MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

カルーセル麻紀さん、やしきたかじん氏、淡路恵子さんとの思い出を語る

映画『アイム・ソー・エキサイテッド!』
「元祖おネエタレント」カルーセル麻紀さん
驚愕! 機内体験を激白でソー・エキサイト!?
「人生、目標を持って楽しむこと!」
やしきたかじん氏、淡路恵子さんとの思い出を語る。

imsoexcited6.jpg


『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥ・ハー』のペドロ・アルモドバル監督最新作 映画『アイム・ソー・エキサイテッド!』がいよいよ1月25日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開されます。
この度、本作の公開に先駆けまして、「元祖おネエタレント」カルーセル麻紀さんをゲストに迎えたトークショー付き試写会を実施しました。
機体トラブルで空中旋回を続ける旅客機の中で、乗客が自分の正体を次々と明かしていく本作の内容にちなみ、自身に起こった驚愕の機内体験を激白!
映画鑑賞前の場内は大いに盛り上がりました。
●『アイム・ソー・エキサイテッド!』カルーセル麻紀トークショー付き試写会イベント
日時:1月21日(木)
登壇者:カルーセル麻紀
場所:セルバンテス文化センター東京
MC:ご衣裳がステキですね!
カルーセル:普段はパンツスタイルばっかりなんですが……
映画を観て、キャビンアテンダント風の衣装を着てみました。
MC:映画はいかがでしたか?
カルーセル:自宅でベッドで観ていて、笑って転がりおちましたね。
一人で観てこれだけ笑ったので、恋人と観たらうんと笑えると思います。
MC:カルーセルさんは海外によく行かれますが、似たような経験はありますか?
カルーセル:私は夏は必ずフランスパリに行って、パリに入ってから、バカンスどこに行こうかと考えるんです。女友達とイタリアに行った際にミラノからベネチア行の飛行機に乗りました。ファーストクラスの席について、3分もしないうちにパーサーが席まできて、パイロットがコックピットに来ないかと言っていると。
せっかくだからと女友達に説得されてコックピットに行ったら、シャンパンを振る舞われ、機長も副機長も離陸前に飲んでるんですよ!
そしてそのままベネチアへ向けて離陸して、『この飛行機大丈夫かしら?』と心配になりましたね。無事ベネチアに着いた後おも副機長がホテルに来て、飲みに行ったりしたり。楽しかったですね。
MC:凄いですね! 今ではなく、少し前の話ですよね?
カルーセル:私も若くて50歳ぐらいでしたから(笑) 20年くらい前ですね。
でもヨーロッパの飛行機は日本の飛行機に比べて本当にしっちゃかめっちゃかですね。
イギリスの航空会社ではファーストクラスでもフォークとナイフ落としても、拾ってそのままのせますからね。

imsoexcited7.jpg

MC:この映画はスペイン映画ですが、スペインにはいかれたことはありますか?
カルーセル:闘牛がみたくて、マドリードに行ったり。最近はマラガによく行きます。
映画に出てくるようないい男はいなかったですね(笑)ちなみに飛行機の中で楽しむ方法は、CAと仲良くなるんです。昔はファーストなんて乗れなかったんですが、CAと仲良くなって、エコノミーからファーストに案内してもらって、シャンパンを飲んで、ファーストの食事を食べ、着陸前にエコノミーにまた戻るっていうね。
MC:やはりお人柄もあって、芸能界でも色々な方とカルーセルさんは交流がありますね。
カルーセル:たかじんは売れる前、桂文珍と私がやっているラジオにいつもリクエストの葉書をくれていたんですが名前がちゃんと読めなかったんです。“やしきた・かじん”?なのか“やし・きたじん”なのか……。どこできればいいのと。
あるとき京都の飲み屋で飲む機会があり、たかじんから「いつも読んでくださってありがとうございます」と、とっても気が合って祇園を飲み歩いたりして「おもしろいやつだなー」と。その頃レギュラーもいっぱい持っていたのでよく来てもらっていました。私が勝手に「やしきたかじんの顔と名前が一致する会」の会長になったり。
そうこうしているうちにテレビ大阪で、ふたりの番組が始まって、生放送で飲んで食べて裸になってという番組で(笑) いつも酔っぱらって暴れていましたね。良い時代でした。夏はパリに行っていないので、たかじんに全部任せて、パリから生放送のときに電話に出たりしていました。本当に長いお付き合いで……。
彼の番組にもよく呼んでもらっていましたが、あんなの今は放送できないよね(笑)
で、私が番組が少なくなってきたら、彼が自分の番組にすでにゲストが決まっているのに全部の番組に呼んでくれたり……情に厚い人でした。
MC:本日お通夜が営まれていますが、淡路恵子さんとも長いおつきあいだったんですよね?
カルーセル:淡路さんとは長かったですね。10代20代の憧れの方でしたね。
亡くなるまでタバコ手放しませんでしたね。顔の皺も「これがあるから仕事が来るのよ」って整形を勧められてもしなかったですね。あんなにお美しかった方がそうやって老いていくことに対して潔くて。
かっこよかったです。さびしいですね。そういえばあるパーティーで淡路さんと他のある女優さんと3人で喫煙所でたばこ吸っていたら、デヴィ夫人がきて、慌てて会場に戻ったというこということがありましたけど……今朝起きて、デヴィさん大変ですね。TV見てびっくりしました。でも本当にあの人はまっすぐな人なんですよ。
一緒にパーティに出て、気が付くとシャンパンぶっかけてけんかしてるんですよ(笑) 政治問題とかで。
普通に遊んでいてもそうですから……でもグー(パンチ)でなぐったのではなくて良かったですね。よっぽど腹が立ったのだと思うのですが、手を出しちゃいけませんね(笑)
MC:さて、最後にカルーセルさんの人生を楽しむ秘訣ってなんですか?
カルーセル:若い時から目標をもっているんです。もう71ですけど、30のときから「夏はパリに行こう」と。年齢的にもそろそろ終い仕度しなければいけないのですが……体が元気なうちに色々なところに行きたいですね。観光は嫌いなので、その場でだらっとしてるんですね。本を読んだり、クラブに行って飲み明かしたり。
あとはひと夏の恋とたまに相手の男に会ったりして、町で声を掛けられて「何でこの外人私のこと知っているんだ?」と思ってよく観たら昔関係のあった男だったり。日本人は若く見えるから、ヨーロッパの若い男の子に声をかけられて35歳サバを読んだり(笑) 日本の女性はヨーロッパでモテるんです。日本人は向こうで本当にもてますよ。

監督・脚本:ペドロ・アルモドバル
出演:カルロス・アレセス、ハビエル・カマラ、ラウル・アレバロ、ロラ・ドゥエニャス、セシリア・ロス、ブランカ・スアレス
2013年/5.1ch/ビスタ/スペイン/90分
配給:ショウゲート
公式FB:www.facebook.com/excitedmovie
公式twitter:@excitedmovie
『アイム・ソー・エキサイテッド!』
1月25日(土)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町他全国公開!
(C)EL DESEO D.A.S.L.U M-39978-2012
→『アイム・ソー・エキサイテッド!』の記事を探す