MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

TIFFに『鑑定士と顔のない依頼人』トルナトーレ監督来日決定!

監督トルナトーレ × 音楽モリコーネ
黄金タッグが仕掛ける、極上のミステリー『鑑定士と顔のない依頼人』
ジュゼッペ・トルナトーレ監督来日決定!
『ニュー・シネマ・パラダイス』はじめ数々の名作を世に送り出し、世界中から賞賛を浴び続けてきたトルナトーレ監督と音楽のモリコーネの二人が再びタッグを組み作り上げた、豪華で知的で刺激的な謎を散りばめた極上のミステリー『鑑定士と顔のない依頼人』が、12月よりTOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館他全国にて順次公開されます。
この公開を前に、10月17日(木)より開催される第26回東京国際映画祭で本作が特別招待作品として10月22日(火)に上映されることが決まり、この度その上映に合わせてトルナトーレ監督が来日し、舞台挨拶をすることが決定しました!!

kanteisito5.jpg


本作は、本年度のイタリアアカデミー賞(ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞)で、作品賞・監督賞・音楽賞を始め、最多の6部門受賞に輝き、大きな話題を呼びました。天才鑑定士にして変わり者の一流オークショニアの主人公ヴァージルを演じるのは、『シャイン』でアカデミー賞に輝き、『英国王のスピーチ』でも同賞にノミネートされたジェフリー・ラッシュ。
脇を固めるのは『クラウド アトラス』のジム・スタージェスや名優ドナルド・サザーランドなど。さらに、これまでトルナトーレ監督と素晴らしい作品を作り上げてきたスタッフが集結し、豊潤な音楽とため息の出るような骨董品や名画の数々を存分に見せてくれる作品となっています。

kanteisito1.jpg

『ニュー・シネマ・パラダイス』の頃から数々の感動的なエピソードと共にフィルムへの愛を語ってきたトルナトーレ監督が、デジタルでの撮影という新たなる一歩を踏み出し、20年来温めてきた構想に挑み、モリコーネをして「この作品でのトルナトーレの音楽に対する発想には目を見張り、自分の将来の作曲にも影響が出ると思う」とも言わしめた本作。
トルナトーレ監督にとっては、次なるステージへの扉を開いた一作となっています。上映日の舞台挨拶では、これらをふまえ、興味深いお話を聞けることが期待できます。
東京国際映画祭の『鑑定士と顔のない依頼人』のチケットは10月5日(土)よりticket boardにて販売開始となります。
映画祭公式サイト内『鑑定士と顔のない依頼人』ページ:http://tiff.yahoo.co.jp/2013/jp/lineup/works.php?id=S0014

『鑑定士と顔のない依頼人』
12月、TOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館他全国順次公開
(C)2012 Paco Cinematografica srl.
→『鑑定士と顔のない依頼人』の記事を探す