MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

スティーヴン・ソマーズ監督最新作『オッド・トーマス』日本公開決定

『ハムナプトラ』シリーズ監督×『ダークナイト』VFX製作チーム最強タッグ
全米公開に先駆けて、日本公開決定
『オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主』
(原題『Odd Thomas』)邦題&公開日決定!

oddthomas1.jpg


スティーヴン・ソマーズ監督作品『Odd Thomas』(原題)の邦題が、『オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主』に決定し、2014年1月10日(金)に公開されることが決定しました。
監督は『ハムナプトラ』シリーズ、『G.I.ジョー』等のヒットメーカー、スティーヴン・ソマーズ。視覚効果は『アバター』、『ダークナイト』のVFXチームBUFが担当し、ハリウッドきっての仕事人たちが最強タッグを組み、不気味な超常現象を見事に日常空間に溶け込ませました。
そして、主役のオッド・トーマスは、『スター・トレック』シリーズ、日米の俳優を起用した『誰かが私にキスをした』で堀北真希の恋人を演じた、注目の実力派若手俳優アントン・イェルチン。ヒロインには、2011年最も美しい顔32位に選ばれた新星女優アディソン・ティムリン。

oddthomas2.jpg

さらにオッドを助ける警察署長には、『プラトーン』から『スパイダーマン』シリーズなど、長年幅広い役柄で活躍するベテラン俳優のウィレム・デフォーが出演し、新旧豪華キャストの共演が実現しました。また、本作にはソマーズ監督の実の娘、アシュリー・ソマーズも出演を果たし、映画冒頭にて見事な存在感を放っているのも注目です。
原作はスティーヴン・キングを超えるベストセラー作家、ディーン・クーンツの最高傑作との呼び声も高い“Odd Thomas”シリーズ第一作の小説『オッド・トーマスの霊感』(ハヤカワ文庫)。
そんな素晴らしいスタッフ&キャストが揃った本作を、全米公開に先駆けまして日本公開が決定しました!
サイキック・ヒーローアクションとしてのオリジナリティあふれる内容、二転三転する先の読めないサスペンスに満ちたストーリー展開、霊感という不思議な宿命を背負い、町の平和を守るため立ち上がった、ちょっと頼りないけど勇ましいオッド・トーマスの世界観を表現したポスタービジュアルが完成しました。

oddthomas3.jpg

●ストーリー
オッド・トーマス(20) 職業:フリーター 特技:霊能力 彼女:アリ  そんな僕が世界を救う――!?
南カリフォルニアのごくありふれた町。オッド・トーマスはダイナーで気ままに働く20歳のコック。しかし“オッド(奇妙)”という名のごとく、彼には特異な能力があった。今日もペニーという女の子の霊に導かれ、彼女を殺害した男の逮捕に協力した。

oddthomas4.jpg

平穏に生きていたいと願うオッドだが、死者が見えるとつい関わってしまう。そんなある日、一見いつもと変わらぬダイナーの店内で、“ボダッハ”という不気味な悪霊を大量に目撃する…。ボダッハの出現は流血の惨劇が間近なことを意味するのだ。
ヤツらは日常的な死には無関心で、暴力的で凄惨な死を嗅ぎつけて集まってくる……、「この町はかなりヤバイ!!」。町の危機を放っておくわけにはいかないオッド。果たして彼に町の平和は守れるのか? そしてオッドの運命は――?

oddthomas5.jpg

監督・脚本・製作:スティーヴン・ソマーズ『ハムナプトラ』シリーズ、『ヴァン・ヘルシング』、『G.I.ジョー』
原作:ディーン・クーンツ(『オッド・トーマスの霊感』ハヤカワ文庫刊)
出演:アントン・イェルチン『アトランティスのこころ』、『スター・トレック』、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』、『誰かが私にキスをした』、アディソン・ティムリン「カリフォルニケーション シーズン4」、ウィレム・デフォー『プラトーン』、『スピード2』、『スパイダーマン』シリーズ、『ワイルド・アット・ハーチ』、『アンチクライスト』『ジョン・カーター』
2013年/アメリカ/英語/カラー/ヴィスタ/デジタル5.1ch/DCP/96分/原題:Odd Thomas
提配給:プレシディオ
協力:アース・スター エンターテイメント
『オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主』
2014月1月10日(金)より、新宿バルト9他にて公開!
(C)2013 TWO OUT OF TEN PRODUCTIONS, INC
→『オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主』の記事を探す