MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ジョニー・デップ最新作『トランセンデンス』3本の特別映像公開!

『インセプション』『ダークナイト』監督×ジョニー・デップが仕掛ける“超越”世界
『トランセンデンス』特別映像解禁!

transcendence2.jpg


クリストファー・ノーラン製作総指揮の下、ジョニー・デップ他豪華キャストで織りなす2014年最注目の近未来SF超大作『トランセンデンス』(6月28日(土)公開)。
全ての情報がコンピューター化された現代に起こりうる壮大なる想像世界。SF界に一石を投じる超大作を世に送り出すため、圧倒的映像世界でアカデミー賞4部門を受賞した『インセプション』、映画史に金字塔を打ち立てた『ダークナイト』シリーズのキャスト、スタッフが再集結。常識を“超越”し、誰も観たことのない世界を描き出します。
この度、3本の特別映像が解禁となりました。
●進化か? 破滅か? “トランセンデンス”を読み解く3つの特別映像が同時解禁!!
今回解禁された特別映像は、ウォーリー・フィスターが本編とは別に新たに監督し作成した「Transcendence」、「R.I.F.T.」、「Singularity」の3本。「トランセンデンス」本編の登場人物それぞれの立場から、人工知能の可能性や、人類の進化について語っている。本作の世界観を表現したのか、何かを読み解くヒントなのか、問題を投げかけ謎を残した仕上がりとなっている。
「Transcendence」:ジョニー・デップ演じる科学者ウィル・キャスターは、「自我を持ったスーパーコンピューターがオンラインに繋がれば、人類の限界を超えて進化する人工知能となる。」と語り、それが人間社会の持つ知性を一瞬にして超えてしまう現象を“トランセンデンス”と呼ぶ。最後に浮かぶウィルの姿が、近未来の世界での予測不能な展開を暗示しているかのようだ。

「R.I.F.T.」:自我のある人工知能の開発は「人類最大の脅威であり、人類に破滅をもたらす」と語るのは反テクノロジーの過激組織“R.I.F.T.” (Revolutionary Independence From Technology)の主要メンバー、ブリー(ケイト・マーラ)。ウィルをはじめとする科学者の研究を阻止し、人類を救う革命を起こすと宣戦布告する。
「我々は“リフト”これは始まりに過ぎない」

「Singularity」(特異点):人間の次の進化が人間でなかったら? それは永遠の命への鍵となるのか、それとも破滅への道となるのか? 人類が得てきた知識、生み出した成果、それらを成し遂げてきた人々を映し出しながら問いかける映像となっている。比較的ニュートラルに冷静に語るのは、ウィルの恩師であり科学者のジョセフを演じるモーガン・フリーマン。
場面写真は、スピーチをするウィル。この後、“R.I.F.T.”の凶弾に倒れることに。
配給:ポニーキャニオン/松竹共同配給

『トランセンデンス』
6月28日(土)全国超拡大公開
(C)2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
→『トランセンデンス』の記事を探す
→ジョニー・デップの記事を探す