MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『R100』賛否両論渦巻く本作に浅草キッド・水道橋博士が一石!!

水道橋博士が“『R100』の観かた”を語るコメントが到着
10月5日(土)より全国公開中の松本人志監督最新作『R100』(製作:吉本興業株式会社/配給:ワーナー・ブラザース映画)。賛否両論を巻き起こし全国公開中の本作に関して、漫才コンビ・浅草キッドの水道橋博士から、“『R100』の観かた”を指南するコメントが届きました。
「今年一番笑った映画」「松本人志の最高傑作」 VS 「意味がわかんない・・・」「ブッ飛びすぎてついていけない」
賛否両論うずまいて公開中 『R100』の見かたを水道橋博士が伝授!!

r100-1.jpg


9月5日より開催されたトロント国際映画祭のミッドナイト・マッドネス部門に出品され、深夜の上映にも関わらず、1200席の座席は早々に完売。上映会場でも「マツモト!」と会場からコールが起きるなど、熱烈な歓迎を受け、同映画祭に参加していた「ハフィントン・ポスト カナダ」「ハリウッド・レポーター」ほか海外有力紙で絶賛され、一方カナダの地方紙では最低評価を受けるなど、早くから絶賛と酷評の間を揺れていた本作。
日本国内においても、10月5日の公開日以来、「松本人志の最高傑作」「今年一番笑った映画」という評価を得ている一方で、「意味がわかんない」「ブッ飛びすぎてついていけない」という厳しい評価も目立っております。
そんな本作に関して、漫才コンビ・浅草キッドの一人でありながら、その的確な映画評が人気を得ている水道橋博士から、“『R100』の見かた”がわかるコメントが届きました。ダウンタウンのお笑いのスタイルや、本作のテーマの一つである“SとM”の関係についての分析をしながら、本作の楽しみ方がわかるコメントです。
すでに『R100』を観て楽しめた方も、正直そうでなかった人も、これからご覧になる方も、この“『R100』の観かた”を読んでおけば、本作をさらに知ることができること必至のコメントとなっております。
●水道橋博士 コメント
「お笑いとはマゾが主導権を握るSMプレイである」———-。
この構造を如実にスタイルにしたのがダウンタウンであり、さらに「ドM」「ドS」と日常に潜むSMの振り幅をテレビ発の一般用語として流布したのは松本人志さんだ。
この映画も「お笑い=SM」のテーマは明確。
映画監督はSの職業だ。にもかかわらず『R100』が100歳縛りだけでなく100分縛りであることを含め、さまざまな縛りを自ら強要する監督のM志向は徹底している。
さらに、このバカぶりを一般公開する映画のポジションそのものが世間及びに世界に対してM側(ボケ側=バカ側)であり、ツッコミ待ちを前提としている。
あまりにもバカ丸出しが屹立する監督の個「性」映画で素晴らしい。

公式Twitter:@r100movie
公式facebook:facebook.com/r100movie
配給:ワーナー・ブラザーズ映画
『R100』
全国“賛否両論”公開中!
(C)吉本興業株式会社
→『R100』の記事を探す