MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ロボコップ』世界興行収入が1億ドルを突破!

瀕死の重傷を負った警官が半分人間、半分ロボットの警官“ロボコップ”として新たな命を与えられ活躍するSFアクション映画『ロボコップ』が約30年分の進化をとげ、始動開始! よりシャープに、よりスピーディに、そして黒くスタイリッシュになった“ロボコップ”として登場。日本では3月14日(金)全国ロードショーとなります。
世界中の15ヵ国で初登場No.1の大ヒットを収めている『ロボコップ』が、先週末、ジョゼ・パジーリャ監督の母国であるブラジルで公開され、340万ドル(約3億4680万円*1ドル102円換算)の好成績で1位の成績を収めました。


このブラジルの大ヒットを受け、インターナショナル興行収入はついに1億ドル(約102億円)を突破しました。
各国の現在の成績は、公開3週目で1100万ドル(約12億2200万円)を突破したイギリスが1位、続いて公開2週目で844万ドル(約8億6000万円)のロシア、公開5週目で630万ドル(約6億4260万円)の韓国と続いています。今後、ブラジルは落ちが少なくまだまだ成績を伸ばすことが予想され、また、中国、日本という大きなマーケットの公開を残していることから、最終世界興行収入は2億ドルを超えると期待されます。
いよいよ3月14日(金)日本公開となる『ロボコップ』は、この春一番の期待の洋画となりそうな勢いです。今後の『ロボコップ』の動向にご注目ください。
監督:ジョゼ・パジーリャ(『バス174』『エリート・スクワッド』
脚本:ジョシュ・ゼトゥマー(『007/慰めの報酬』)、ニック・シェンク(『グラン・トリノ』
出演:ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、サミュル・L・ジャクソン、マイケル・キートン、アビー・コーニッシュ、他
全米公開:2月7日
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式Facebook:https://www.facebook.com/Robocop.movie.JP
公式Twitter:@Robocop_JP
『ロボコップ』
3月14日(金)丸の内ピカデリーおよび新宿ピカデリー他全国ロードショー
→『ロボコップ』の記事を探す
→特撮ニュースはこちら