MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

日々を“生ききる”ための勇気をくれる大切な一本『セッションズ』

全世界が大絶賛! 数々の賞に輝く新たなるヒューマン・ドラマの傑作!
愛する人とつながりたい── 首から下が全く動かないマークの願いが叶うまでを描く、愛とユーモアに溢れた感動の実話!
『セッションズ』

sessions1.jpg


かつて誰も観たことのないテーマへの驚きと戸惑いが、すぐに爽やかな笑いへと変わり、気が付けば涙が止まらない──この比類なき映画体験への感謝の拍手喝采として、世界はバラエティに富んだ賞をこの作品に贈った。
栄えある賞リストを冠に、ついに日本にやって来たのは、6歳でかかったポリオが原因で首から下が全く動かないマーク・オブライエンの実話から生まれた物語。ベッドに横たわったままの水平の世界から、明るくポジティブな精神で人生に繰り出したマークは、大学卒業を果たした後、詩人そしてジャーナリストとして活躍していた。そんなマークがある日、心身ともに女性を愛したいと願い、セックス・セラピストのセッションを受けることを決意するのだが──。
与えられた人生を、ただ精いっぱい“生ききる”マークと、彼の勇気に心を動かされ、それぞれの人生をさらに輝かせていく周りの人々の姿に、胸を熱くせずにはいられない。

sessions2.jpg

スタントやCG、特殊メイクさえ使わずに、まさにマークの人生を“生きた”のは、『ウィンターズ・ボーン』でアカデミー賞にノミネートされた、個性派俳優ジョン・ホークス。セッションを通して、マークを愛ある世界に迎え入れるシェリルには、『恋愛小説家』で同賞に輝いたヘレン・ハント。日本はもちろん世界でもあまり馴染みのない職業を誇りとする実在の女性を文字通り全身全霊で演じ、アカデミー助演助演賞にノミネートされ、ハリウッドを代表する演技派の女優魂を見せつけた。
脚本・監督は、大ヒットTVシリーズ「アリー my Love」などを手掛けたベン・リューイン。自らもポリオ・サバイバーである彼は、1990年に発表されたマーク・オブライエンのレポート「On Seeing a Sex Surrogate」に感銘を受け映画化を決意した。
障害者の性を語るというタブーを爽快に破り、なぜか日本だけはR18のレイティングとなったが、彼の志の高さと深さが観る者すべてに伝わることは間違いない。
日々を“生ききる”ための勇気をくれる大切な一本として、心のポケットにそっと忍ばせたい、楽しくも愛おしい感動の物語が誕生した。

sessions3.jpg

●ストーリー
マーク・オブライエン(ジョン・ホークス)は、水平の世界で生きている。6歳でかかったポリオが原因で、首から下が全く動かないために、ずっと横になったままなのだ。だが、マークは自分の境遇を全く悲観していないどころか、誰よりもポジティブな人生を送っている。
ある日マークに、障害者のセックスについての原稿依頼が舞い込む。新しいヘルパーのヴェラ(ムーン・ブラッドグッド)に伴われ、障害者を取材したマーク。この取材が、存在すら知らなかった扉を開けた。マークはヴェラに励まされ、勇気を出してセックス・セラピストに問い合わせ、女性と深い関係を持てるよう心身ともに導いてくれるセックス・サロゲート(代理人)を紹介される。

sessions4.jpg

サロゲートとの“セッション”初日、極度に緊張したマークは、成熟した女性の美しさに満ちたシェリル(ヘレン・ハント)と会って、さらに緊張する。シェリルは、料金は受け取るが売春婦とは違うこと、セッションの回数は6回と限られていることなどを説明する。
4回目のセッションのとき、マークとシェリルは、体と同時に心も深くつながったことを感じる。そして二人は思わぬ結論にたどり着くのだが、それはマークが未来で出会うに違いない輝かしい愛のためだった──。

●キャスト
ジョン・ホークス、ヘレン・ハント、ウィリアム・H・メイシー、ムーン・ブラッドグッド、アニカ・マークス、ロビン・ウェイガート
●スタッフ
監督/脚本:ベン・リューイン
原案:”On Seeing A Sex Surrogate” by マーク・オブライエン
製作:ジュディ・レヴィン、スティーヴン・ネメス、ベン・リューイン
製作総指揮:モーリス・シルマン、ジュリアス・コールマン、ダグラス・ブレイク
撮影監督:ジェフリー・シンプソン
編集:リサ・ブロムウェル
美術:ジョン・モット
衣装:ジャスティン・シーモア
音楽:マルコ・ベルトラミ
キャスティング:ロニー・イエスケル
フォックス・サーチライト・ピクチャーズ提供 サッチ・マッチ・フィルムズ/リノ・フィルムズ共同制作
配給:20世紀フォックス映画
宣伝:ブレイントラスト
2011年/アメリカ映画/95分/カラー/R18
『セッションズ』
12月6日(金)全国順次ロードショー
(C)2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
→『セッションズ』の記事を探す