MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

新しい家族を描く感動の物語『メイジーの瞳』邦題決定

『キッズ・オールライト』で世界中から絶賛された製作スタッフが贈る、今を生きる“新しい家族”を描く感動の物語『メイジーの瞳』

maisie.jpg


女性同士のカップルと二人の子どもという新しい家族の形を描き、ゴールデン・グローブ賞作品賞を獲得、アカデミー賞4部門にノミネートされた『キッズ・オールライト』の製作スタッフが、再び現代ならではの家族を描いた、『What Maisie Knew』の邦題が『メイジーの瞳』に決定し、“2014年1月TOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開”が決定しました!!
離婚した両親に振り回される6歳のメイジーの目線から全てを描くという、かつてないアプローチに挑んだ本作。ピュアな瞳がまっすぐに見つめるのは、身勝手な大人たちの世界。子供の心を通して私たち大人のおかしくも切ない未熟さに気づかされます。
滅多に涙を見せない健気な少女・メイジーを天性の愛らしさで演じるのは、祖母が日本人というクウォーターのオナタ・アプリール。その透明感のある魅力に映画を見終わったあとは誰もが彼女のファンになっているはず!
また、ソフィア・コッポラ作品の衣装で常連のステイシー・バタット手がける、ガーリーでキュートな衣装も見所です。メイジーの母にはアカデミー賞4度のノミネートを誇るジュリアン・ムーア。彼女の恋人には、全米で「トゥルーブラッド」で大ブレイク、今大注目のアレクサンダー・スカルスガルド。子供の瞳で世界を見れば、家族とは、愛とは何かが、シンプルにわかるーそんな素敵な体験をくれる感動作が誕生しました!
●ストーリー
6歳のメイジーの瞳に映る、身勝手な大人の世界。
自分の居場所を求めて歩き続けたメイジーが最後に選んだ答えとは?
NYに暮らす6歳のメイジー。アートディーラーの父とロック歌手の母(ジュリアン・ムーア)が離婚、 彼らの家を10日ごとに行き来することになった。メイジーは自分のシッターだったマーゴが、父の新居にいることに 戸惑うが、元々仲良しだった彼女にすぐに打ち解ける。母が再婚した心優しいリンカーンも、メイジーの大切な友だちになった。
自分のことに忙しい両親は、次第にそれぞれのパートナーにメイジーの世話を押し付け、彼らの気まぐれに我慢の限界を超えたマーゴとリンカーンは家を出て行く。母はツアーに向かい、メイジーは独り夜の街に置き去りにされてしまうのだが──。
監督:スコット・マクギー、デヴィッド・シーゲル
原作:ヘンリー・ジェイムズ
製作: ダニエラ・タップリン・ランドバーグ、リーヴァ・マーカー
衣装デザイン: ステイシー・バタット
出演:ジュリアン・ムーア、アレクサンダー・スカルスガルド 、オナタ・アプリール、ジョアンナ・ヴァンダーハム 、スティーヴ・クーガン
原題:WHATMAISIEKNEW/2013年/アメリカ/99分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル
字幕翻訳:松浦美奈
配給:ギャガ
『メイジーの瞳』
2014年1月 TOHOシネマズ シャンテほか全国順次ロードショー
(C)2013 MAISIE KNEW, LLC. ALL Rights Reserved.
→『メイジーの瞳』の記事を探す