣の部屋に隠れていて花束を小杉さんに渡しに来てくれましたよね。
小杉さん:ちょっと聖くんの印象良くなってるやん!!
木下さん:元々映画監督志望だったので、小説を書いているときも映像化されたものをイメージしています。
今回は品川監督が僕の頭の中を覗いているんじゃないかというくらいぴったりだったし、セリフも自分が書いたものか品川監督が考えたものかわからなくなってしまうくらいでした。
HIROさん:元々ただの酔っぱらいの役の予定だったのが、劇中で演奏させてもらえてうれしかったです。
HAYATOさん:インストゥルメンタルの曲を主題歌にするというのは簡単ではないと思うので品川監督がよく選んでくれたなと思うし出来上がった作品にもピッタリなので、とても嬉しいです。
MC:ありがとうございます。まだまだお話を伺いたいところですが、お時間となってしまいますので、最後にひとことずつお願いします。
藤原さん:劇中、序盤のくだらないしゃべりが後半の謎解きのヒントになっていたりしますので、一度観た方も二度、三度と楽しめると思います。
『サンブンノイチ』みなさんの力もお借りして当てていきたいと思いますので、よろしくお願いします。
田中さん:洋画のテイストもあり、邦画の良いところも融合している作品だと思います。
映画をご覧になった皆さんはこれからご飯を食べて、そので違う劇場で2回目、明日は3回目と観てもらえればと思います。
皆さんの口コミが宣伝になりますのでよろしくお願いします!
MC:小杉さん短めにお願いします。
小杉さん:みなさん、宣伝お願いします! ヒーハー!!!
品川監督:みんな散々やっているからここでプレーンなのは駄目でしょ。
小杉さん:びっくりするくらいウケんかったわ!
品川監督:本当に壇上に上がっている役者さんの個性的なキャラクターのカッコいい部分やきれいな部分だけじゃなく汚い部分までを全部ぶつけてもらい、木下さんの面白いストーリーと融合してつくりあげました。
ようやく公開を迎えたので、ご覧いただいた方には色々なところで宣伝していただければと思いますので、よろしくお願いします。

『サンブンノイチ』
大ヒット上映中!
(C)『サンブンノイチ』製作委員会
→『サンブンノイチ』の記事を探す