MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『サカサマのパテマ』アジア太平洋映画賞最優秀アニメノミネート

第7回アジア太平洋映画賞最優秀アニメーション部門に『サカサマのパテマ』がノミネート! そして、北米劇場公開も決定!

sakasamanopatima4.jpg


全国で大ヒット上映中のアニメーション映画『サカサマのパテマ』。ぴあによる劇場出口調査の初日満足度ランキングで1位(91.5点)を獲得するなど、予想を裏切るストーリー展開、初めてみるサカサマ・トリップ・スペクタクルに絶賛の声を頂いております。日本での公開が好調のなか今回、さらに嬉しいニュースが到着!
第7回アジア太平洋映画賞(ASIA PACIFIC SCREEN AWARDS)の長編アニメーション部門の最優秀賞にノミネートが決定! 日本からは宮崎駿監督の『風立ちぬ』と吉浦康裕監督の『サカサマのパテマ』の二本のみがノミネートされました。アジア太平洋地域の優れた映画を表彰するために設立されたアジア太平洋映画賞。受賞作の発表はオーストラリアのブリスベンにて12月12日行われます。
さらに、『サカサマのパテマ』は、来春の北米劇場公開も決定しました。北米の配給を手掛けるのはアート映画やファミリー映画に強みをもつGKIDS。特にアニメーションには力を入れており、『夜のとばりの物語』や日本作品では『サマーウォーズ』、『コクリコ坂から』などの配給を手掛けています。
既に、フランス、イギリス、ドイツ、韓国、台湾での公開も決定し、他の国からのオファーも続々と届いています。日本で俄然盛り上がりを見せている吉浦康裕監督の初長編アニメーション作品『サカサマのパテマ』、2014年は海外での劇場公開が続々と控えています。引き続き、ご期待ください!

『サカサマのパテマ』
大ヒット上映中!
(C)Yasuhiro YOSHIURA/Sakasama Film Committee 2013
→『サカサマのパテマ』の記事を探す