MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『有頂天家族』文化庁メディア芸術祭アニメ部門優秀賞を受賞

森見登美彦原作 京都を舞台にしたTVアニメ
『有頂天家族』
第17回文化庁メディア芸術祭
アニメーション部門優秀賞を受賞
TVアニメーションシリーズ『有頂天家族』が、第17回文化庁メディア芸術祭にて、アニメーション部門優秀賞を受賞しました。

ucyotenkazoku29.jpg


文化庁メディア芸術祭は、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において、高い芸術性と創造性をもつ優れたメディア芸術作品を選出、顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバルです。2014年2月には、受賞作品展が開催され各受賞作品が紹介される予定です。
文化庁メディア芸術祭 公式サイト:http://j-mediaarts.jp
●TVアニメーション『有頂天家族』 について
本作品は、森見登美彦のベストセラー小説を原作としたTVアニメーション作品で、2013年7月から9月にかけてTOKYO MX、KBS京都、サンテレビ他にて全13話が放送されました。狸と天狗と人間が入り乱れての不思議で家族愛溢れるコメディドラマを、京都の美しい自然や街並みとともにハイクオリティなアニメーション映像で描き、好評を博しました。
監督は『東のエデン』で副監督を務めた吉原正行、シリーズ構成は菅正太郎(『攻殻機動隊S.A.C.』)、キャラクター原案を久米田康治(『さよなら絶望先生』)、アニメーション制作をP.A.WORKS(『花咲くいろは』『true tears』)が担当。キャストには櫻井孝宏、諏訪部順一、吉野裕行、中原麻衣、能登麻美子、井上喜久子といった豪華メンバーが参加しています。
本作のブルーレイ&DVDの第一巻は2013年9月から発売を開始しており(以降毎月一巻ずつ発売)、2013年12月25日には、第四巻を発売予定です。
また、2014年2月9日にはTVアニメ『有頂天家族』のキャスト、スタッフ、アーティストが出演するスペシャルイベント「有頂天祭 ’14」の開催も決定しており、ブルーレイ&DVD第四巻には、同イベントへの特別優先申込券が、初回特典として封入されます。
●「有頂天祭 ’14」
開催日:2014年2月9日(日) ※時間未定
入場料金:6,800円(税込)[6,476円(税抜)]
会場:関東近郊
出演者:櫻井孝宏、諏訪部順一、吉野裕行、中原麻衣、能登麻美子、佐倉綾音、西地修哉、畠山航輔、milktub、fhana
スペシャルゲスト:原作者・森見登美彦、監督・吉原正行
内容(予定):イベント限定『生朗読劇』、スタッフ&キャストによる『偽金曜倶楽部』他
申込方法:2013年12月25日発売の『有頂天家族』ブルーレイ&DVD第四巻に初回特典としてイベントチケット特別優先申込券を封入。
ブルーレイ&DVD購入者特別優先申込み 一次募集(予定):2013年12月25日~2014年1月8日
当落発表:2014年1月11日 入金期間:2014年1月15日まで
ブルーレイ&DVD購入者特別優先申込み 二次募集(予定):2014年1月16日~2014年1月22日
当落発表:2014年1月25日 入金期間:2014年1月27日(月)まで
※イベントの出演者、内容は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※イベントに関するお問い合せ先:インフォメーションダイヤル 03-5793-8878(平日13時~18時)
→『有頂天家族』Blu-ray&DVDを購入する
『有頂天家族』公式サイト:uchoten-anime.com
公式Twitter:@UchotenAnime 推奨ハッシュタグ:#有頂天
(C)森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会
→2013年7月アニメ新番組特設ページ
→『有頂天家族』の記事を探す
→アニメニュースはこちら