MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『アイドル・イズ・デッド-ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-』初日挨拶

映画『アイドル・イズ・デッド -ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-』
立ち見も満席! 札止め完売、大盛り上がりの初日舞台挨拶
スポッテッドプロダクションズ配給にて1月11日(土)より公開となりました話題の映画『アイドル・イズ・デッド -ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-』にて公開初日に舞台挨拶を実施しました。
BiS(プー・ルイ、ヒラノノゾミ)、三浦透子、柳英里紗、金子沙織、國武綾、大島葉子、三輪ひとみ、水澤紳吾、加藤行宏監督と総勢10名のキャスト・スタッフが勢ぞろいし大盛り上がりとなりました。
舞台挨拶を行ったテアトル新宿では立ち見席もあわせて250枚のチケットが完売札止めとなる盛況振りをみせ今後の興行も大いに期待できる滑り出しを見せました。

idolisdead2-6.jpg


●アイドル・イズ・デッド-ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-』初日舞台挨拶
実施日:1月11日(土)
会場:テアトル新宿
登壇者:BiS(プー・ルイ、ヒラノノゾミ)、三浦透子、柳英里紗、金子沙織、國武綾、大島葉子、三輪ひとみ、水澤紳吾、加藤行宏監督
・登壇者コメント
ヒラノノゾミ:感慨深いです。無事初日を迎えられると思っていなかったので、良かったです(笑)!
(ここで、プールイが 「PART1の悪夢がありますからね」=PART1は初日にトラブルが起きました)
1を観ていなくても、BiSを知らなくても楽しめると思うので、このパラレルワールドさを楽しんでいただけたらと思います!
プー・ルイ:プー・ルイ本人役でした。劇中でも普段と変わらない風に作っていただいているのに、演技が棒読み過ぎると監督にずっと言われながらもがんばりました。
加藤監督:撮影したときは4人いたBiSですが、壇上にいま上がっているのは2人で……
(=他2人テラシマユフ、ミチバヤシリオは脱退)。
PART1の時BiSを知れて、続編である本作のほうが、あてがきもしやすく、やりやすかったです。ノンちゃんを主演に選んだのはポテンシャルを感じたのと、PART1の演技が評判よかったので。
初日を迎えられ、感無量です。プロットを作りはじめてから公開まで1年半かかりました。ラストのライブシーンにすべてをかけて、実際のBiSのライブを、部分的にでも超えられないか?
という意気込みでつくりました。自信はあるので、皆さんラストまで見届けてください。
(ルイ「2で終わるんですか?」という質問に、)
監督:本作に、お客さんがいっぱいきてくだされば「PART3」は、ありえます。

idolisdead2-3.jpg

柳英里紗:1を観て作品とBiSちゃんのファンになったので、2で呼んでいただけてとてもうれしかったです。
アイドル役も、悪役も、今まで演じたことの無い役柄だったので、色々と考えて演じました。
三浦透子:脚本をいただいたとき監督から、理解しなくていいから思いっきりやって欲しいといわれたので、全力でやりました!
金子沙織:私も前作を見ていて、BiSちゃんとは別の形で共演したことはあったけれど、今回映画でご一緒できてうれしいです。アクション、そしてこうした非現実的な作品をやらせていただいたことがなかったので、全力でやりました。
國武綾:謎の役なので、上映前には、あまり話せませんが、出演も急遽決まって、過酷でした! 拉致されて、気がついたらスエットを着ていて、深谷にいくことになり、踊りを踊っていて……予想していなかったことが次々起きた楽しい現場でした。
大島葉子:元アイドルの役ということで、ノンちゃんとの絡みとか、ものすごいアクションシーンもあります。
歌も踊りもよくて、ライブシーン凄い良かったですね。初モッシュがしんどかったですけど(笑)。
三輪ひとみ:結構激しい役でしたが、楽しくやらせていただきました。
現場では若い子たちが楽しそうにワイワイしている姿が、娘みたいで微笑ましく見ていました。
水澤紳吾:BiSファンの皆様、明けましておめでとうございます。
そして、公開おめでとうございます。1も過酷でしたが、あの時、撮影現場のトイレをプー・ルイが洋式便所だって喜んでいたのが印象的です!
(ここで加藤監督が、それ、たぶんユフちゃんですよ。と突っ込むとプー・ルイが「そこ一番間違えちゃダメ!!」と追い討ちをかけ、場内爆笑)。
とりあえず、スクリーンから目を離さず観てください!

『アイドル・イズ・デッド-ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-』
2014年1月11日(土)~1月24日(金)テアトル新宿ほか全国順次レイトショー!
(C)2014『IID2』製作委員会
→『アイドル・イズ・デッド』の記事を探す