MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』ゴールデングローブ賞ノミネート

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
作品賞(ミュージカル・コメディ部門)/主演男優賞レオナルド・ディカプリオでノミネート!!
一肌脱いだディカプリオに史上最高傑作との声!
主演レオナルド・ディカプリオ × 監督マーティン・スコセッシ
映画史上最強のタッグに 早くもアカデミー賞最有力の声!

wolfofwallstreet2.jpg


12月12日(米ロサンゼルス/現地時間)、アカデミー賞の前哨戦となる第71回ゴールデン・グローブ賞のノミネートが発表された。レオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督が5度目のタッグを組む『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2014年1月31日(金)公開/パラマウント配給)は、作品賞(ミュージカル・コメディ部門)、主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)レオナルド・ディカプリオの2部門でノミネートされた。ゴールデン・グローブ賞受賞式は来年1月12日に開催される。
ディカプリオは10度目のノミネートとなり、ミュージカル・コメディ部門でのノミネートは初。全米公開前に行われたプレス試写で鑑賞したアメリカのメディアは、ディカプリオの本作での演技を「彼のキャリアの中で最高の演技!」と大絶賛。アカデミー賞前哨戦と呼ばれるゴールデン・グローブ賞で受賞するのは確実との期待が高まっている!
●現在までの賞レース状況(12月12日現在)
・サテライト賞:作品賞、監督賞マーティン・スコセッシ、主演男優賞レオナルド・ディカプリオ、脚色賞、編集賞 5部門ノミネート
・ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞:トップ10作品に選出、スポットライト賞(マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオのキャリア・コラボレーションに対して)、脚色賞 受賞
・ニューヨーク・オンライン映画批評家協会賞:トップ11作品 受賞
・アメリカ映画協会賞:トップ10作品 受賞
●『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
貯金ゼロから年収49億円! 欲をカネに換えた男の実話に基づく
ダイナミックな成功とセンセーショナルな破滅を描く、仰天人生エンタテインメント!
貯金ゼロから26歳で証券会社を設立、年収49億円(4,900万ドル)を稼ぎ出し、誰も思いつかないアイディアと一瞬にして心をつかむ話術で成功。常識を超えた金遣いで世間の度肝を抜き、ダイナミックな成功と同じくらいセンセーショナルな破滅をたどった男、<ウォール街のウルフ>と呼ばれたジョーダン・ベルフォートの実話。
原題:The Wolf of Wall Street
全米公開:12月25日
監督:マーティン・スコセッシ
製作:マーティン・スコセッシ、レオナルド・ディカプリオ
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マシュー・マコノヒー、マーゴット・ロビー、ジャン・デュジャルダン、ロブ・ライナー
配給・宣伝:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
2014年1月31日(金)全国ロードショー!
→『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の記事を探す
→ディカプリオの記事を探す
→スコセッシの記事を探す