MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ある過去の行方』邦題&2014年4月公開決定!

『別離』アスガー・ファルハディ監督最新作
本年度カンヌ国際映画祭主演女優賞ベレニス・ベジョ
本年度アカデミー賞外国語映画賞(イラン代表)最有力!
『THE PAST』(英題)タイトル&公開決定!
『ある過去の行方』

arukakonoyukue.jpg


前作『別離』で2011年度アカデミー賞外国語映画賞、ベルリン国際映画祭金熊賞をはじめ90冠以上の映画賞を総なめにし、アンジェリーナ・ジョリーをはじめ世界中の映画人から注目を集めるアスガー・ファルハディ監督の最新作、『THE PAST』(英題)のタイトルが『ある過去の行方』(配給:ドマ、スターサンズ)に決定しました。
本作は2014年4月、Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテほかにて順次公開となります。
イラン社会の縮図を描いてきたファルハディ監督が「過去を扱うストーリーを語るとき、パリのように過去がにじみでる街を舞台にする必要があった」とはじめて外国を舞台にして挑んだ意欲作。子連れのカップルが再婚しようとするが、娘の告白がきっかけで、それぞれの過去、本当の想いが次々と明らかになり、見えなかった真実が浮き彫りになっていく様子を前作『別離』と同様にサスペンスタッチで人間の深層心理を鋭く描いていく。
第84回アカデミー賞作品賞に輝いた『アーティスト』で、白黒サイレントという難しい設定ながら、スターダムを駆け上がる新人女優を見事に演じたベレニス・ベジョの演技に魅せられた監督が主人公マリーに抜擢。子供を持つシングルマザーとして前に進んで行く一人の女性の心の揺れと強さを繊細に演じきり、見事、本年度カンヌ国際映画祭主演女優賞を受賞した。アカデミー賞主演女優賞へのノミネートにも期待がかかる。相手役には、フランス若手俳優として注目される『預言者』のタハール・ラヒム。
本作はフランス、イランでもすでに公開され前作『別離』を上回る大ヒットを記録!
そしてアカデミー賞外国語映画賞イラン代表に決定。前作に引き続き、本年度米アカデミー賞外国語映画賞の最有力候補との呼び声が高く、さらに、つい先日発表された、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 外国語映画賞も受賞した話題作です!
●物語
シングルマザーのマリー(ベレニス・ベジョ)は元夫と別れて4年。正式な離婚手続きをしていないため、イランにいる元夫アーマド(アリ・モッサファ)をパリに呼んだ。アーマドがかつて妻と娘たちと過ごした家を訪れるとそこでは子持ちの男サミール(タハール・ラヒム)親子とマリーたち母娘の新生活がはじまっていた。
しかし再婚する予定のマリーとその家族に流れる不穏な空気。長女リュシー(ポリーヌ・ビュルレ)は母親との溝が深く、娘の本音を聞き出してほしいと頼まれるアーマドはリュシーから衝撃の告白を受ける。そして明らかになる数々の真実。
マリーとサミールはそれぞれの過去にひきずられながら、自ら運命を変えて行く。
監督・脚本:アスガー・ファルハディ『別離』
出演:ベレニス・ベジョ『アーティスト』、タハール・ラヒム『預言者』、アリ・モッサファ
2013年/仏・伊/130分/仏語・ペルシャ語/ビスタ/原題:Le Passe 上映時間130分
提供:ハピネット、ドマ、スターサンズ
配給:ドマ、スターサンズ
『ある過去の行方』
2014年4月、Bunkamura ル・シネマ、新宿シネマカリテほか全国順次公開
(C)Memento Films Production – France 3 Cinema – Bim Distribuzione – Alvy Distribution – CN3 Productions 2013
→『ある過去の行方』の記事を探す