MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『her/世界でひとつの彼女』全米脚本家組合賞 オリジナル脚本賞受賞!

誰も観たことのない、ラブストーリー。
映画で誰も感じたことのない愛おしさ、切なさ。
『her/世界でひとつの彼女』
第66回全米脚本家組合(WGA)賞オリジナル脚本賞(スパイク・ジョーンズ)受賞!

her.jpg


6月28日(土)より新宿ピカデリー他にて全国ロードショーとなる、スパイク・ジョーンズ監督4年ぶりの長編最新作『her/世界でひとつの彼女』。
出演にホアキン・フェニックス、エイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、そして主人公を魅了しときに翻弄する人工知能型OSシステム“サマンサ”にスカーレット・ヨハンソン。誰も感じたことのない愛おしさ、切なさがぎゅっと詰まったラブストーリーです。
この度、現地時間2月1日に発表された第66回全米脚本家組合(WGA)賞において、本作が見事、オリジナル脚本賞(スパイク・ジョーンズ)を受賞しました!
全米脚本家組合賞は、全米で上映、放映等がされた映画やテレビ、ラジオ、ゲームなどの各部門で最も優れた作品に授与される賞で、全米脚本家組合に所属する同業者の投票により受賞作品が決定します。
本作は、アカデミー賞作品賞・脚本賞を含む5部門にノミネートされている他、ゴールデン・グローブ賞脚本賞受賞・3部門ノミネート(作品賞・主演男優賞・脚本賞)、9つもの米批評家協会賞で作品賞・監督賞のノミネーション、そして<史上初>声だけの出演で第8回ローマ国際映画祭最優秀女優賞を受賞(スカーレット・ヨハンソン)と、その圧倒的な評価の高さが注目を集めており、この度の受賞でオスカー像獲得に向けてさらに勢いをつけました。
●第66回全米脚本家組合賞 受賞結果
オリジナル脚本賞 受賞(スパイク・ジョーンズ)
<ノミネート作品>
・『her/世界でひとつの彼女』 スパイク・ジョーンズ
・『アメリカン・ハッスル』 エリック・ウォーレン・シンガー、デイヴィッド・O・ラッセル
・『ブルージャスミン』 ウディ・アレン
・『ダラス・バイヤーズクラブ』 クレイグ・ボーテン、メリッサ・ウォラック
・『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』 ボブ・ネルソン
公式Facebook:https://www.facebook.com/her.spikejonze
公式Twitter:@her_spikejonze
『her/世界でひとつの彼女』
6月28日(土) 新宿ピカデリーほか全国ロードショ―
Photo courtesy of Warner Bros. Pictures
→『her/世界でひとつの彼女』の記事を探す