MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『椿姫ができるまで』本日よりユーロスペースで2週間限定上映決定!

2012年ニューヨーク映画祭公式招待作品
≪ヴェルディ生誕200周年記念≫
世界最高峰のオペラ歌手 ナタリー・デセイの創り上げる「椿姫」の世界を覗く
『椿姫ができるまで』
音楽映画の金字塔ユーロスペースで2週間限定上映決定!!

tsubakihimedekirumade.jpg


2012年のニューヨーク映画祭公式招待作品である『Traviata et nous』(原題)が『椿姫ができるまで』が現在、全国公開中です。そしてこの度、音楽映画の金字塔とも言われる「ユーロスペース」にて2週間の限定上映される事が決定しました。
本作は世界最高峰のオペラ歌手ナタリー・デセイ主演、ロンドン交響楽団、エストニア・フィルハーモニー室内合唱団の演奏によって創り上げるオペラ「椿姫」が出来上がるまでを描くドキュメンタリー映画です。
今年はヴェルディ生誕200周年という記念すべき年でもありますが、世界最高峰の歌手、舞台監督、演奏によって美しく、儚い「椿姫」の世界観を見事に描き出しています。私達が絶対に見ることができないこの貴重な映像が再び東京で見る事ができる様になりました!
●ユーロスペース上映概要
上映期間:11月2日~11月15日(2週間限定上映)
上映時間:11:45~13:45
入場料金:一般1700円/大学・専門学校生1400円/会員・シニア1200円/高校生800円/中学生以下500円
●ストーリー
名作は舞台の度に生まれ変わる。世界最高峰のオペラ歌手ナタリー・デセイの創り上げる「椿姫」の世界
2011年春、フランスのオペラ歌手ナタリー・デセイは、演出家のジャン=フランソワ・シヴァディエとともに、エクサン・プロヴァンス音楽祭で上演されるヴェルディの傑作オペラ「椿姫」の製作に臨んだ。演奏はルイ・ラングレ指揮によるロンドン交響楽団。才能豊かな2人の芸術家の感性のせめぎ合いが、時に繊細に時に流麗に、名作を新たに蘇らせる。
練習の合間に茶目っ気を見せるデセイ、シヴァディエの演出の下、一つ一つのシーンを積み上げてゆく舞台の製作風景は観る者を魅了する。ステージの幕が上がる前に始まっているオペラの豊饒さを、ヴェルディ生誕200年記念の年に味わえる貴重な機会。デセイの伸びのあるソプラノで聞かせる『椿姫』の名場面も堪能できるオペラ・ファンのみならず、すべてのクラシック・ファンに贈られた貴重なドキュメンタリーである。
監督:フィリップ・ペジア
出演:ナタリー・デセイ、ジャン=フランソワ・シヴァディエ、ルイ・ラングレ
2012/フランス/112分/ビスタ/ドルビーデジタル
配給:熱帯美術館
配給協力:アルシネテラン
ユーロスペース:http://www.eurospace.co.jp/
『椿姫ができるまで』
全国順次公開中
11月2日よりユーロスペースにて2週間限定上映決定!
(C)LFP – Les films Pelleas, Jouror Developpement, Acte II visa d’exploitation n°129 426 – depot legal 2012
→『椿姫ができるまで』の記事を探す