MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

幻のSF大作『DUNE』が実現しなかった理由が40年を経て明らかに!

『スター・ウォーズ』『エイリアン』『マトリックス』『プロメテウス』……あらゆる名作の元ネタ!?
映画史上最も有名な“実現しなかった映画”『DUNE』にまつわるドキュメンタリー、東京国際映画祭にて上映&日本公開決定!

jodorowskysdune1.jpg


『エル・トポ』(1969)、『ホーリー・マウンテン』(1973)、『サンタ・サングレ/聖なる血』(1989)で世界中に熱狂的なファンを持つ映画作家アレハンドロ・ホドロフスキー。
現在開催中の東京国際映画祭にて上映される 、今年84歳となるホドロフスキー監督が1974年に企画した幻のSF大作『DUNE』についてのドキュメンタリーの日本公開が決定しました。
来夏にはホドロフスキー監督の23年ぶりとなる最新作『リアリティのダンス』も日本公開が決定しており、来年度は「ホドロフスキー・イヤー」となること間違いなし!です。

jodorowskysdune2.jpg

●『ホドロフスキーのDUNE』
・『スター・ウォーズ』、『エイリアン』、『マトリックス』、『プロメテウス』の元ネタ!? 映画史上最も有名な「実現しなかった映画」!!
・メビウス、ギーガー、ダン・オバノン、サルバドール・ダリ、ミック・ジャガー、ピンク・フロイド……予定されたスタッフ、キャストの豪華さは驚異的!!
・ジョン・レノンが虜になり、配給権を45万ドルで買い取ったという逸話も! 84歳、23年ぶりの新作を完成させたばかりのアレハンドロ・ホドロフスキーの熱いメッセージ!
第66回カンヌ国際映画祭の監督週間で、二つの作品がワールド・プレミア上映された。ひとつは、映画作家アレハンドロ・ホドロフスキー(84歳)23年ぶりの新作『リアリティのダンス』。もうひとつは、彼の未完のSF大作の製作過程を追ったドキュメンタリー『ホドロフスキーのDUNE』である。
映画祭での上映時には、アレハンドロ・ホドロフスキー監督と、本作に出演し、彼の大ファンであることを公言している『ドライブ』のニコラス・ウィンディング・レフンが登場。会場は熱狂の渦に包まれた。
『ホドロフスキーのDUNE』は、スタッフにバンド・デシネのカリスマ作家メビウス、SF画家のクリス・フォス、『エイリアン』、『トータル・リコール』のダン・オバノン、H・R・ギーガー、キャストにサルバドール・ダリ、ミック・ジャガー、音楽にピンク・フロイド等、驚異的な豪華メンバーを配するも、撮影を前にして頓挫した。
1984年にデヴィッド・リンチによって『デューン/砂の惑星』が制作され、ホドロフスキーの『DUNE』は幻の作品となってしまったが、後に、ダン・オバノンは、ここで集めたスタッフを再集結させ、『エイリアン』(リドリー・スコット監督)を企画するなど、その後の映画界に多大な影響を与えた。
本作は、ホドロフスキー、プロデューサーのミシェル・セドゥ、ギーガー、レフン監督等のインタビューと、膨大なデザイン画や絵コンテなどの資料で綴る、映画史上最も有名な“実現しなかった映画”ホドロフスキー版『DUNE』についての、驚愕、爆笑、感涙のドキュメンタリーである。
監督:フランク・パヴィッチ
出演:アレハンドロ・ホドロフスキー、ミシェル・セイドゥ、H.R.ギーガー、クリス・フォス、ニコラス・ウィンディング・レフン
(2013年/アメリカ/90分/英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語/カラー/16:9)
配給:アップリンク/パルコ
公式facebook:https://www.facebook.com/jodorowskysdune.jp
TWITTER:@jodosDUNE_jp
ホドロフスキー84歳、23年ぶりの新作『リアリティのダンス』2014年日本公開!(配給:アップリンク)
『ホドロフスキーのDUNE』
2014年、劇場公開
→『ホドロフスキーのDUNE』の記事を探す