MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

天才ふたりの宿命の対決『ラッシュ/プライドと友情』予告編解禁

天才ふたりの宿命の対決に世界が熱狂!!
プライド、嫉妬、愛、挫折、執念、友情–人生の全てがここにある。
『ラッシュ/プライドと友情』予告編解禁!


アカデミー賞常連制作陣が結集、圧倒的迫力で放つドラマとエンターテインメントの奇跡の融合!
感動の実話に、驚異の満足度!!
世界的大ヒットを記録した『アポロ13』『ダ・ヴィンチ・コード』のロン・ハワード監督。本物の人間ドラマを描き続けてきた監督の次なるテーマは、死と賭けをする男たちの宿命の対決と大事故が分けたそれぞれの運命。この衝撃の実話と迫力のレースシーンで織り成す第一級のエンターテインメントにいつもは辛口の評論家たちもオスカー確実と唱え、映画レビューサイト<ロッテン・トマト>では93%と驚異の満足度を叩き出した(10月15日現在)。ハントに『アベンジャーズ』のクリス・ヘムズワース、ラウダには『イングロリアス・バスターズ』のダニエル・ブリュール。最旬キャストを支えるのは、監督、脚本、編集、撮影、音楽、メイク、いずれもオスカー受
賞者たち。アドレナリン全開の衝撃と興奮の先に、観る者全ての心を鷲掴みにする感動が待っている。

rush5.jpg

●ストーリー
猛追しあう2人の天才レーサー、熾烈を極めた対決が引き起こした衝撃のクラッシュ。
交錯するふたつの運命と勝負の行方は–?
1976年、F1黄金時代。世界を熱狂させた二人のレーサーがいた。ドライビングテクも私生活も情熱型のジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)と、レース運びも人生も頭脳派のニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)だ。
シーズンはラウダの圧倒的なリードで幕を開けた。ジリジリと迫るハントを制し、ラウダのチャンピオンが確実視されたその時、全てが変わった。壮絶なクラッシュ。ラウダは瀕死の重傷により、再起は絶望的だった。事故の一因は自分だ、との自責の念を払いのけるかのように、残りのレースに全霊をかけたハントがチャンピオンの座に手をかけた時、ラウダは再びサーキットに戻ってきた。事故からたった42日後、変わり果てた姿で。
ポイント差僅か、最終決戦の地富士スピードウェイで、ライバルを超えた絆を胸に二人は限界の先へとアクセルを踏み込む。
『ラッシュ/プライドと友情』
2014年2月7日(金) TOHO シネマズ 日劇ほか全国ロードショー
(C)2013 RUSH FILMS LIMITED/EGOLITOSSELL FILM AND ACTION IMAGE.ALL RIGHTS RESERVED.
→『ラッシュ/プライドと友情』の記事を探す
→ロン・ハワードの記事を探す