MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

松本人志最新作『R100』未体験ツアー第二弾は広島!

映画『R100』の公開を記念し、松本人志監督が今まで訪れたことのない都市のローカル番組に出演したり、『R100』上映後、観客との質疑応答であるティーチインを行う全国未体験ツアー。9月9日の札幌に続く第二弾の地は広島!
今回も、ローカル局での生出演や取材を行った後、広島バルト11にて、観客とのティーチインを実施しました。当初はティーチインのみを行う予定だったのですが、急遽上映前にも監督が登壇。場内は歓声につつまれました。

r100-14.jpg


日程:9月20日(金)18:40開始
場所:広島バルト11
登壇者:松本人志、倉本美津留
●上映前挨拶
この映画はコメディじゃないんですよ。脚本が無茶苦茶なので、閉じ込めていた笑いが漏れてしまうというか……そういう作品になっています。トロント国際映画祭では、閉じ込めていたフタが開きっぱなしだったみたいでウケすぎましたね(笑)。
今から映画を見る人は、(トロントの人同様)松本人志の映画だからと考えすぎずに、先入観を持たずに観て欲しいですね。僕もさっき、差し入れでもみじ饅頭を頂いたんですが、新製品の“生もみじ饅頭”というもので、普通のだと思って食べたら、めちゃめちゃモッチリした食感だったんでビックリしました(笑)。
●上映後ティーチイン
Q:“SとM”をテーマにした理由は?
SとMって、血液型とかとも違う分類じゃないですか。相手によって変わる不思議な役割というか。いつかテーマにしてみたいな、という気持ちがありました。この映画のキャッチコピーは「父はM。」なんですけど、都内にポスターがたくさん貼ってあって、家族と車で移動している時に見てしまうと、車内が凄い変な空気になるんですよ(笑)。
Q:一部、ゲームっぽさを感じるシーンがあって好きでした。監督が一番好きなシーンはどこですか?
今回の映画は全部のシーンが好きですね。「明日あのシーンの撮影か……嫌だな」というところが無かったです。僕は誰の影響も受けていないつもりですが、確かにゲームの影響は受けているかもしれません(笑)。「ピクミン」とか「戦国無双」とか。
Q:警官役で出演されていますが、最初から決まっていたのでしょうか?
どの役と決めてはいなかったのですが、ワンシーン出て大森さんと絡みたいな、とは思っていました。警官役で出ることにしたんですが、これ「アカン警察」と被るな、とも思ってました。
Q:なぜ三又又三さんは出演していないのですか?
彼は(北野)武さんの映画とか、「あまちゃん」とか出てますからね(笑)。僕は映画の時はあまり親しくない人と仕事をしたいと思っています。芸人の皆に出てもらえば、芝居が上手な人も多いし、僕も言いやすいし楽なんでしょうけれど、そうなると映画に緊張感がなくなってしまう気がするし、僕自身のスキルアップにもならない気がするんです。
大地真央さんとかも最初は距離ありましたよ。衣装合わせでボンデージを着てもらって「監督どうですか?」って直接聞かれる訳ですよ。監督だからそこで何か言わないといけないんですけど、「もっとここはこう!」とか言い過ぎると「お前の趣味だろ?」って思わ
れるかも、とか色々考えましたよ(笑)。

公式Twitter:@r100movie
公式facebook:facebook.com/r100movie
『R100』
10月5日(土)全国公開/未体験の扉が開く
(C)吉本興業株式会社
→『R100』の記事を探す