MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

禁断の愛の物語『とらわれて夏』邦題正式決定! トロント映画祭会見

『とらわれて夏』(原題:Labor Day)邦題正式決定!
トロント映画祭でプレミア上映&記者会見開催
監督作『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』がアカデミー賞10部門にノミネート、自身も2度の監督賞ノミネートを果たした弱冠35歳の天才監督ジェイソン・ライトマン。その最新作『Labor Day』(原題/全米12月25日公開)の邦題が『とらわれて夏』に正式決定しました。日本公開は2014年GW。
主演は『愛を読むひと』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したオスカーの常連ケイト・ウィンスレット、共演に演技派ジョシュ・ブローリン、トビー・マグワイアを迎え、監督の新境地となる“禁断の愛の物語”を描き上げます。
本作は、北米最大の映画祭トロント国際映画祭にて現地時間9月7日にプレミア上映され、主演ケイト・ウィンスレット、ジョシュ・ブローリン、息子役のガトリン・グリフィス、そしてジェイソン・ライトマン監督らがレッドカーペットと記者会見に登場しました。

torawaretenatsu1.jpg


会見でケイトは「主人公アデルに共感するのは、愛し、そして、愛される力を持つこと。彼女はその力を失ってしまっていたけれど、最もシンプルで最もピュアな形でそれを再発見するの」と語った。ライトマン監督は「この原作の素晴らしいところは、人間の“説明できない欲望”を描いている点。それを僕自身が映画で見たかったんだ」と話しました。
この映画祭はアカデミー賞に向けての賞レースの幕開けに位置づけられ、近年では『英国王のスピーチ』『世界にひとつのプレイブック』がこの映画祭での称賛から、数々の賞の受賞へとつながっていきました。映画祭の最高賞である観客賞は現地時間9月15日に発表される。アカデミー賞のノミネートも噂される本作も、映画祭での上映を受け、今後数々の賞レースへの期待が大いに高まっています!!

torawaretenatsu.jpg

●全米メディア 早くも絶賛!
・気絶しそうなほどロマンティックな映画の中で、ウィンスレットとブローリンは輝いている – ニューヨーク・ポスト紙
・こんなにも人生に打ちのめされた女性を演じたケイト・ウィンスレットは、賞レースの候補になるだろう – デイリー・ビースト
・『とらわれて夏』はライトマン監督の最も完成された、成熟した、エモーショナルな映画である。面白いのは、彼の映画は作品を追うごとに飛躍的によくなっていくことだ – フィルム・スクール・リジェクツ
・主人公の愛への渇望に観客は大いに共感するだろう – ヴァラエティ
・意外な出会いから始まる、繊細で素晴らしいラブストーリーだ – ハリウッド・レポーター
『とらわれて夏』
2014年GW TOHOシネマズシャンテ他全国ロードショー
Peter Bregg(C) for Paramount Pictures
(C)MMXIII Paramount Pictures Corporation and Frank’s Pie Company LLC. All rights Reserved.
→『とらわれて夏』の記事を探す