MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

A.I.+ターミネーター 彼女は敵か、味方か!?『ザ・マシーン』

これまでの映画で『ブレードランナー』に最も近付いた映画
『ザ・マシーン』邦題&日本公開決定

themachine1.jpg


2013年トライベッカ国際映画祭で上映されると、その近未来的世界とVFXで高い評価を得た作品『THE MACHINE』の邦題が『ザ・マシーン』に決定し、5月31日よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて2週間限定公開の運びとなりました。
本作は、人間と機械を隔てる本質、兵士の代わりにロボットが戦う戦争、すべてが今現在予見され、遠くない未来に実現するかもしれないヴィジョンとして、観客に大きな問いを投げかける。
アンドロイドを開発する科学者ヴィンセントに『007/ダイ・アナザー・デイ』のトビー・スティーヴンス。彼を愛する助手アヴァとアンドロイド「ザ・マシーン」を演じ分け、数々のアクションシーンを成功させたのは、期待の新星ケイティ・ロッツ。

themachine2.jpg

また、『スター・ウォーズ』シリーズに出演したデニス・ローソンが、「ザ・マシーン」の軍用化を推進する国防省側の悪役として、物語を引き締める。
本格的SFアクションのオリジナルストーリーを支える最高のVFXチームは『アバター』の製作に参加したMINIMO VFX。「ザ・マシーン」と兵士たちの重量級の戦闘シーンを演出したのは、『ボーン・レガシー』のスタントコーディネイター、 ピーター・ペドレロ。最高の人材が結集した究極の近未来アクション映画がここに誕生した。

themachine3.jpg

●ストーリー
近未来。中国と西側諸国は新たな冷戦状態に陥り、英国国防省はヴィンセントにアンドロイドの開発を依頼していた。人間の肉体をはるかに凌駕するパワーと情報処理能力を備え、戦況を一変させる怪物だ。
しかし、アンドロイドは暴走を繰り返し、研究は暗礁に乗りかけていた。その時、助手アヴァが中国側の暗殺者によって、瀕死の重傷を負う事件が起こる。彼はやむを得ず、アヴァの脳のデータをアンドロイドに移植して、彼女を蘇らせた。アンドロイドは次第に人間の感情を学び取り、アヴァが抱いていたヴィンセントへの愛に目覚め始める。
彼女は機械なのか? それとも人間なのか?
一方、国防省の上層部はアンドロイドを完全なる殺人兵器に仕上げるために、ヴィンセントを監禁し、そのデータを書き換えようと画策するが……今ここに、機械と人間の融合した最強のマシーンが誕生する。

themachine4.jpg

監督・脚本:カラドッグ・W・ジェームズ
制作:ジョン・ギワ-アム
出演:トミー・スティーヴンス(『007/ダイ・アナザー・デイ』)、ケイティ・ロッツ(『ディスコード-DISCODE-』)、デニス・ローソン(『スター・ウォーズ』)
2013年/イギリス映画/90分/カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタル/原題 THE MACHINE
配給:熱帯美術館
協力:ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューション
『ザ・マシーン』
5月31日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて2週間限定公開!
(C)RED AND BLACK FILMS 2013
→『ザ・マシーン』の記事を探す
→特撮ニュースはこちら