MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

忘れてはいけないことがある『ジョバンニの島』予告編3本解禁

私たちには、忘れてはいけないことがある──
知っていますか?
ある日突然、故郷を奪われた人々がいることを──。
子どもたちの涙、大人たちの叫び、二度と帰れない悲しみ。
心揺さぶる実話をもとにした感動の物語
『ジョバンニの島』

giovanninosima1.jpg


私たちのこの国で、そんな衝撃的な出来事が実際に起きたのは、第2次世界大戦終結直後のことでした。北方四島のひとつ色丹島にソ連軍が進駐し、島民から自由と平和を奪ったのです。どんなに時代が変わっても決して忘れてはならないことを、今を生きる大人たち、そして未来を生きる子どもたちに伝えたい──そんな想いから、日本音楽事業者協会創立50周年の節目に、アニメーション映画『ジョバンニの島』が生まれました。
1945年、自然豊かな色丹島。
父や祖父と楽しく暮らす、10歳の純平と7歳になる弟の寛太。
しかし──敗戦と共に穏やかな日々は終わりを告げる。
ソ連軍が島を占拠し、島の人々の住み家は奪われる。
それでも次第に心を開き合う、両国の子どもたち。
そして純平は、あるロシア人少女・ターニャに淡い恋心を抱く。
だが、島の防衛隊長である父はシベリアの収容所に送られ、兄弟は極寒の地、樺太へ──。
寒さと飢えに苦しみながらも、兄弟は父との再会を想い続ける。

豪華キャストと日本アニメーション界屈指の実力派スタッフで描かれる活き活きとした、豊かなアニメーション。
原作・脚本は、「北の国から」の演出で知られる杉田成道。過酷な運命に翻弄されながらも誇り高く生きる人々を、市村正親、仲間由紀恵、柳原可奈子、ユースケ・サンタマリア、犬塚弘、八千草薫、仲代達矢、北島三郎ら、豪華キャストが演じます。アニメーション制作は、国内外で高い評価を得るProduction I.G、監督は、堅実かつ大胆な演出で知られる西久保瑞穂。
日本では数少ない国境と民族のこの物語は、構想に5年の歳月がかけられ、幾度もの樺太への取材をもとに、リアルかつダイナミックに映像化されました。本作で語られる、悲しい運命も心温まるエピソードも、その多くは本当にあったことなのです。

●物語
1945年春。北方四島のひとつ、色丹島。戦時中ということを感じさせない、美しく穏やかな島だ。ここに、防衛隊長を務める父の辰夫、漁師である祖父の源三とともに、健やかに暮らす10歳の兄・純平と7歳の弟・寛太がいた。2人の名は、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のジョバンニとカンパネルラから名付けられた。亡き母が大好きだった物語で、父はいつも二人に朗読させていた。しかし、そんな日々は、8月15日の終戦によって、大きな変化を迎える。
砲声を鳴り響かせながらあらわれたソ連の戦艦。島に上陸する大勢の兵士たち。島民の財産は容赦なく奪い取られ、重要な産業である漁も禁止に。ソ連の人々によって住居を奪われた島民たちは厩舎などに追いやられ、学校では日本とソ連の子供たちの教室が並ぶという事態に。しかし、大人たちの事情とは関係なく、子供達は自然と心を通わせていく。

giovanninosima2.jpg

そのソ連の子供達の中に、ターニャという名の、まるで西洋人形のように美しい少女がいた。純平と寛太は、ささやかなきっかけで彼女と知り合い、親交を深めていくのだった。
そんなある日のこと。いつものように連れ立って遊んでいた3人は、山の奥の洞窟に隠された日本軍の膨大な物資を、辰夫が密かに運び出している場面を目撃してしまう。それがきっかけとなり、辰夫はソ連兵に連行され、シベリアの収容所へと送られてしまう。
ターニャの父親がソ連軍の将校であると知った純平は、彼女の密告が父を奪い去った原因だと責めたてる。また、残された一家にも日本本土への強制帰還命令が下る。それを受けて源三はひとり、漁師としての生き様をまっとうしようと海へ漕ぎ出し、純平と寛太は本土への中継地である樺太へと運ばれるのだった。
貨物船による旅路は極めて過酷で、また、樺太に到着してからの生活も、寒さと餓えに耐えなければならない、辛く苦しいものだった。純平も寛太も弱りきり、もはや限界を迎えるのは時間の問題。そこに叔父の英夫によって、辰夫の居場所が判明する。
「お父さんのところへ行く。ぜったい行く」
切実な想いに突き動かされ、兄弟は収容所を抜け出すことを決意するのだった。
2人の行く末は、果たして――。

giovanninosima3.jpg

●キャスト
市村正親
仲間由紀恵
柳原可奈子
ユースケ・サンタマリア
横山幸汰
谷合純矢
ポリーナ・イリュシェンコ
北島三郎
犬塚弘
八千草薫
仲代達矢
●スタッフ
原作・脚本:杉田成道
脚本:櫻井圭記
脚本協力:池端俊策
音楽(メインテーマ):さだまさし
キャラクター原案:福島敦子
キャラクター設定・作画監督:伊東伸高
色彩設計:遊佐久美子
車輌設定:荒川眞嗣
美術設定:岩熊茜
小物設定:海島千本
総美術監督:サンティアゴ・モンティエル
美術監督:林孝輔、稲葉邦彦
CG監督:井野元英二
撮影監督:中田裕美子
ビジュアルエフェクト:江面久、齋藤瑛
編集:植松淳一
演出:橘正紀
監督:西久保瑞穂
企画・製作:一般社団法人日本音楽事業者協会
アニメーション制作:株式会社プロダクション・アイジー
製作協力:日本映画衛星放送株式会社、株式会社FILM
配給:ワーナー・ブラザース映画

『ジョバンニの島』
2014年2月22日全国ロードショー
(C)JAME
→『ジョバンニの島』の記事を探す
→アニメニュースはこちら