MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

F1史上最も衝撃的でドラマチックな事件『ラッシュ(原題)』日本公開決定

アカデミー作品賞に最も近い作品と話題騒然のロン・ハワード最新作
壮大なヒューマンドラマ『ラッシュ(原題)』2014年2月日本公開決定
F1史上最も衝撃的で、ドラマチックな事件にして、記憶に刻みついて離れないニキ・ラウダとジェームズ・ハントが命を賭して競った 1976年を描いた<実話>
音速の世界を生き、走った二人の天才の勝負、友情、事故、そして再生。
かつてない高揚と興奮、その先に押し寄せる想像を超えた感動。
魂が震え、嗚咽が漏れる。世紀のヒューマンドラマ、ついに日本上陸!

rush.jpg


『アポロ13』『ビューティフル・マインド』の巨匠、ロン・ハワード監督が、F1史上最も衝撃的で、ドラマチックな事件を描くヒューマンドラマ『ラッシュ(原題)』(GAGA配給/全米公開9月20日)の日本公開が2014年2月に決定しました。
・ジェームズ・ハント (クリス・ヘムズワース):マクラーレン
直感型のドライビングテクを誇り、奔放な性格で誰からも愛される天才レーサー。
・ニキ・ラウダ (ダニエル・ブリュール):フェラーリ
分析型の隙のないレース運びとメカにも才能を発揮する、冷静な判断力を兼ね備えた秀才レーサー。
キャラクターも正反対、全くタイプの違う走りをする二人は、常に比べられ、何かと衝突をしてきた。そんな2人がトップを争った1976年。トップを走っていたラウダはニュルブルクのレースで激しいクラッシュに見舞われ、絶望的な怪我を負う。再起不能、と思われていたラウダは、わずか6週間後、衝撃的な姿で再びサーキットに上がる。
シリーズ最終決戦の舞台は日本の富士スピードウェイ ―― 彼らはライバル以上のつながりを感じながらアクセルを踏みこむ――。
監督は『アポロ13』、『ビューティフル・マインド』、『フロスト×ニクソン』『バックドラフト』『ダ・ヴィンチ・コード』など、圧倒的な力量で実話ドラマもエンタメ大作も得意とするアカデミー賞監督ロン・ハワード。本作では、臨場感にあふれるレースシーンと、栄光と挫折を乗り越えた二人の感動的なドラマを、圧倒的エンターテイメントとして描き、早くもそのキャリアの最高峰と称されている。
陽気なハントを、 『アベンジャーズ』などへの出演で最注目株のクリス・ヘムズワースが、沈着冷静なラウダを今やハリウッドからも引っ張りだこのドイツを代表する若手演技派ダニエル・ブリュール(『イングロリアス・バスターズ』)が演じる。

監督:ロン・ハワード (『バックドラフト』、『遙かなる大地へ』、『アポロ13』、『ビューティフル・マインド』、『ダ・ヴィンチ・コード』、『天使と悪魔』、『フロスト×ニクソン』)
脚本:ピーター・モーガン(『クイーン』『ブーリン家の姉妹』、『フロスト×ニクソン』)
出演:クリス・ヘムズワース(『アベンジャーズ』)、ダニエル・ブリュール(『イングロリアス・バスターズ』)、オリヴィア・ワイルド(『トロン:レガシー』)、アレクサンドラ・マリア・ララ(『愛を読むひと』
配給:ギャガ
全米公開:2013年9月20日
『ラッシュ/プライドと友情』
2014年2月 TOHO シネマズ 日劇ほか全国ロードショー
(C)2013 RUSH FILMS LIMITED/EGOLITOSSELL FILM AND ACTION IMAGE.ALL RIGHTS RESERVED.
→ロン・ハワードの記事を探す