MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

大リーグ唯一の全球団共通の永久欠番『42 ~世界を変えた男~』

知っていますか?
一年に一度、大リーグの全選手が背番号「42」<世界を変えた男>を称えることを。
4月15日。その日、大リーグではグラウンドにいる全員が背番号「42」をつける。
どのチームの、どの選手も。敵も、味方も、関係なく。
「42」――それは、大リーグで唯一の、全球団共通の永久欠番。
その裏側に、鳥肌の立つようなドラマがあった。
『42 ~世界を変えた男~』

42sekai1.jpg


1947年、ひとりのメジャーリーガーが誕生する。彼の名はジャッキー・ロビンソン。背番号は「42」。当時、白人選手だけで構成されていた400人のメジャーリーガーの中でたったひとりの、そして初めての黒人選手だ。
そんな彼を待っていたのは、出ていけ!の大合唱。敵は相手チームだけではない。観客、マスコミ、時には審判、そしてチームメイトさえ、まわりじゅうのすべてを敵にまわす中、何にも屈せず、やり返さず、ただ黙々と渾身のプレーを続けることで、彼はそこが自分のいるべき場所であることを、自ら証明してみせていく。そして世界は少しずつ、しかし確実に変わり始める――。
ジャッキー・ロビンソンが選手として最初の一歩を踏み出す扉を押し開けたのは、ハリソン・フォード演じる球団GM、ブランチ・リッキーだった。ジャッキーを全力で守り、支え続けた屈指のリーダーだ。はじめはこの2人に猛反発したチームメイトたちも、記者や観客たちとともに、やがて誰も想像できなかった奇跡の光景を目の当たりにすることになる。

42sekai2.jpg

絆と、希望と、感動と――。ジャッキー・ロビンソンなくして、人種の違う日本人MLBプレーヤーの活躍はあり得なかった。新しい世界を切り開いた男たちの、実話に基づく物語。チームが、観客が、世界が変わる瞬間を、全身を駆け抜ける感動とともに、あなたのその目で見届けてほしい。そこにあるのは本物の希望。涙が何度もこみ上げる――。
絆と希望と感動と――。
世界を変えた、誰も想像できない奇跡の実話。

42sekai3.jpg

●ストーリー
1945年、ブルックリン・ドジャースのオーナー、ブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)は、黒人選手ジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)と契約。2年後の1947年4月15日、リッキーの教えと、妻のレイチェル(ニコール・ベハーリー)や黒人記者スミス(アンドレ・ホランド)の支えを力にし、ジャッキーは初の黒人メジャーリーガーとしてデビューする。
チームメイトはジャッキーを拒否する嘆願書にサインするが、ドローチャー監督(クリストファー・メローニ)が全ては実力だとはねつける。
ジャッキーは俊足と打撃力で大活躍を果たすが、激しいヤジを浴びせる対戦相手チームの監督や、試合を拒絶するチームまで現れ、心ない野球ファンからは脅迫状が山のように届く。変化は、チーム内から起き始めた。

42sekai4.jpg

シンシナティの試合で、地元出身のピーウィー(ルーカス・ブラック)がグラウンドでジャッキーと肩を組む。チームメイトに遠慮して、いつも最後に一人でシャワーを浴びるジャッキーに、ブランカ(ハミッシュ・リンクレイター)が声をかける。皆、ジャッキーの素晴らしいプレーと、やり返さない勇気に感服したのだ。
今、首位独走のドジャースと、5ゲーム差で後を追うカージナルスの優勝を決する戦いが始まろうとしていた──!
●スタッフ
監督/脚本:ブライアン・ヘルゲランド
製作総指揮:ディック・クック、ジョン・ジャシュニ、ジョン・ジャシュニ
撮影:ドン・バージェス
美術:リチャード・フーバー
編集:ケビン・スティット、ピーター・マクナルティ
衣装:キャロライン・ハリス
音楽:マーク・アイシャム
ワーナー・ブラザース映画、レジェンダリー・ピクチャーズ提供
レジェンダリー・ピクチャーズ制作
●キャスト
チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード、ニコール・ベハーリー、クリストファー・メローニ、アンドレ・ホランド、ルーカス・ブラック、ハミッシュ・リンクレイター

42sekai5.jpg

『42 ~世界を変えた男~』
11月1日(金)丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
(C)2013 LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.
→『42 ~世界を変えた男~』の記事を探す