MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ザ・イースト』スカルスガルド世界で最もハンサムな顔ベスト100第2位

映画『ザ・イースト』
アレキサンダー・スカルスガルド
「世界で最もハンサムな顔100人」でTOP3入り!
FOXサーチライト創立20周年プロジェクト第2弾作品として、1月31日(金)より公開となります、映画『ザ・イースト』。この度、米映画情報サイトTC Candlerが発表した「世界で最もハンサムな顔100人」において、本作に出演している俳優、アレキサンダー・スカルスガルドが第2位に選出されました。

theeast3.jpg


本作は、『アナザープラネット』で注目を浴びたブリット・マーリングが再び主演・脚本・製作を兼ね、TVシリーズ「トゥルーブラッド」で熱狂的な人気を獲得したアレキサンダー・スカルスガルド、『JUNO/ジュノ』『インセプション』のエレン・ペイジといった、ハリウッド次世代を担う若い才能が集結した衝撃作。
環境テロリスト集団に潜入した女性捜査官の葛藤を描く、スーパー・リアル・フィクションです。
これまでTC Candlerは、先日女優のマリオン・コティヤールが1位に選ばれた「世界で最も美しい顔100人」の女性ランキングを発表しておりましたが、数多くのリクエストを受けて、今回初めて男性版トップ100を発表しました。
ブラッド・ピットやジョージ・クルーニーらを抑えて第2位に選ばれたスカルスガルドは、「目には目を」の過激な報復活動を行う環境テロリスト集団“イースト”のリーダー、ベンジーを演じており、主人公の女性捜査官も引き込まれるカリスマと男性としての魅力を余すところなく見せています。

theeast4.jpg

先日LA TIMES紙が選ぶ「最も過小評価された映画」にも選ばれた本作ですが、スカルスガルドが本作への参加を決めたのは脚本の素晴らしさからだったと言い、「とてもよくできた台本だったし、奥行きのあるリアルなキャラクターだった。僕は特に、ベンジーに興味をひかれた。彼の経歴やどういう経緯で今の立場にいるかといったことだ。ベンジーは、目標を達成するためには多少やりすぎても構わないと思っている。彼にとって、この行為は革命だ。この作品には見解はあるけど、説教じみたところはない。それに、おもしろい疑問も投げかけてくる。この連中はどういう人なのか? 彼らの行為は正しいのか、間違っているか?問題は、道徳的にどこに線を引けばいいか、ということなんだ。」と語っています。
今年さらなるブレイクが予想されるアレキサンダー・スカルスガルドが迫真の演技を魅せる『ザ・イースト』にぜひご注目ください!

theeast5.jpg

●TC Candler「世界で最もハンサムな顔100人」
1位 マイケル・ファスベンダー
2位 アレキサンダー・スカルスガルド
3位 ライアン・ゴズリング
4位 イドリス・エルバ
5位 スティーブン・アメル
6位 ヘンリー・カビル
7位 シウォン
8位 ブラッド・ピット
9位 ディエゴ・ボネータ
10位 ジョージ・クルーニー

監督・脚本:ザル・バトマングリ
脚本:ザル・バトマングリ/ブリット・マーリング
出演:ブリット・マーリング、アレキサンダー・スカルスガルド、エレン・ペイジ、ジュリア・オーモンド、パトリシア・クラークソン
配給:20世紀フォックス映画
提供:FOXサーチライト・ピクチャーズ
『ザ・イースト』
2014年1月31日(金)TOHOシネマズシャンテ/新宿シネマカリテほか、全国ロードショー
(C)2013 TWENTIETH CENTURY FOX
→『ザ・イースト』の記事を探す