MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

井上真央×綾野剛ら、誰も見たことがない一夜限りのスペシャルプレミア

3月29日公開『白ゆき姫殺人事件』
井上真央×綾野剛×蓮佛美沙子×菜々緒×貫地谷しほり×金子ノブアキ
誰も見たことがない一夜限りのスペシャルプレミア開催
湊かなえ原作×中村義洋監督×井上真央主演と公開前から話題を集めている本作『白ゆき姫殺人事件』の一夜限りのスペシャルプレミアが恵比寿ザ・ガーデンホールにて行われました。

sirayukihimesatujin4.jpg


監督・中村義洋、主演の井上真央をはじめ、ドラマ・映画を問わず話題作への出演が相次ぐ綾野剛、蓮佛美沙子、菜々緒、貫地谷しほり、金子ノブアキが登壇した本イベント。中央に設置された巨大バルーンが破裂し、石鹸の泡を模したたくさんの白い風船が飛び出す中、キャストが登壇すると途端に場内の興奮は最高潮に。
トークセッションでは登壇者それぞれから現場でのエピソードが飛び出し、場内の笑いを誘いました。続くフォトセッションでは、映画のタイトルにちなみ、主演・井上真央の掛け声に合わせて雪が降りしきるサプライズ演出で、観客は大盛り上がり。大盛況のうちに本日の一夜限りのスペシャルプレミアは終わりました。
実施日:2014年2月26日(水) 18:30~
会場:恵比寿 ザ・ガーデンホール
登壇者:井上真央、綾野剛、蓮佛美沙子、菜々緒、貫地谷しほり、金子ノブアキ、中村義洋監督
MC:mic
MC:それでは、お一方ずつご挨拶を頂きたいと思います。
井上:本当に地味なOLを演じました、井上真央です。
今日はちょっとキラキラさせてみましたが、本編では本当に地味な役です。
皆さんに初めて見ていただけるということでとてもうれしいです。
最後まで楽しんでいってください。
綾野:どうも、本当にうすっぺらい男綾野剛です。
どうしようもない、くそみたいな男ですが皆さん今から見られるということで、短い時間ですがどうぞよろしくお願いいたします。
蓮佛:私はとくに薄っぺらくも、地味な役でもないのですが、実はコンプレックスがあるという役で髪型も変えてみたりとか、(肌を)黒くしてみたりだとか外見をいろいろ変えて非常に複雑な役でしたが何とか全うすることが出来ました。
何回見ても楽しい作品なので是非今日見て、また公開してからも見に来てくれるとうれしいです。
菜々緒:初映画にして殺されてしまった三木典子役をやらせていただきました菜々緒です。
今日は楽しんでいってください。
貫地谷:中村監督の作品に出るとゲームをしていることが多い感じで一人称が俺ということで最初はどうしようかなと思いましたが楽しく演じることが出来たと思います。
今日は楽しんで帰ってください。
金子:私が演じた篠山係長、あいつは本当に最低な男なんだよね。
楽しい撮影で素晴らしい作品になったと思います。よろしくお願いいたします。
監督:僕のことはこきおろさないんですか(笑)
本当に“おとこ映画”ばかりみたいなの撮ってきて、こんなに女優さんが多いの初めてなんですけど、皆さん全然わがままじゃなくて、ある種男っぷりのいい女優さんばかりなので楽しい撮影でした。今日は楽しんでってください。
MC:映画についての話にうつってまいりますが、みなさまに質問がございます。
演じられてみてご苦労があった点教えていただけますでしょうか。
まずは井上さん、最初(企画の話をもらったとき)はご自身は三木典子役だと思ったとのことですがいかがでしょうか。
井上:恥ずかしい(笑)
図々しいんですが、何も聞かず原作を読んであまりにもみんなが(三木典子のことを)キレイキレイっ書いてあるのでどうしよう、プレッシャーだなと思ったのですが、そのうち地味な女のひとが原作に出てきて、私これだなって(笑)
これならできるかなって思いました。
人の主観によって変わるのであまり普段にはないというか、この人物ならこういう美姫を想像するだろうなっていう風に思いながらお芝居をさせてもらうのは初めての挑戦でした。
美姫という人物像を微妙に変えていくのが難しかったんですけど、すごく楽しくて、中村監督と共犯というかいろんなことを企みながらやっていくのは楽しかったです。
綾野:本質から薄っぺらくないと薄っぺらく映らないという感じがしていたので、どうやって薄っぺらくなろうかってことばかり考えていました。
演出の最中も監督がちょこちょこブラックジョークを挟んでくれたりして、それを真に受けながらやっていたら、(おかげさまで)いつのまにか薄っぺらくなってました、自分が映るもの見たら必ず髪型見ちゃうような、俺すっげーかっけーぜ みたいな そういうところから役を作っていった。本当に薄っぺらいんですよ。
この人(役の赤星雄治)そもそも才能ないんですよね。
それでいて風も仰げないほどの ぺっらぺらの男なんですよ。
監督:僕と綾野君が見たことがある、あいつほんと青臭いよなっていう、仕事よりも自分が大事っていう若者いっぱいいるので、そういう薄っぺらい男のアイディアはたくさん出し合いましたよね。
トイレ行ってずっと髪いじってるやつとか、一杯。
どういう服着てるのかとか 含めて。
赤星がキャラクター作りで一番頑張ったかもしれないですね。
蓮佛:本当に事の発端というか、私が赤星にリークしてしまったから、ワイドショーで城野美姫が容疑者になってしまったわけでちょっと赤星と似たようなずるい、ひどいところがある女性だなっていうのはありました。
でも一番最初にリークする役なので本当に(事件のいきさつを事細かに)しゃべってるんですよ。
セリフを覚えるのが単純に大変で、そのなかで綾野さんは自分の出番がまだでもわざわざ来てくれて、電話のお芝居に付き合ってくれたりしたので、そのおかげで、すんなりしゃべれていったかなっていうのはありました。
MC:菜々緒さんは映画初出演ということで、やはり緊張されましたか。
菜々緒:緊張しましたし、本当に豪華な皆様と共演できるっていうのはすごくプレッシャーでしたし、やっぱりベストセラーの湊かなえさんの作品であり、中村監督とやらせていただくっていうのはすごいことでしたので、本当に緊張しました。
必至に頑張りました。
MC:そして、貫地谷さんはまた皆さんと違って、部屋の中でのお芝居ということでしたがいかがでしたか。
貫地谷:台本読んでやはり一人称が俺っていうことで、どうなんだろうなって思って衣装合わせに行ったら、監督に「大丈夫だよね?」って言われて、大丈夫なのかなって思って現場に入りました。
何かこうカッコいい役なんですけど気持ち悪くしたいなっていう思いがあって、最後赤星に言うセリフのところですごく気持ち悪い言い方をしたら、綾野さんが笑い出してしまってNGになってしまいました。
金子:台本読んでまず、こいつ(役の篠山)屑だなって、とんだ屑だなって(思いました)。
撮影中も係長ってスタッフが呼ぶんですよ。
全国の係長に申し訳ないですけど、うっさいって気分になってきて(笑)
そんな気持ちが(のって)、いいキャラになってるんじゃないかなって。
綾野:あっくん(金子ノブアキ)を係長にしようと思ったところが最高だよね(笑)
金子:会社のシーンが多いんで、隣に課長もいて、気使って、すごいんですよいつもと違う疲労感が(笑)会社にはつとめらんないなって思いましたね。
MC:監督皆様の演技を総括していかがでしたでしょうか。
監督:係長って意図的に言うようにしてたんですよね。
赤星についてはTwitterのハンドルネームでレッドスターで(呼んだこともありました)。かっこわるいでしょ。
やっぱり綾野剛がかっこいいので、綾野くんがかっこよくなっている場面では、おいレッドスターって呼んだりしてましたね。係長も同様です。
綾野:効果てきめんでしたね。
レッドスターって呼ばれて俺、ちょーかっこいいぜって思ってる(ぐらい)浅はかさなんですよね(笑)
自分の中ではレッドスターを最高にかっこいいものと(赤星は)思ってるんで。
MC:作品内容に関連して、共演者のゴシップや噂話はございますか。
井上:深夜でのロケの撮影の時に、菜々緒ちゃんがからあげとか焼きそばとかガッツリ食べてて、夜にそれ食べるってものをよく食べてるのが(印象的でした)。
その体で一体どこに出してるんだろうって どこにいってるんだろうって。
監督:俺も見ました。
井上:飲み物とかも常に炭酸飲んでたりして。ジャンキー(笑)
綾野:だから身長伸びたんじゃないかな(笑)
菜々緒:食べてましたね、いろんなものが食べたくなっちゃうんですよね。
欲張りでこれもあれもって。
井上:すごく大変な殺人のシーンの時も、菜々緒ちゃんが一番大変なのに、どろどろになりながらも差し入れの焼きそばを膝にのせながら五平餅を食べてましたよね(笑)
監督:みなさん過去の共演作での関係もあるので今回何かあってもおかしくないと思ったんですけど全くなかったです。
真央ちゃんと剛くんとご飯にいったとき、真央ちゃんが僕の隣に座ってくれたときがすごく嬉しかったです(笑)
MC:それでは、そろそろお時間が来ましたので、井上さんに締めのご挨拶をお願い致します。
井上:とにかく真実がどこなのかっていうところで、みなさんを翻弄できればいいなと思います。
観終わった後つぶやくの躊躇されるかもしれませんが、みなさんなりのつぶやきで、みなさんなりの真実をつぶやいていただいて、3月29日に公開ですので是非みなさんにご協力いただいていい口コミでこの映画が広がっていけばいいなと思います。
いいつぶやき待ってます。
お楽しみください。今日はありがとうございました。

『白ゆき姫殺人事件』
2014年3月29日(土) 全国ロードショー
(C)2014「白ゆき姫殺人事件」製作委員会 (C)湊かなえ/集英社
→『白ゆき姫殺人事件』の記事を探す