MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

セックスとは? 愛とは? 結婚とは? 映画に見る、女の本音

渋谷アップリンク、新宿K’s cinema ほか全国順次公開中の映画『パリ、ただよう花』。
パリ、北京ふたつの都市で居場所を求めてさまよう女を描き、大きな反響を呼んでいる本作の公開記念イベントが、1月13日(月・祝)、15日(水)の二日間にわたり開催されました。
テーマはズバリ「女の本音」!! 著書『女子をこじらせて』や『ずっと独身でいるつもり?』で全国の女子に勇気を与え続けている雨宮まみさん、WEBサイトmessyなどで執筆しているgojoさんとQUOTATION MAGAZINE WEBで映画レビューを執筆しているUMMMI.さんなど、3名の女子ライターによる赤裸々なトークイベントとなりました。

pari-tadayou2.jpg


●【第一夜】ゲスト:雨宮まみさん 1月13日(月・祝)@アップリンクX
この世に愛は存在しないのか?!
「それを断言しちゃったら不幸な女確定じゃないですか!」(雨宮まみ)
第一夜のゲストは、昨年の流行語大賞に「こじらせ女子」がノミネートされたことでも話題の『女子をこじらせて』の著者、雨宮まみさん。

pari-tadayou4.jpg

主人公、花(ホア)の恋愛に対して雨宮さんは「トキメキや盛り上がる恋愛と日常や平和な幸せが両立出来ればいいけど、実際できない人も多い。“心の平和を手に入れるには、どこかで諦めなければいけない”ってことに世の中なっていますよね。“何も刺激はないけれど、これが幸せ”という。ホアはこれが幸せだということを信じることができないからこういう生活を続けるしかないんですよね。元彼に求婚された時も、普通だったらそこでハッピーエンドになるのかもしれないけど、ホアには、絶望感というか、“ああ、ここで私の人生が終わる”みたいな感じしかしなくて…“愛”と“安定”が彼女の中では別物なんでしょうね」と語った。
また「愛は心についた傷のようなもので、時がたてば傷は消える。つまり愛なんて存在しないこと」というロウ・イエ監督の意見を受けて雨宮さんは「ホアたちは傷付け合うごっこをしていて、それが愛だと盛り上がるゲームをしているだけ。例えば愛とかセックスの盛り上がりってその瞬間にしかなくて、持続することがない。ただそれを断言しちゃうと、もう不幸な女確定じゃないですか!(笑) それでは幸せになれないよねと思われても仕方ない。でも、うすうす気づいてしまっている部分もあるんですよね。ただそれを信じたくないし、できればそうでない幸せがどっかにあってほしいと思っているけど」と発言。会場のみなさまからも質問が飛び交い、「愛」と「幸せ」についての深いトークが繰り広げられました!
●【第二夜】ゲスト:gojoさん、UMMMI.さん
聞き手:浅井隆(アップリンク社長)1月15日(水)@アップリンクX
「主人公・花(ホア)に共感できる?!」女子ライター2 人が花(ホア)の行動と心理を解説!
第二夜のゲストは、WEBサイトmessyや自身のサイト「gojo」にて映画日記を執筆しているライターのgojoさんとQUOTATION MAGAZINE WEBで映画レビューを執筆し、映像作家でもあるUMMMI.さんの女子ライター2人。

pari-tadayou5.jpg

主人公・ホアに共感できるか?との問いにUMMMI.さんは、「ロウ・イエ監督の作品はいつもそうですが、ホアもずっと何かを探している。でも、求めるものが見つかるまで何年間も誰ともセックスしないのは不可能じゃないですか。モラルとかじゃなく、いつか100%の人が現れた時、こんなことしてちゃダメだ!という意識が働くから共感はできないけど、自分のもう一つの人生として花を愛する事が出来る」と発言。
gojoさんは「花がマチューに出会い、半ば暴力的で強引なセックスを強要されて、その後普通に付き合うなんて理解出来ないけど、それでもそれがいけないとか間違っているという事をこの映画は全く言ってない。それがすごいと思う」と述べた。ほか「ホアの行動はアバンチュールか?」「結婚(安定)は退屈か?」など会場からはたくさんの感想・意見が飛び交うなど終始アットホームな雰囲気でのイベントとなりました。

公式facebook:https://www.facebook.com/HANAmovieJP
TWITTER:@HANAmovieJP
『パリ、ただよう花』
2013年12月21日(土)より、渋谷アップリンク、新宿K’sシネマにて公開
→『パリ、ただよう花』の記事を探す