MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『her/世界でひとつの彼女』ゴールデン・グローブ賞 脚本賞受賞!

誰も観たことのない、ラブストーリー。
映画で誰も感じたことのない愛おしさ、切なさ。
『her/世界でひとつの彼女』
第71回ゴールデン・グローブ賞 脚本賞受賞!
スパイク・ジョーンズ監督4年ぶりの長編最新作、映画『her/世界でひとつの彼女』は6月28日(土)新宿ピカデリー他で全国ロードショーとなります。出演にホアキン・フェニックス、エイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、そして主人公を魅了しときに翻弄する人工知能型OSシステム“サマンサ”にスカーレット・ヨハンソン。誰も感じたことのない愛おしさ、切なさがぎゅっと詰まったラブストーリーです。

her.jpg


本日1月13日(日本時間)に、アカデミー賞前哨戦となる第71回ゴールデン・グローブ賞受賞結果が発表され、本作が脚本賞を受賞いたしました! なお、本作はミュージカル・コメディ部門作品賞、脚本賞(スパイク・ジョーンズ)、ミュージカル・コメディ部門主演男優賞(ホアキン・フェニックス)の3部門にノミネートされておりました。
●脚本賞受賞を受けて、壇上でのスパイク・ジョーンズ(脚本・監督) スピーチ
私はスピーチが苦手で……英語を話すのが苦手なんですが英語しか話せないのでみなさん耐えてください。
プロデューサーのミーガン・エリソンに感謝します。素晴らしいノミニーの脚本家のみなさんが揃っていますが、特にデヴィッド・O・ラッセルさんは友人でここはカットした方が良い、などいろいろな助言をくれました。
ナタリー・ファレーさんは、そこにいる白いドレスの方ですが、製作総指揮としてこのプロジェクトを3年前から最初からサポートしてくれました。ワーナー・ブラザーズにも感謝しています。
(終了の合図があり)ちょっと待って、まだ始まったばかりなのに!(会場笑) エージェントのブライアン、今みたいに不安になったときにいつも賢い助言をくれてありがとう。キャストとクルーの皆さんに感謝します。特にエイミー(・アダムス)、ここにはいないけどスカーレット(・ヨハンソン)とホアキン(・フェニックス)がこのラブストーリーを成功に導いてくれました。ありがとう。
監督&脚本:スパイク・ジョーンズ
出演:ホアキン・フェニックス、エイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、オリヴィア・ワイルド、スカーレット・ヨハンソン
公式Facebook:https://www.facebook.com/her.spikejonze
公式Twitter:@her_spikejonze
『her/世界でひとつの彼女』
6月28日(土) 新宿ピカデリーほか全国ロードショ―
Photo courtesy of Warner Bros. Pictures
→『her/世界でひとつの彼女』の記事を探す