MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ジャック・ライアンにクリス・パインが決定『エージェント:ライアン』

CIA捜査官 ジャック・ライアン
生誕30周年記念・新シリーズ作品
『エージェント:ライアン』邦題&公開日決定
10月1日(アメリカ、現地時間)に逝去した世界的ベストセラー作家トム・クランシーの“ジャック・ライアン”シリーズの最新作である、リブート作品として現代を舞台に、まったく新たに描かれるジャック・ライアン捜査官の誕生から活躍を描く、『エージェント:ライアン』(原題:JACK RYAN:SHADOW RECRUIT)を2014年2月14日(金)に先行公開、15日(土)全国公開されます。

agentryan.jpg


“ジャック・ライアン”シリーズは、トム・クランシーが1984年に生み出した全世界で累計約1億冊に及ぶ大ベストセラー作品で、映画化もこれまで『レッド・オクトーバーを追え!』(1990)、『パトリオット・ゲーム』(1992)、『今そこにある危機』(1994)、『トータル・フィアーズ』(2002)と4作品が製作され、世界中で大ヒットを記録している人気シリーズ。
歴代の“ジャック・ライアン”にはハリソン・フォード、ベン・アフレックらが演じており、今回4代目となる“ジャック・ライアン”には『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(2013年)で主演し、世界中で大ブレイクしたクリス・パインが決定しています。
そして“ジャック・ライアン”シリーズの生誕30周年となる来年に公開される最新作『エージェント:ライアン』は、経済アナリストからCIAエージェントにリクルートされたスパイ経験ゼロの主人公ジャック・ライアンが、天才的情報分析力で巨大な謎を<解析>し、ポスト9・11の全く新しい世界規模のテロに挑むリアルなサスペンス・アクション。
監督は『ヘンリー五世』などアカデミー賞ノミネートほか数々の映画賞を受賞するケネス・ブラナー。主演にクリス・パイン。さらに、ジャック・ライアンの謎めいたフィアンセにキーラ・ナイトレイ、ライアンをリクルートするCIAの上官役にケヴィン・コスナーが出演。またブラナーが、世界を恐怖に落とし入れる敵役としてロシアの富豪を演じています。
原題:JACK RYAN : SHADOW RECRUIT
監督:ケネス・ブラナー
出演:クリス・パイン、キーラ・ナイトレイ、ケヴィン・コスナー、ケネス・ブラナー
配給&宣伝:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
『エージェント:ライアン』
2014年2月14日(金)先行公開・15日(土)全国公開
→『エージェント:ライアン』の記事を探す