MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

見どころは女性のカラダ!? 乱交パーティーに参加したかのよう!?

人間の性欲に真っ向から挑んだ
2006年第50回岸田國士戯曲賞受賞作、衝撃の映画化!映画『愛の渦』
池松壮亮>見どころは女性のカラダ!?
門脇麦>乱交パーティーに参加したかのよう!!
滝藤賢一>羽生君の金メダルばりの美しさとチームワークでつくりあげた映画の完成にご満悦
映画『愛の渦』完成披露試写会!

ainouzu3.jpg


乱交パーティでの一晩という過激な設定、着衣時間は本編中18分半と、日本映画史上もっともハダカなドラマでありながら、性欲に振りまわされる人間の滑稽さ、切なさ、人間の本質を見事に描き出した映画『愛の渦』。
その骨格は非常に映画的で、男女ともに楽しめる作品として話題になっており、公開前のマスコミ試写では連日満席となり、注目の高さがうかがえる本作の公開まであと10日あまりとなりました。
日に日に期待が高まる本作ですが、公開に先駆け、2月18日(火)にキャスト、監督登壇による舞台挨拶付完成披露試写会を実施しました。
劇中の衣裳?として大活用したバスタオルをパネル替わりに使用して記念撮影も実施しました。

ainouzu4.jpg

●『愛の渦』完成披露試写会・イベントレポート
日時:2月18日(火)
会場:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇者:池松壮亮/門脇麦/滝藤賢一/三津谷葉子/中村映里子/赤澤ムック(旧芸名:赤澤セリ)/柄本時生/信江勇/三浦大輔監督
3月1日(土)の公開も近づき、ますます期待の高まりをみせる映画『愛の渦』。
2月18日(火)に主演の池松壮亮・門脇麦をはじめ、三浦大輔監督も登壇しキャスト・監督、総勢9名が勢ぞろいの完成披露試写会を実施しました。
登壇者それぞれが撮影の裏話や見どころなどを語り、最後には劇中衣装ともいえる巨大なバスタオルが登場してのフォトセッションを行い大いに盛り上がりのあるイベントとなりました。
・完成披露試写会・舞台挨拶内容
MC:それでは皆様ひとことずつご挨拶をお願いいたします。
池松壮亮さん:池松壮亮です。今日はお集まりいただきありがとうございます。
楽しんでいってください。
門脇麦さん:こんにちは門脇麦です。今日は楽しんでいっていただければと思います。
女性の方もいらっしゃっていただいて嬉しいです。
滝藤賢一さん:こんばんは滝藤賢一です。4月クールで主役はります(笑)。
いっぱいムラムラする場面があると思いますが、皆さん家に帰ってから処理してください(笑)。
よろしくお願いします。
中村映里子さん:こんばんは中村映里子と申します。本当にありがとうございます。お楽しみに。
三津谷葉子さん:こんばんは三津谷葉子です。寒い中お越しいただきありがとうございます。
楽しんでいってください
赤澤ムックさん:赤澤ムックです、こんばんは。赤澤セリ名義で参加させていただいております。
楽しんでいってください。
柄本時生さん:どうも、柄本時生です。とりあえず映画を観て楽しんでいただければと思います。
信江勇さん:初めまして信江勇です。大体の方が「お前誰だ!」って思っていると思いますが、作品をご覧いただき新たな道を開拓していただければと思います。
三浦大輔監督:今日はお越しいただきましてありがとうございます。
特別な方々にお集まりいただいたと思っています。乱交をテーマにしているので観る前は怖い気持ちもあるかもしれませんが、最後までリラックスして観ていただければと思います。
MC:皆さんで集まるのは久しぶりですか?
三浦監督:みんなで集まるのは初号以来なので、1年ぶりくらいの人もいますね。
ぎこちない感じが出てるのはそのせいかもしれません(笑)。
MC:ありがとうございます。これからご覧になる方にむけて注目してほしいところお気に入りのシーンなどありましたらお教えてください。
池松壮亮さん:見どころ…そうですね卑猥なことしか浮かんでこないです(笑)
ここにいる皆さんは18歳以上ということで、女性陣の体でしょうか(笑)。
門脇麦さん:んーまだ観ていただく前にいうのは難しいんですけど……(熟考)。
(ここで滝藤さんが「先にいいですか!?と割り込み」)
MC:では門脇さんは後ほどということで。
滝藤賢一さん:この映画はソチ五輪のフィギュアで金メダルを獲った羽生君のような美しさと、葛西選手をはじめとして一丸とり銅メダルを獲ったジャンプ団体のようなチームワークで出来ています!
皆さんにご覧いただいて何メダルになるかはわかりませんが、私たちは金メダルだと思っています!
ねえ監督!!
三浦監督:そうですね!
MC:ありがとうございます。
中村映里子さん:皆バスタオル1枚で、はだかんぼうで頑張って、大変なこともあったけど、とにかく本が素晴らしくて、皆さんの演技もすごいと思います。
才能が集まったこの現場にいられて嬉しかったです。
劇中でセックスをするたびにブスになっているかなと思うんですけど、どうでしょう?
三浦監督:そんなことはないですよ。
MC:ありがとうございます。
三津谷葉子さん:みなさんこれからご覧になるんですものね。
はじめのほうはバスタオル1枚で動きがあんまりなくて、会話でお話が進んでいくんです。
その場面が楽しくて印象に残っています。下ネタとかもあるんですが体力が必要でしたね。
赤澤ムックさん:ネタバレになってしまいそうなので、内容に触れないでいうと私もこの作品を試写会で観たんです。
全く知らない他人と空間を共有することで映画館全体の緊張感とか恥ずかしさといういつもと違う感じを味わえると思うので、劇場でご覧いただくことをお勧めします。
柄本時生さん:実は僕もまだ観ていなくて(笑)。
何が見どころになるのかわからないけれど予告編を観ると裸の女の人同士が罵り合っているのを観ると滑稽で面白いと思います。
信江勇さん:やっぱり男性キャストを魅了した私のヌードがみどころかな!(会場笑)
私みたいな(ぽっちゃり)体型の子の様子にも注目してくださいね(笑)。
MC:そろそろ門脇さんよろしいでしょうか。
門脇さん:見どころはみなさんがおっしゃっていたこと被るところはあるのですが、私は本当に乱交パーティーに参加しているかのような気持ちになりました。
演じている人たちのドキュメンタリーみたいなところもあって次第にむき出しになっていく感じが乱交パーティーに参加しているかのようだったなとも思います。
三浦監督:一見簡単なように見えてすごく難しい要求に応えてくれた役者の皆さんの演技をしっかり観ていただきたいと思います。
MC:こんな方におススメしたいというのはありますか?
三浦監督:テラスハウスみたいって言ってほしいと言われたんですけど、違うんですよ(笑)。セットは似ているんですけど向こうの方が豪華です(笑)。
乱交と聞くととっつにくくて苦手な人もいるかもしれないけど、多くの人に観ていただきたく、エンターテインメントな作品にしています。
観ていただくとわかるのですが、エロくもグロくも、過激でもないと思っていただけると思います。誰もが持っているスケベごごろを描いているので笑えると思うし、コメディなんです。デートムービーだとも思っているので、 抵抗がある人にも勧めてもらって多くの人に観ていただき、映画界にちょっとでも爪跡を残せればと思いますのでご覧いただいた後は多くの人に勧めていただければと思います。
●映画『愛の渦』
原作・脚本・監督:三浦大輔
出演:池松壮亮、門脇 麦、新井浩文、滝藤賢一、三津谷葉子 、窪塚洋介、 田中哲司
制作プロダクション:ステアウェイ
製作:「映画 愛の渦」製作委員会
配給:クロックワークス
R18+

ainouzu3.jpg

『愛の渦』
3月1日(土)テアトル新宿他にて公開
(C)映画「愛の渦」製作委員会
→『愛の渦』の記事を探す