MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

鈴木福くん『ウォーキング with ダイナソー』吹替声優にも挑戦!

『アバター』のスタジオと『アース』のスタッフが生んだ、未体験の感動『ウォーキング with ダイナソー』
ダイナソーこども大使 鈴木福くん、急遽吹替声優にも挑戦することが決定!
7000 万年前のアラスカを舞台に、一頭の恐竜の成長を追いながら、彼らが生きた太古の地球を旅する壮大な“いのちの物語を描く映画『ウォーキング with ダイナソー』。
本作を応援する“ダイナソーこども大使”に就任した人気子役の鈴木福くんが、急遽本編の吹替声優にも挑戦することが決定しました。

walkingdainasour8.jpg


●“ダイナソーこども大使”鈴木福くん 急遽吹替声優にも挑戦!!
鈴木福くんは、今年の夏北陸地方の福井県恐竜博物館を訪れ、化石発掘も体験してきたという大の恐竜好き。映画『ウォーキング with ダイナソー』の存在を知り、自ら本作の応援団代表といえる“ダイナソーこども大使”に立候補し、10月28日に行った本作の製作記者会見において、晴れて就任。
報道陣を前に「2013年は僕にとっての恐竜イヤーです!」とやる気全開の発言をして以来、本作と恐竜の魅力をこどもから大人まで幅広い世代に伝えるという活動をしていた福くん。
取材やイベントを通じて、恐竜について話し、考えているうちに、前よりまして恐竜が大好きになってしまい、もっと恐竜に詳しくなりたいと、周囲の大人たちに質問をしたりして、知識を深めていきました。
本作の配給会社である20世紀フォックス映画が、その姿に感銘を受けて吹替声優としての出演をオファーしたところ、福くんは「絶対でたい!」と快諾。吹替声優としても本作を応援してくれることが決定しました。
福くんが挑戦するのは、本編中に登場する恐竜たちの生態や特徴を、誰にでもわかりやすくに紹介するナレーションになります。

walkingdainasour9.jpg

●鈴木福くんよりコメント到着!
“ダイナソーこども大使”として、『ウォーキング with ダイナソー』の応援をするだけでなく、吹替声優にも挑戦することになりました。
ぼくは、大好きな恐竜がたくさん登場するこの映画の“ダイナソーこども大使”になれたことがとっても嬉しくて、みんなに恐竜の良さを知ってもらいたい、と思ってがんばってきました。
もっともっと恐竜に詳しくなりたかったので、映画会社の人にいろいろ質問したり、教えてもらっていると「映画に出てみる?」と聞かれました。
「絶対でたい!」と答えたら、映画の中に登場する恐竜の特徴をナレーションで説明する役をもらうことができました。みんなに、映画館で直接恐竜の素晴らしさを伝えることができることになって本当に嬉しいです!
●映画『ウォーキング with ダイナソー』
監督:ニール・ナイチンゲイル、バリー・クック
配給:20世紀フォックス映画

『ウォーキング with ダイナソー』
12月20日(金) TOHOシネマズ 日劇他全国ロードショー(3D/2D 吹替/字幕同時公開 ※一部劇場を除く)
(C)2013 Twentieth Century Fox
→『ウォーキング with ダイナソー』の記事を探す