MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

青木琴美原作『カノジョは嘘を愛しすぎてる』佐藤健主演で映画化!

300万部を超える大ヒットコミックがついに映画化!!
佐藤健、5000人から選ばれたヒロイン・大原櫻子
『カノジョは嘘を愛しすぎてる』
『僕は妹に恋をする』(2007年:松本潤&榮倉奈々)、『僕の初恋をキミに捧ぐ』(2009年:岡田将生&井上真央)と、それぞれ映画化もされた大人気コミックを生み出し、ティーンのみならず幅広い世代の女性から圧倒的な支持を集める青木琴美。そんな彼女の最新作にして、音楽業界の光と闇、天才の苦悩と切ない恋愛模様を描き、現在までに累計300万部突破(既刊12巻)の大ヒットを記録しているコミック「カノジョは嘘を愛しすぎてる」が、ついに映画化されます。

kanouso1.jpg


●今をときめくキャストが勢ぞろい!
そしてヒロインには5000人から選ばれた新人が挑戦!!
主人公の小笠原秋を演じるのは、映画『るろうに剣心』やドラマ「とんび」をはじめ映画・ドラマで活躍し、今や日本映画界を牽引する若手俳優・佐藤健が満を持して本格ラブストーリーに初挑戦します。そして、劇中の人気バンド“CRUDE PLAY”のリーダー坂口瞬には三浦翔平、その他のメンバーには、窪田正孝、水田航生、浅香航大という今をときめく若手俳優陣を起用。
さらに、「リコを探せ!オーディション」で約5,000人の中から選ばれた期待の新星・大原櫻子(おおはらさくらこ)が、圧倒的な歌声を武器に、ヒロインの小枝理子役に挑みます。その他、反町隆史、相武紗季、谷村美月という実力派キャストや、吉沢亮、森永悠希といった注目の若手キャストが集まり、これ以上ないキャスティングが実現しました。

kanouso2.jpg

●小泉徳宏×亀田誠治による映画と音楽の融合!!
ラブストーリーであると共に音楽が非常に重要な要素である今作のメガホンを取るのは、小泉徳宏監督。『タイヨウのうた』(2006年)ではデビュー直後のYUIを起用し、せつないストーリーと共に彼女の歌うクライマックスシーンで観客の心を揺さぶった演出力を、映画「カノ嘘」でも存分に発揮します。
音楽プロデューサーには、元“東京事変”ベーシストの亀田誠冶を迎え、天才音楽クリエーター・小笠原秋に変わり、様々な楽曲を制作し、コミック「カノ嘘」の音楽を映画の中に生み出します。
最強のキャスト、最高のスタッフが結集し、この冬、最高のラブストーリーが誕生します。
●ストーリー
あの頃の僕は、大体が不機嫌だった――。
若者を中心に絶大な人気を誇るバンド“CRUDE PLAY”=クリプレ。ボーカル&ギターの坂口瞬(三浦翔平)、ギター=大野薫(水田航生)、ドラム=矢崎哲平(浅香航大)、ベース=篠原心也(窪田正孝)の4人で成るクリプレは、デビュー以来、音楽シーンのトップを走り続けている。その全楽曲を手がけるのが、サウンドクリエイター・小笠原秋(佐藤健)だ。

kanouso3.jpg

かつてはクリプレのベースを担当していた秋だがデビュー直前、音楽プロデューサー・高樹総一郎(反町隆史)の手により、自分達の演奏を他の一流スタジオミュージシャンのプレイに差し替えられたことにショックを受け、クリプレを脱退。ベースの座を心也に譲り、自らは影からクリプレを支えていくことを決心したのだった。
それから5年。秋はクリプレはもちろん、美貌と確かな歌唱力で人気の歌姫・茉莉(相武紗季)の曲も、高樹のゴーストライターとして手掛けるなど順風満帆な活躍を続けていた。だがその心は常に満たされない。実は秋の恋人の茉莉が、高樹とも密かに関係を持っていること、あまりにも安易に“消費”されていく日本の音楽シーンの実情。すべてが秋を苛立たせるに十分だった。
そんな秋の前に、突然彼女は現れた。マッシュルームのような髪型をした小柄な女子高生・小枝理子(大原櫻子)。茉莉と別れ半分ヤケになっていた秋の、気まぐれなナンパ……のはずが「一目惚れしちゃった……です」と逆告白する理子。そんな理子に思わず「小笠原心也」と嘘の名前を告げる秋だったが、理子がクリプレの熱狂的ファンと知りますます本当のことが言えなくなる。

kanouso4.jpg

しかも茉莉のトラウマから「歌う女、嫌いなんだ」と、さらなる嘘をつく秋。実は同級生とバンドを組み、歌うことが大好きな理子が、その言葉に思い悩むことになるのも知らずに……。
ある日、秋の嘘は衝撃的な形で暴かれることになる。偶然理子の歌声を聞いた高樹が、理子と理子の同級生・君嶋祐一(吉沢亮)、山崎蒼太(森永悠希)の3人を“MUSH&Co”(マッシュ&コー)としてデビューさせることを決定したのだ。

kanouso5.jpg

高樹はマッシュのプロデュースを秋に要求するが、かねてから高樹の音楽への姿勢に強い反感を抱いていた秋はそれを突っぱねてしまう。一方、秋の嘘を知った理子は驚きつつも秋を受け入れ、2人の付き合いは続くことに。
その日の夜、初めて理子の歌声を聞いた秋は、そのスペシャルな歌声に瞬く間に魅了され、プロデュースを辞退したことを激しく後悔する。だが時はすでに遅く、高樹はマッシュのプロデュースを心也に依頼していた……。
秋と理子を取り巻く状況がめまぐるしく変わっていくなか、ある決定的な事件が起こる。そして理子の未来のため、秋は最後にまた1つの嘘をつくことを決断するが……。

kanouso6.jpg

●キャスト・スタッフ
佐藤健 大原櫻子
三浦翔平 窪田正孝 水田航生 浅香航大 吉沢 亮 森永悠希
谷村美月 勝村政信 相武紗季 反町隆史
原作:青木琴美「カノジョは嘘を愛しすぎてる」(小学館「月刊Cheese!」連載)
監督:小泉徳宏
脚本:吉田智子 小泉徳宏
音楽プロデューサー:亀田誠治
音楽:岩崎太整
『カノジョは嘘を愛しすぎてる』
2013年12月14日、全国東宝系にてロードショー
(C)2013青木琴美・小学館/「カノジョは嘘を愛しすぎてる」製作委員会
→『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の記事を探す
→佐藤健の記事を探す