MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

映画『凶悪』、公開から11日間で興行収入1億円を突破!

現在、全国79館で絶賛公開中の『凶悪』が、10月1日に公開から11日間で興行収入1億円を 突破しました。大作邦画の公開が相次ぐ中、堅調な興行を維持。メイン館の新宿ピカデリー では、20代から30代のカップルの比率が高く、今後も順調な推移が期待されます。
さらに、本作の 監督・白石和彌が、撮り下ろしたショートムービーが、10月4日に日本テレビ「未来シアター」(23:30から)にて、オンエアされます。

kyouaku5.jpg


●公開から11日間で、興行収入1億円突破!
9月21日(土)から10月1日(火)までの11日間
【興行収入合計】107, 012,700円
・白石和彌監督コメント
これほど多くの方が見てくださったことに、驚きと嬉しい気持ちとで一杯です。
映画を作る過程で、本当に見てくれる方がいるのかと不安になることもありましたが、お客さんを信じて良かった。今まで感じたことのない感情を発見してもらえたら嬉しいです。
●釜山国際映画祭へ正式出品、決定!
10月3日から開催される第18回釜山国際映画祭ミッドナイト・パッション部門に出品されます。
公式上映は、現地時間10/6(日)13:00ー@LOTTE CINEMA9 白石監督も登壇予定です。
●白石和彌監督の新作ショートムービーが、地上波でオンエア!
山田孝之×ピエール瀧×リリー・フランキーの異色のキャスティングで話題の映画『凶悪』の監督 ・白石和彌が、完成させたのは、日本テレビ「未来シアター」(毎週金曜日23:30から放送)の企画 として撮影されたショートムービー。
本番組は“一曲一人生”をコンセプトに、様々な分野で活躍 する「革新者」たちを追ったドキュメントを紹介する内容で、10月4日放送回で、映画監督・白石 和彌が紹介されます。
さらに、今回、白石監督は番組からの依頼で、未来を支える若者たちへのメッセージを伝えるオリジナルムービーの製作を依頼され、提案された楽曲とコンセプトを元に、オリジナルのショートムービーを撮りおろしました。番組としても番組がはじまって以来の初の試みです。
そして、このショートムービーには、映画『凶悪』の製作スタッフも協力。さらに同作で酒をのまされて殺される第三の容疑者・牛場を演じ、陰の立役者として、共演したピエール瀧やリリー・フランキーに絶賛された <ジジ・ぶぅ>も出演しています。過去のおもしろすぎる経歴からも注目を浴びる<ジジ・ぶぅ>は、ホームレスを経て、猫ひろしの付き人や白川和子とのお笑いコンビでM-1出演(予選1回戦敗退)するなど、現在、WAHAHA本舗に所属する56才の芸人。この<ジジ・ぶぅ>が『凶悪』とは全く別の顔(オカマバーのママ!?)を見せていることにもご注目ください。
日本テレビ「未来シアター」は、10月4日(金)23:30から放送
『凶悪』
新宿ピカデリーほか大ヒット公開中
(C)2013「凶悪」製作委員会
→『凶悪』の記事を探す