MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

報道陣を圧倒!実物大イングラムのデッキアップを初披露!

押井守を総監督に迎え、登場人物を世代交代した完全オリジナル新作のプロジェクト『THE NEXT GENERATION パトレイバー』が始動!
全長約8mもの実物大98式イングラムやレイバードック併設の二課棟までをも完全実体化!
4月よりシリーズ12話を劇場上映用にシリーズ全7章として構成し、全国にて順次上映を開始。2015年GWの長編劇場版の全国拡大公開に至る驚異のビッグプロジェクトとして幕を開ける!
この度、実物大イングラムのデッキアップ(寝ている状態からの立ち上げ)を初披露しました!

patlabor-mvr16.jpg


撮影時の目撃情報があったものの、オフィシャルに披露されるのは初めてのこととなります。そして「パトレイバー」はあの『踊る大捜査線』にも影響を与えた湾岸地区を舞台にした特車二課メンバーの活躍がお馴染みということもあり、その所縁の地である湾岸の風景が広がる豊洲で実施する運びとなりました!
イベントには主演の真野恵里菜、筧 利夫、監督の押井守が立ち会い、撮影秘話を披露するなど、盛りだくさんの内容となりました。
日時:3月17日(月) 17:30~18:10
場所:アーバンドック ららぽーと豊洲 屋外「シーサイドデッキ」
登壇者:押井 守、真野恵里菜、筧 利夫
大きな拍手の中、劇中の第二小隊の制服で真野恵里菜、筧利夫、そして総監督の押井守が登壇し、ご挨拶。
真野:よろしくお願いします! 今日この衣装を着るのはクランクアップ以来なので、役が蘇ります!嬉しいです!
筧:衣装部の方に“筧さん、着るの久しぶりですね”と言われましたが、自分では全然久しぶりな感じがしなくて。もしかして役をやってなかったのかもしれないね(笑)それくらいしっくりきているんですよ!
押井:よろしくお願いします。
Q:長編である本作の撮影期間は?
真野:撮影は去年の6月末から始まって、12月に私はクランクアップしました。こんなに長い間一つの作品をやるのは初めてだったので、チームというか、本当にリアル特殊二課って感じでした。アクションの練習期間を含めると3月末から動いていたました。自分の中で明を演じてきて最初は葛藤だったり、迷いとか悩みがあったんですけど。今はもう達成感でいっぱいです。私が演じた泉野明がどうみなさんの目に映るのか楽しみです!
Q:役どころについて
筧:ファンが多い作品なので、筧で大丈夫なのかと賛否両論が巻き起こりましたね。私が演じるのは原作の後藤隊長ではなく後藤田隊長なので、違うキャラクターなんです。でも後藤隊長を踏襲していないといけないキャラなので、演じるにあたり導入部が難しかったのですが、最終的には俺の演技に周りが慣れてもらおうと(笑)
Q:監督からみた二人のキャラクター
押井:当初からこれだけ長くやってきたアニメーションを実写化するなんて相当叩かれるんだろうなと(笑)。真野ちゃんにも筧さんにもそれは言ったんですよ。公開前には叩かれるって。でも公開すれば叩かれない、最後には真野ちゃんと筧さんしか演じられない、真野ちゃんと筧さん二人じゃなきゃダメだったと思うはず! それがダメなら僕の責任です。あっという間に慣れると思いますし。だからあまり心配していません。
Q:特殊二課のチームワークについて
筧:キャラクターそのままでしたね。真野さんとも全体で共演するシーンはあったんだけど、1対1のシーンがそんなになくて、1シーンだけあったんだけど、その時に真野さんなのか、泉野さんなのか分からなかったんだよね(笑)キャラクターそのままで飲みに行っていたし(笑)隊長としても飲みに連れて行きましたよ!
真野:自分の中で明を演じるからってスイッチを入れるとか意識はなくて、どう演じればいいか分からなくて。でもやっていく内に隊員が本当にキャラクターが濃いので、自分の明ってキャラクターをどう活かしていこうかと。なので自分でどうこうではなくて、隊長や特殊二課のみんなに作りあげてもらった感じです。プライベートだからって気にしない、チームワークではなくキャラクターが誰1人重ならないそのまんまな不思議な感覚で大人の空間でした。大人同士だからこその空気感でしたね。
筧:チームワークの証拠にあそこに他メンバーの面々が観に来てくれていますもん!(笑)
Q:印象に残ったシーンは?
押井:もう何にも覚えてない(笑) やっぱりレイバーがデッキアップするところですね。立つか不安だったし、倒れたら何人死ぬんだろうって(笑) まぁ倒れませんけど(笑) 立った瞬間には感無量でした! 3日くらいで飽きちゃったけど(笑) いつも言うことだけど飽きちゃうことが大切なんだと。そこにあることが当たり前になって初めて成立するというか。役者さんも同じでずっと真野ちゃん可愛いなではダメ。明だって思わないと。
Q:全体の見どころ
押井:明らかに1本1本が全部違う映画なんですよ。違う種類の映画として作りました。好き嫌いはあると思いますが、シリーズ全体を通して隊員や隊長などキャストを楽しんでもらいたい。最終的に特殊二課みたいな場所がもしあったら、仕事をしてみたいと思うのか。もうこんなところはごめんだと思うのか、こんな隊員たちと働くと面白いのかなと。そう思わせたらシリーズとしては成功なんじゃないかな。
Q:第1章の見どころ
真野:見どころは全部ですが、もともとのパトレイバーファンはもちろん、パトレイバーを知らない私世代の方々にも観ていただきたいです! この第1章はこの先に続いていく話なので、まずは観てほしいです!
筧:基本的にロボット映画ではないので、人間模様を楽しんでいってもらいたいですね。特殊二課紹介のような。やっぱりパトレイバーなので、ファンにはたまらない“これが見たかった”的なカットもありますよ! 第1章なのでまだ少ないですが、それが徐々に増えていきます!

patlabor-mvr14.jpg

Q:デッキアップイベントを開始
筧Q:泉野、パトレイバーデッキアップ!
真野:了解しました! パトレイバー出動します!
Q:デッキアップが完了したパトレイバーを見て
真野:迫力が凄いですね!
筧:野外で観ると室内よりも存在感が増しますね!
押井:倒れないか心配(笑)
Q:コクピットでの撮影
真野:クランクイン初日よりも緊張しました! 改めてパトレイバーの実写化に出るんだって実感が湧きました! コクピット内はワクワクしました!
Q:実写化にあたってこだわった点
押井:足のディテールですかね。人間の足の骨と同じくらいパーツがないと歩いているように見えない。だから足は大変だったね。あとは顔かな。
Q:最後にパトレイバーファンに熱いメッセージを
真野:本当に最初はこの役を頂いた時はどうなんだろうと思ったんですが、凄いレイバーも明も好きになって、ずっと特殊二課でいたいと思うくらいでした。ぜひ大きなスクリーンでご覧ください! 主題歌も担当させていただいたので併せて歌手真野恵里菜も楽しんでもらえたら嬉しいです。私たちが言うより、みなさんの口からパトレイバーの感想を言っていただいた方が説得力があるのでよろしくお願いします!
筧:長い間撮影をし、ようやく公開の運びとなりました! まだ第1章が始まったばかりの来年までの長いお付き合いとなるので、みなさんと一緒に楽しみたいと思っています!
押井:ちゃんと仕事しました(笑) 自分で言うのもなんですが、めちゃくちゃ面白いです。キャストを含めて良いものが作れたと思っています。どうぞよろしくお願いします。

公式アプリ:patlabor-nextgeneration.com/app
Facebook:www.facebook.com/inandup
『THE NEXT GENERATION パトレイバー/第一章』
4月5日(土)より新宿ピカデリーほか全国順次上映開始、2週間限定劇場上映
(C)2014 「THE NEXT GENERATION -PATLABOR-」製作委員会
→『パトレイバー』の記事を探す
→特撮ニュースはこちら