MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『映画かいけつゾロリ』山寺宏一、水樹奈々が登壇初日舞台挨拶

1987年の第1巻刊行以来、25年以上もの間 子供たちに愛され続け、累計発行部数は3,500万部以上を誇る大ヒット児童図書「かいけつゾロリ」シリーズ。
昨年大ヒットとなった『映画かいけつゾロリ だ・だ・だ・だいぼうけん!』に続く長編映画最新作『映画かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご』が遂に12月14日(土)より全国公開となりました。
そしてこの度、本作の初日をむかえるにあたり、原作者原ゆたか先生と山寺宏一さん、水樹奈々さんほか豪華声優キャストが登壇する初日舞台挨拶を実施しました。
観客の皆様にもご協力いただき、一斉にイシシとノシシのおならマシーン(ブーブークッション)に座っていただくという演出も盛り込み、冬の寒さも吹き飛ばす大盛り上がりのイベントとなりました。

kaiketsuzorori2-8.jpg


●『映画かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご』初日舞台挨拶イベント
日時:12月14日(土)
登壇者:山寺宏一(ゾロリ役)、愛河里花子(イシシ役)、くまいもとこ(ノシシ役)、水樹奈々(ディナ役)、原ゆたか(原作者)、ゾロリ(着ぐるみ)
場所:品川プリンスシネマ SCREEN3
MC:1987年の誕生以来、ダントツの人気を誇る、ご存知「かいけつゾロリ」シリーズ。
12月14日(土)、冬休み全国ロードショー『映画かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご』は、日本屈指のカリスマ児童図書、待望の長編映画第二弾となります。
原作が持つとびっきりの楽しさ、軽さ、エンターテインメント性はそのままに、映画でしか表現できない大スケール感、ワクワク感が増量された、ハートウォーミング・アドベンチャー作品です。
それでは早速登壇者の皆様をお呼びしたいと思います。
映画の主人公のゾロリ!原作者の原ゆたかさん、ゾロリ声を演じる山寺宏一さん、イシシ役の愛河里花子さん、ノシシ役のくまいもとこさん、ディナ役の水樹奈々さんです。
それでは皆様にご挨拶と共に初日を迎えたお気持ちを伺っていきたいと思います。
原ゆたか先生:こんにちは、原ゆたかです。今日は大きいお友達も多いですが皆さんにじゅうぶん楽しんでいただける作品になっていますので、よろしくお願いします。
山寺宏一さん:おはようございます!子ども向けのコメントで「オナラ」、「オシッコ」、「ウンチ」とか言おうと思っていたのですが……今日はたくさんの方に集まっていただき、嬉しくてオナラが出そうで、オシッコはちょっと漏らしています!
って言っちゃいましたね。よろしくお願いします。
愛河里花子さん:ゾロリ先生待ってくだせー! オライシシだー!!
映画のたまごが今日孵ると思うとワクワクドキドキです!
くまいもとこさん:くまいもとこです。オラノシシだー! おにぎりが大好きだー!
今日は楽しんでいってください! 今でしょ!!
水樹奈々さん:皆さんこんにちは、ディナ役の水樹奈々です。
ゾロリにはテレビアニメの時に一度参加させていただきましたが、劇場版でまたゾロリと冒険が出来てとても嬉しいです。
ディナはかなり重要人物なので、注目してみてください。
ゾロリ:(山寺さんが声で)嬉しいぜ!! (観客からポーズのリクエストを受けて)ふなっしーじゃないんだ!

kaiketsuzorori2-9.jpg

MC:ありがとうございます。それではお一方ずつお話を伺っていきたいと思います。
原先生、今回劇場版第二弾ですがいかがですか?
原先生:新刊の「かいけつゾロリのまほうのランプ~ッ」が12日(木)に発売になったのですが映画がちゃんとスケジュール通りに進むか心配していたら、本の執筆がギリギリになっちゃいました(笑)。
ゾロリのどのお話も映画化したいくらいなのですが、お客さんが入ってくれないとシリーズが続かないので、近所の子どもたちに勧めてください(笑)。監督が原作を超えるような作品にしてくれたし、ヒロインも水樹さんにやっていただけて良かったです。
自分でもホロッと来て満足した出来なので、私がへたっぴな声優として出ているところにも注目してみてください(笑)。
MC:ありがとうございます。それでは山寺さん、本作でのゾロリの見せ場を教えてください。
山寺さん:冒頭から最後までゆたかゆたかドキドキです。あ、これ原先生だけにハラハラドキドキってことです。(登壇者から自分で言っちゃったよと突っ込まれる)
たまごを守るシーンはもちろんですが、やはりゾロリの恋の行方も注目ですね。
私のプライベートと同様、ゾロリは可愛いお嫁さんをゲットできるのでしょうか!
MC:ありがとうございます。では愛河さん、イシシの好きなところを教えてください。
愛河さん:はい、食べっぷりの豪快さ、そしてゾロリ先生を慕い、弟のノシシを守ろうとするひたむきさですね。
MC:ありがとうございます。ではくまいさん、ノシシの好きなところはどこでしょうか?
くまいさん:ひたむきさ……はあんまりないですかね(笑)。真面目にバカをやっているところでしょうか。
弟なのでちょっとかわしらしくなるように心がけています。

kaiketsuzorori2-1.jpg

MC:ありがとうございます。それでは水樹さんの思うディナとゾロリの魅力を教えていただけますか?
水樹さん:そうですね、ディナは謎が多く振り切ったキャラなので、どうなっているか映画で確かめていただければと思います。
ゾロリは熱くてまっすぐなだけじゃなくて、いたずらと可愛いこちゃんが好きだったりラフなところがあるので、放って置けない感じが魅力的だと思います(出演者たちから山ちゃんと一緒だと声があがり会場笑)。
ゾロリ先生みたいに遊び心をもって教えてくれると色々学びたくなって良いですよね。
MC:はい、ありがとうございます。それではお時間の都合でお二人のみにお伺いしたいのですが、タイトルの「まもるぜ!」にかけて来年2014年に守りたいこと、抱負などありましたらお教えください。
山寺さん:連続紅白出場です!あ、それは僕じゃなかった(笑)。
最近忘れ物が多くて、今日だって眼鏡のレンズを忘れてきちゃったし、皆さんにプレゼントしようと用意しておいた下仁田ネギも持ってくるのを忘れちゃったんですよ!
2014年は忘れ物をなくしたいです。
水樹さん:毎年のように言っているのですが、部屋の片付けをちゃんとしたいです。
お掃除ロボットを4年前に購入したのですが……まだ空けていなくて(登壇者・会場驚き)。
物が床にあるとお掃除ロボットがうまく動かないと思ったまま片付けられていないので、来年こそは綺麗にしようと思います。
MC:ありがとうございます。それでは最後に原先生より一言、これから映画をご覧になる方に向けてメッセージをいただきたいと思います。
原先生:はい、自分でも良くこれだけのハラハラドキドキを77分間に詰め込めたなと思っています。
サービス満点ですごく楽しい映画になっていますし、今回はパンフレットも凝っていて、子どもが楽しめる要素満載になっているので、こちらも観終わったら、ぜひ手にとって見て下さい。
●スタッフ・キャスト
原作:原ゆたか『かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご』(ポプラ社刊)
監督:岩崎知子
脚本:もりたけし
音楽:田中公平
声の出演:山寺宏一 愛河里花子 くまいもとこ 水樹奈々 他
アニメーション制作:サンライズ、亜細亜堂
配給:東京テアトル
公式Facebook:https://www.facebook.com/zorori.movie
公式Twitter:@zorori_movie
『映画かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご』
2013年12月14日(土)より全国ロードショー!
(C)2013 原ゆたか/ポプラ社,映画かいけつゾロリ製作委員会
→『かいけつゾロリ』の記事を探す
→アニメニュースはこちら