MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

レオナルド・ディカプリオ、ゴールデン・グローブ賞主演男優賞受賞!

アカデミー賞前哨戦 第71回 ゴールデン・グローブ賞発表!
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』最優秀主演男優賞 受賞!
レオナルド・ディカプリオ(ミュージカル・コメディ部門)
1月12日(米ロサンゼルス/現地時間)、アカデミー賞の最大の前哨戦となる第71回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が行われた。レオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督が5度目のタッグを組む『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(1月31日(金)公開/パラマウント配給)で主役を演じるレオナルド・ディカプリオが最優秀主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞!

wolfofwallstreet2.jpg


名前を読み上げられると、ディカプリオは母親にキスし、同じテーブルのスコセッシ監督や共演者に両手の親指を上に向けてやったぜのポーズ。受賞スピーチでは、「信じられないくらい光栄です。まさか“コメディ”部門で主演男優賞を受賞するとは思ってもみませんでした。」と話し、スコセッシ監督や本作のフィルムメイカー、共演者、家族、友人らに心のこもった感謝をとびきりの笑顔で話しました。
ディカプリオがゴールデン・グローブ賞を受賞するのは、スコセッシ監督とタッグを組んだ『アビエイター』(2005)で主演男優賞(ドラマ部門)を受賞して以来2度目。金儲け、美女、どんちゃん騒ぎが大好きな実在のキャラクターを演じ、海外メディアでは、ディカプリオの本作での演技が「キャリア史上最高の演技!」と大絶賛されているように、ディカプリオは本年度の賞レースに数々ノミネートされている。
アカデミー賞の最大の前哨戦と言われるゴールデン・グローブ賞の受賞にはずみをつけて、ディカプリオはまだ1度も手にしたことのないオスカーの受賞に王手がかかった!
●貯金ゼロから年収49億円! 欲をカネに換えた男の実話に基づく
ダイナミックな成功とセンセーショナルな破滅を描く、仰天人生エンタテインメント!
貯金ゼロから26歳で証券会社を設立、年収49億円(4900万ドル)を稼ぎ出し、誰も思いつかないアイディアと一瞬にして心をつかむ話術で成功。常識を超えた金遣いで世間の度肝を抜き、ダイナミックな成功と同じくらいセンセーショナルな破滅をたどった男、<ウォール街のウルフ>と呼ばれたジョーダン・ベルフォートの実話。
原題:The Wolf of Wall Street
全米公開:12月25日
監督:マーティン・スコセッシ
製作:マーティン・スコセッシ、レオナルド・ディカプリオ
原作:ジョーダン・ベルフォート著「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マシュー・マコノヒー、マーゴット・ロビー、ジャン・デュジャルダン、ロブ・ライナー
配給・宣伝:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
1月31日(金)全国ロードショー!
(C)2013 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
→『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の記事を探す
→ディカプリオの記事を探す
→スコセッシの記事を探す