MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

人はどんな時に“性愛”スイッチが入るのか?映画に学ぶ恋愛テクニック

「主人公の目配せテクニックを観て、女子は恋愛テクニックを学んでください」
クリスマス・イヴ前夜、“映画『パリ、ただよう花』で学ぶ恋愛テクニック”指南!!
「本作はどんな時に人に“性愛”スイッチが入るのかを教えてくれる絶交のテキストです」
『パリ、ただよう花』公開記念トークイベント・レポート
12月21日(土)より公開された映画『パリ、ただよう花』。本作が問いかけるのは“愛”と“セックス”の問題。クリスマス・イヴ前夜の12月23日(月)、本作の公開を記念してゲストに湯山玲子氏(著述家)と宮台真司氏(社会学者)が公開記念トークイベントに登壇。当日参加した約70名の参加者とともに、本作から学べる「恋愛テクニック」が語られた。

pari-tadayou2.jpg


湯山氏は「主人公 花が最初に男に抱かれるシーンがあるけれど、あのシーンは女子が使える恋愛テクニックが潜んでいるんです。一見すると男が暴力的に強引に襲っているように見えるけれど、実は主人公の花は、目配せで“YES”と言っている。あの女優さん、元々そういう女性なのか、監督の演出なのか分からないけど、これは女子が使えるテクニックですよ。皆さんじっくりそのシーンを研究された方が良いと思います」と本作に潜んだ恋愛テクニックを紹介した。
一方、宮台氏は「この映画はオーソドックスな男は、どんな時に恋愛に積極的に乗り出すのかが分かるテキストになっていますよね。目配せもそうだし、例えば普段口数の多い女性が急に黙るというだけでも男にとっては十分なサインですよ。つまり普段とはモードを変えるってことですね。それって男の“性愛”スイッチを入れる絶好のアピールになります。女性がメタモルフォーゼする瞬間を見せるというのは男に効きますよ」と分析した。
また昨今の若い世代の恋愛事情についても触れ、湯山氏は、「昔は、彼氏と横浜にデートに行ったら、その夜はセックスしてもOKっていう暗黙の了解になっていたんですよね。けれど、最近の若い子の話を聞くと、終電逃したら彼氏と漫画喫茶に行って『進撃の巨人』を読んでいるって。それに彼女の家に行っても彼女は「嫌だ」と言ったら簡単に引き下がってしまうって。それじゃダメですよね。この映画に出てくる男もむき出しの暴力性をもっているけど、どこかでそういう男の暴力性みたいなものを女子も受け入れてあげないといけないのかもしれない。難しい問題ですけどね。だって男に言葉で“いまからしていい?”なんて言われても女子だってモード切り替わらないですよね」と語った。
これに対して宮台氏は、「それって男女両方の問題ですよね。僕は若い人には散歩を薦めるんですよ。さっきの“性愛”スイッチというのは、いわゆる変性意識状態=トランス状態に入ることを指すと思いますけど、その状態に入るには、助走が必要なわけです。その助走をするためには、訓練が必要で、例えば散歩をすることで、同じものを同じように体験できるというシンクロ状態をつくっていくことができるわけです」と語った。

pari-tadayou3.jpg

そして、再び恋愛テクニックについて触れ、宮台氏は「花はけっこう男にすぐセックスさせてしまうけど、女の子はすぐに男にセックスさせない方がいいです。そうやって障害を作ったほうが盛り上がります。男に“性愛”スイッチを入れさせないと男は迫ってこないですから、ここでテクニックが必要ですよね。たとえば今、冬でしょ。女の子がコートを脱ぐ瞬間って男はグッとくるんですよ。日常の中にいろんなシグナルが潜んでいるから、そこをうまく使って演出した方がいいですよ」と指南。
そのシグナルの例として湯山氏は、「本作の主人公 花の服装に注目して欲しいんですよ。彼女は、コーデュロイのジャケットを着ているんですけど、ジャケットの下は、けっこうなボディコンなんです。これは女子の皆さん使えるテクニックですよ」と女性ならではの本作から得られる恋愛テクニックを指南した。
「男と女」、互いに意識しながらも、なかなか踏み出せない一歩をどうしたら踏み出せるのか、本作を契機に様々な恋愛ヒントが披露された本イベント。会場は大きな笑いと拍手に包まれた。

●『パリ、ただよう花』
監督、脚本:ロウ・イエ
脚本:リウ・ジエ
撮影:ユー・リクウァイ
出演:コリーヌ・ヤン、タハール・ラヒム
配給・宣伝:アップリンク
(仏・中国/2010年/105分)
公式facebook:https://www.facebook.com/HANAmovieJP
TWITTER:@HANAmovieJP
『パリ、ただよう花』
渋谷アップリンク、新宿K’s CINEMA ほか全国順次公開中
→『パリ、ただよう花』の記事を探す