MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

劇場公開決定『ネオ・ウルトラQ』予告編解禁!

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。2013年、世界がなお抱える闇に迫るべく、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が気鋭のクリエイターたちにより制作され、1月よりWOWOWで放映され好評を博した。
そして今回、巨大スクリーンにて観たいという視聴者からの熱い要望により、待望の劇場公開が決定。2013年11月9日(土)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国のTOHOシネマズ系列にて公開される。その、新たな事件の幕開けとなる予告編が解禁となった!


劇場公開は、TV放映されたさまざまな怪獣・宇宙人が登場する全12話のオムニバス・ストーリーの内3話ずつに加え、今回新たに制作された、独特の世界観で本編を振り返るショートアニメ『屋島教授の部屋』を各話の間に上映。そしてモノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選りすぐりの一話を加えた計4話構成。
さらに作品名にちなみ、11月9日から4ヵ月間、毎月9の日を「Qの日」とし、毎回レイトショー1回のイベント上映。メイン館であるTOHOシネマズ日劇では、毎回初日にゲストを招いてトークショーを開催、1週間レイトショー上映となる。
本映像では不気味な怪獣たちが次々と登場し、異次元への扉が開かれようとする瞬間が映し出さる。最新悦4Kカメラで撮影された鮮明な映像からは、『ウルトラQ』の独特の世界観も伝わってくる。再び起こる怪奇現象に立ち向かう境遇も考え方も全く異なる3人が見る「真実の世界」とは?
新たなキャスト、スタッフで一新しながらも魂の部分で原点を継承する『ネオ・ウルトラQ』。新旧ウルトラQの世界が存分に堪能できる珠玉の作品を是非、巨大スクリーンでご堪能いただきたい。

neoultraq1.jpg

●『ネオ・ウルトラQ』特別上映part I
1:「思い出は惑星(ほし)を越えて」(監督:石井岳龍 脚本:いながききよたか)
出演:田辺誠一、高梨臨、尾上寛之、辰巳蒼生、染谷将太、山下リオ、渋川清彦
2:「東京プロトコル」(監督:田口清隆 脚本:いながききよたか 山本あかり)
出演:加部亜門、内野智、高部あい
3:「鉄の貝」(監監督:入江悠 脚本:いながききよたか 加藤綾子)
出演:田辺誠一、高梨臨、尾上寛之、島田雅彦、辰巳蒼生、平澤宏々路、岩松了
4:『総天然色ウルトラQ』「ゴメスを倒せ!」(監督:円谷一、脚本:千束北男、特技監督:小泉一)
監督:石井岳龍、中井庸友、入江 悠、田口清隆
脚本:いながききよたか他
出演:田辺誠一、高梨 臨、尾上寛之 他
製作:WOWOW、円谷プロダクション
配給:円谷プロダクション
宣伝:ポイント・セット
『ネオ・ウルトラQ』特別上映
part.1 11月9日(土)~15日(金)TOHOシネマズ日劇にてレイトショー
全国TOHOシネマズ15館では、毎月9日にレイトショー
※11月9日(土)、12月9日(月)、2014年1月9日(木)、2月9日(日)の計4回上映
(C)2013 円谷プロ・WOWOW
→ウルトラの記事を探す
→特撮ニュースはこちら