MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『鑑定士と顔のない依頼人』全国土日で計32回の満席の大ヒットスタート

メイン館TOHOシネマズ シャンテ土日全回満席!
全国土日で計32回の満席!! 大ヒットスタート
『鑑定士と顔のない依頼人』

kanteisito1.jpg


『ニュー・シネマ・パラダイス』はじめ数々の名作を世に送り出し、世界中から賞賛を浴び続けてきたトルナトーレ監督と音楽のモリコーネの二人が再びタッグを組み作り上げた、豪華で知的で刺激的な謎を散りばめた極上のミステリー『鑑定士と顔のない依頼人』が、先週金曜より、TOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館他にて公開を迎えました。
メイン館のTOHOシネマズシャンテでは、土曜日12時の時点で最終回まで満席完売に、さらに翌日も全回満席となりました。新宿武蔵野館でも土日で10回中6回が満席、さらに東京以外でも神奈川、千葉、大阪、京都、兵庫、名古屋など各地区で満席が続出し、全国的にも大ヒットスタートとなりました。
各地区客層は30代以上の女性を中心にミステリー映画ファンやミニシアターファンなどを集客しており、またシニア層も多く集客していることから、平日の動員も大きく期待できるスタートとなりました。
作品観賞後のSNSも大変盛り上がっており、「数々の伏線のパズルがラストにパチリとハマる気持ちよさに酔いしれました! これは素晴らしい!、」「素直に騙された!」、「もうラストため息しかでない。衝撃作。美しい絵画も見処」、「すべてが美しく緻密」など、絶賛の書き込みコメントやレビューが続々とあがっているのに加え、本作ならではとも言える「もう一度観て、違った視点で楽しみたい」、「改めて観なおして、伏線の回収をしたい」、「観た人たちと語りあいたい、そして観なおしたい」といった再鑑賞を望む声も多く挙がっています。
この声に応えるべく、一部を除く上映劇場では初日より“結末を知ったら、もう一度”という、2度目は1000円でご鑑賞いただけるリピーターキャンペーンの実施も行っています。
●『鑑定士と顔のない依頼人』成績速報(15スクリーン)
12月13日(金) 動員:2,365人/興収:2,879,700円
12月14日(土) 動員:5,541人/興収:5,931,200円
12月15日(日) 動員:4,238人/興収:5,380,300円
土日2日間計 動員:9,779人/興収:11,311,500円
3日間累計 動員:12,144人/興収:14,191,200円
(土日スクリーンアベレージ:754,100円)

『鑑定士と顔のない依頼人』
大ヒット上映中!
(C)2012 Paco Cinematografica srl.
→『鑑定士と顔のない依頼人』の記事を探す