MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

チャイナ服で段文凝が登壇!『劇場版 トレインヒーロー』

『劇場版 トレインヒーロー』
宣伝大使・可愛いすぎる中国語講師・段文凝
日中友好の架け橋になりたい!
テレビ東京系列で再放送中の大人気アニメシリーズ『トレインヒーロー』が、『劇場版 トレインヒーロー』(配給:プレシディオ)として、2月22日(土)より全国のイオンシネマ(※一部劇場を除く)にて公開する運びとなりました。
本作の宣伝大使として就任いたしました、中国・天津市出身、<可愛いすぎる中国語講師>として有名な段文凝さんをお招きして、本日取材会を行いました。
日中の架け橋的な役割をしたいと話す段さんは、中国の正装であるチャイナドレス姿で登場。日本のアニメやマンガ、映画鑑賞、そしてコスプレに興味がり、2009年に来日した段さんに、本作の見所、中国でのアニメに対する意識、日本のアニメの素晴らしさ等をお話いただきました。

trainhero-mv4.jpg


日時:2月5日(水) 15:45~
場所:テレビ東京本社 てれとプラザC
登壇者:段文凝(だん・ぶんぎょう)
Q:まずはご挨拶をお願いします。
段さん:日本の文化に興味があり、2009年5月に来日しました。今は早稲田大学の大学院でジャーナリズムを学んでいます。日本のアニメやマンガ、コスプレにも興味があって(笑)、今回『劇場版トレインヒーロー』の宣伝大使のお話をいただいたときは、とっても嬉しかったです。いろんなことにチャレンジしたいと思っているので、今回もとても良い経験になると思うので、宣伝大使を頑張って、皆さんに観てもらいたいと思います。
Q:『劇場版 トレインヒーロー』を観ての感想、一番印象に残ったシーンを教えてください。
段さん:日本のアニメは世界で一番すごいと思います。中国でのアニメのイメージは子供だけのものという感じですが、大人でも楽しめる内容だから、誰にでも観る価値のあるものだと思いました。
一番印象に残ったのは、ラストシーンです! ハラハラ・ドキドキして、観ながら緊張しました。
Q:日本のアニメで好きなものは何ですか?
段さん:子供の頃から好きなのは、『ドラえもん』『名探偵コナン』です。『ドラえもん』のポケット欲しいですね(笑)。また『ONE PIECE ワンピース』『進撃の巨人』も今の中国で人気で、アニメをきっかけに日本語を学んだり、留学を決める若い人も多いです。
Q:『トレインヒーロー』には個性的なキャラクターたち出てきますが、一番好きなキャラは?
段さん:ゴウです! 能力もあるし、落ち着いて、シャイなところもあって、とても格好いいんです。女の子のキャラクターで人工衛星のミューゼスとのシーンで、星を見たことがないという彼女に星を見せてあげるシーンは女性としてドキドキしました。
女性を引っ張っていく感じが良いんです(笑)
Q:コスプレが好きということでしたが、日本のアニメでこのコスプレをしたいというのはありますか?
段さん:一番したかったのはメイド服だったんですが、それはもう着たことがあるので夢は叶いました(笑)。あと高校の制服がすきなんです。中国の制服は全然かわいくなくて、私は高校生の時の制服はジャージでした(笑)。

FB:facebook.com/trainheroes.movie
Twitter:@trainheroes
『劇場版 トレインヒーロー』
2月22日(土)より、全国のイオンシネマにて公開
(C)CARLOON/テレビ東京/TPO/TOMY
→『トレインヒーロー』の記事を探す
→アニメニュースはこちら