MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

“あの花”大ヒット満開スタート! 劇場館アベレージ第1位!

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』
ジブリ、スーパーマンに続いて堂々3位!
劇場館アベレージ(1スクリーン当たりの興行収入)堂々1位!
劇場満足度調査(ぴあ調べ)堂々1位!

anohana-mv24.jpg


8月31日(土)より『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』が公開。全国64館と小規模な公開館数にも関わらず他の強豪作品を押しのけ、大ヒットスタートを切りました!
●ジブリ、スーパーマンに続いて動員ランキング第3位! 劇場館アベレージ第1位!
週末の動員ランキングは、スタジオジブリ作品『風立ちぬ』(配給:東宝)、『マン・オブ・スティール』(配給:ワーナー・ブラザース映画)の超拡大公開の大作に続き、堂々の3位! 8月31日(土)、9月1日(日)の2日間で動員数16万1225人、 興行収入1億9817万7700円を記録。
館アベレージはなんと3,096,527円! 他のラインナップと比べても群を抜いての堂々1位となっております。
●20代~シニア層まで、幅広い層に支持!
メイン館の新宿バルト9では満席の回が続出! その客層は男女比約7:3。20代~30代が中心で40代の方も多く見られており、グループでの来場が目立つのが特徴でした。全国の各劇場では、シニア層の男性・女性が一人で来る姿も散見され、幅広いお客様にご来場いただいています。
2011年のテレビシリーズ放映時から“大人が泣けるアニメ”として話題を呼び、日本中に『あの花』現象を巻き起こした本作。元来の『あの花』ファンにとっては待望の劇場版の公開であることに加え、抑え切れない感涙が口コミで拡がり、普段アニメを観ない客層にまで拡がっているのが特徴です。
●初日満足度ランキングNo.1! 興収10億も視野に!
初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)ではNo.1を獲得。「あと2回、3回は観たい!」という声もあり、リピーターによる動員増も期待できそうです。作品に対する満足度が高く、今後の口コミも期待できることから、最終興行収入は10億円が射程に入りました!
まだまだ続く『あの花』現象に、これからも目が離せません!

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』
8月31日(土)新宿バルト9ほか 全国公開
(C)ANOHANA PROJECT
→『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の記事を探す
→アニメニュースはこちら